ピクシブ百科事典

マンモス

まんもす

長鼻目ゾウ科に属する、古代のゾウの仲間。ケナガマンモスが有名。
目次[非表示]

概要

絶滅してしまった古代のゾウで、マンムトゥス(Mammuthus)属に含まれるものの総称。
一般にはケナガマンモスのことを指す。現存するゾウと異なり、長大なとふさふさした体毛、小振りなを持つのが特徴。鼻先が特徴的な形状であり、これを使って冬場は雪を直接食べて水分補給していたと思わしい。

名称はロシア語に由来し「土の獣」と言う意味がある。当初は土竜に使われた名称。
「ママントゥ」(モンゴル地方の言語で「地下の怪物」)が語源とする説もあるとか。「マムート」は、北米大陸のマストドンに使われることもある(参照)。

“巨大なもの”を指す比喩としても良く用いられる語だが、ケナガマンモスはアジアゾウ(インドゾウ)くらいの大きさ。ただし15世紀までは、その化石は公式に「巨人の化石」とされていた。
ちなみにギリシャ神話に登場するサイクロプスのような単眼巨人の伝説は、マンモスをはじめとしたゾウの仲間の頭蓋骨にある鼻の孔が通っていた部分を眼孔と勘違いしたことが由来ともいわれている。

現存するミイラには、今でも犬が食べても平気なほどに保存状態が良いのもある。

少し前まで生存していた最大クラスのインドゾウRaja Gaj」(「王象」)とその友人(象)は、先祖帰りでもしたのかマンモスに近い頭部をしていたらしい。

亜種

Elephants Evolve


実は、毛の短い/無毛に近いマンモスの方が種類は多く、体高1mのコビトマンモスから4m以上になるステップマンモスまで大きさも様々。そもそも、マンモス自体もアフリカが由来だとされており、アフリカゾウに似て毛は少なかったとされている。

最大種は、近年ではナウマンゾウの大陸種・ナルバダゾウやエレファス・レッキー、コロンビアマンモス、インペリアルマンモス等も候補になっており、そこにデイノテリウムやZygolophodon(アメリカマストドンに近縁の可能性あり)等もいるが、とりあえずはこれまでの知見で言うと、北部中国から内モンゴルに棲んでいた松花江マンモスとされる。アルメニアマンモス同様、現在はステップマンモスと同定されるかどうかが議論されているとか。どちらにしろ、中国方面から発見されている。
現在発見されている化石から推測されるナルバダゾウの最大サイズは肩高5.2m(松花江マンモスは5m)全長9.1m以上(牙を含む)推定体重20-22tともされ、インドリコテリウム匹敵するかそれ以上という、史上最大の陸生哺乳類であった。

  • 松花江マンモスやナウマンゾウだけが飛び抜けて巨大だったわけではなく、デイノテリウム(gigaterium 種)など、他の系統の象にも非常に巨大な種類がいた(参照)。

ウランゲリ島やアラスカのセントポール島、地中海、チャンネル諸島など、いくつかの場所には最近まで小型種が棲息していた。
特にウランゲリ島の個体群は紀元前1700年頃まで生存しており、あの小さな島に500~1000頭程の非常に小さな個体数で安定して生存し、近親相姦が予想されていたのに、遺伝子の健康度もそこまで悪くなかったという特筆すべき状態だった。
セントポール島の個体群も、紀元前3300年頃までは生存していた。

ケナガマンモス種は、北海道にナウマンゾウと共存していた時期もあった。

その他

UMAとして、シベリアなどでの目撃談はあるにはあるが、現在は生きていないとされる。が、シベリアの寒さに保存され結構状態のいい死骸が時折発掘されるためクローン技術で復活するチャンスはないこともない。たとえば、あのオーロックスの復元はナチスドイツの時代から盛んであり、近年も複数のプロジェクトで進行しており、大きさやプロポーションなどはまだまだだが、見た目だけならそこそこオーロックスに近い個体も誕生してきている

  • が、最新の研究では、このように絶滅動物を人為的に復活させることは生態系に大きな悪影響を及ぼすという意見も出ている。もっとも、(人類の祖先を含めた人類による)人為的な影響で滅びた種とそうでない種を区別すべきだとする声もあるが。

ケナガマンモスの絶滅の理由は不明である。かつては気候の寒冷化によって絶滅したという今からすればトンデモな説(毛皮なんスけど…皮下脂肪厚そうなんスけど…)が提唱されていたこともあった。
秘密戦隊ゴレンジャーのマンモス仮面の死に様などもこれを基としている。

昨今ではRPGにて、ゾウの姿をしたモンスターにも「マンモス」の名が使われる事が多くなった。

プレヒストリックパークでは、マーサと名付けられたケナガマンモスの雌個体が登場している。
現代のパークに連れてこられた後はゾウの群れに混ぜられたものの、群れのリーダーに子供の世話を許されず孤立してしまうという、種の違いからくる摩擦が描かれた。
最終話ではゾウの子供を襲うティラノサウルスの亜生体(マチルダ)の前に立ちはだかり、後ずさりしながらも果敢に立ち向かう。その後マチルダはナイジェルにおびき寄せられて去ってゆき、子供を守り通したマーサはリーダーの信頼を得ることができた。

南方熊楠は、「中国の記録に、「氷の中に住む」という記述もありながら、「脯に良い」「毛皮はカーペットに良い」などとある「磎鼠」など(「ヤクーツクの人が伝える」という記述のある文書もあるそうである)北方の「ネズミ」について、シベリア辺りの先住民が伝えている、「マムートと呼ばれる巨大なモグラは、日々地下を掘って生活(あるし)しているが、時々地上に出て風を見るとたちまち死ぬ」という、マンモスの死体に関する伝承の伝播を指摘している。

 また、サモエード(先住民の方)は、マンモスの象牙を橇の装飾に使うなどしていたが、彼らの伝承においてはマンモスの骨が海岸で取れるため、それを「海に住む動物」としている。なお、生物学的にゾウは「原始的な水棲生物」の形質を残したまま適応放散した説がある。

主な種類

  • ケナガマンモス(メイン画像)
  • ステップマンモス
  • 松花江マンモス
  • コロンビアマンモス
  • インペリアルマンモス
  • コビトマンモス

マンモスをモチーフとしたキャラクター

スーパー戦隊シリーズ

仮面ライダーシリーズ

特撮

ゲーム

漫画・アニメ

その他

関連イラスト

まんもす



関連リンク


関連タグ

生物 動物 古生物 哺乳類 ゾウ 古生物 絶滅
mammoth 매머드
原始人

関連記事

親記事

ゾウ科 ぞうか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マンモス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186434

コメント