2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

サッポロビール

おとこはだまってくろらべるってわけでもない

サッポロビールとは、日本の酒造メーカーの一つ。代表銘柄に「黒ラベル」「サッポロラガービール」「ヱビスビール」。
目次[非表示]

概要

日本の大手ビールメーカー。社名スローガンは「乾杯をもっとおいしく。」(2010年~)だが、スポーツ中継などのスポンサー(箱根駅伝)となっている時は「スポーツマンシップに乾杯!!」となる。

2003年以降持ち株会社制に移行、飲料事業を手掛けるポッカサッポロフード&ビバレッジなどとともに「サッポロホールディングス」の傘下にあり、グループ内では不動産事業が最大の利益を稼ぎ出しているため「本業は不動産業」「サッポロビールならぬサッポロビル」などと揶揄されることがある。

近年は北海道関連でセイコーマートのPBや北海道麦酒などがライバルとなっている。
緑茶部門はポッカサッポロが運営しており加賀棒茶や玉露入りお茶熊本城復旧応援ラベルなどを販売などが功を奏し、現在では生茶で有名なキリンを抑えて飲料業界では4位(上位3つはコカ・コーラ、アサヒ、サントリー)。

来歴

1876年明治9年)に当時の政府から北海道派遣された開拓使が札幌市に開拓麦酒醸造所を設立し、そこで生産された「冷製札幌ビール」が現在の社名の由来とされている。
その後1887年渋沢栄一らによって札幌麦酒株式会社が設立。1906年にはアサヒビールの大阪麦酒、ヱビスビールの日本麦酒と合併し大日本麦酒が誕生。市場シェア6割のマンモス企業となった。

しかし戦時中1943年に一度はブランド廃止に追い込まれ、戦後GHQの指示での(新生)日本麦酒、西の朝日麦酒に分社化されてしまう。
「ニッポンビール(現サッポロラガー)」が苦戦し、愛飲家からサッポロビールの復活を望む声が聞かれ、1956年に北海道限定ブランドとして復活。
だがこれが功を奏し、北海道で好評を博したことから、1957年には北海道以外でもサッポロビールブランドを復活。1959年には日本初の缶ビールを販売開始した。
1964年には会社名も日本麦酒からサッポロビールと改めている。
なお、ニッポンビールは、サッポロビールが使っていた「マークも引き継いでいたため、現在の「ラガー瓶」は「赤星」の愛称で親しまれ公式化した。

代表商品

サッポロラベル

サッポロと言えば黒ラベル、黒ラベルと言えばサッポロ」と言っても過言ではない、サッポロビールを代表する商品。1977年に「びん生」として登場、1989年愛称だった「黒ラベル」が正式名称となった。
「男は黙って黒ラベル」とは、この商品を指す。
現在、「大人エレベーター」シリーズCMを展開中。毎度毎度ゲストが豪華。

ヱビスビール

東京恵比寿の由来となった商品。恵比寿という地名が由来になったのではなく、恵比寿と言う地名の由来となった商品
プレムアム(高級)ビール市場では2007年まで首位だったが、2008年以降は2位に後退。代わりに首位となったのはあの商品
Pixivユーザー的には葛城ミサトが愛飲しているビールとして有名。

サッポロクラシック

北海道限定生産・販売土産に買って行くと喜ばれるかも。サッポロクラシックの缶製品及び瓶製品1本あたり1円の割合で、販売数量に応じてサッポロビールからコンサドーレ札幌に対して支援金が寄贈される。業務用樽生の売上もこの対象に含まれているが、樽容量に応じた額になるか、1本あたり1円は変わらないのかは公表されていない。
なお、サッポロビールはコンサドーレ札幌以外にも複数のJクラブにスポンサーとして加わっている。

レモン・ザ・リッチ

サッポロビールの酎ハイ部門の主力商品。
レモンの味が強く比較的、酸味の強い味を演出する。

有機プレミアム

サッポロビールの主力ワイン。
300ml、720ml、1.5lの3種類と、アルコール5%の720mlの4種類があり、無添加で有機栽培したブドウを使用しているのが特徴。
現在は赤ワインのみ販売。

サッポロライオン

東京23区を中心に銀座ライオン及びエビスバーを運営するサッポロビール系列の料理店。
関東では23区の大規模ターミナル駅及び京王電鉄以外の大手私鉄沿線及び中央線以外のJR線などで展開する。
他地域だと北海道、宮城県、新潟県、栃木県、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県などで展開。
サッポロビールを楽しめる形態のエビスバーが有名であり、700円以上お買い上げだとQRコードが付いたアンケートで回答し、その特典としてSサイズのビール及びソフトドリンク無料のクーポンがついてくる。
お酒だけでなくサッポロプレミアムアルコールフリーやその他のソフトドリンクなどの注文でき、更に料理などにも定評がある。
昼間はカフェ形態としての運営も行う為、子供でも安心して入れる店舗づくりをしている。

関連動画



あまりにも豪華過ぎて、「まさかこの人が」と言う人すら出てくる。
あと、ビールと一緒に食べてるモノがウマそう。ビールの飲み方が実にウマそう


大人エレベーターシリーズ前に展開されていた「LoveBeer?」シリーズ。
大物俳優二人も使って、何させとんねん
テーブルテニヌ

外部リンク

オフィシャルサイト

関連記事

親記事

ビール びーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 235620

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました