ピクシブ百科事典

オーロックス

おーろっくす

哺乳綱鯨偶蹄目ウシ科ウシ亜科ウシ属に属する家畜の牛の祖先である。
目次[非表示]

概要

別名:原牛、「Bos」とも。
体長約2.5~3.1m、体高約2m、 体重約600kg~1t。
食べ物は木の葉
生息年代は更新世後期~完新世
ヨーロッパや日本を含むアジア草原~森林に生息していた野牛。体色は黒や茶。

家畜の祖先にあたる。地方差はあるものの、ウシ科の中でも比較的大型の種類である。毛並みは黒や茶。の両端の幅は最大1.5mに達すし、細長く西洋竪琴のような形であることが特徴である。

近年、ヨーロッパバイソンは、雌のオーロックスと、絶滅種でありサイ並みの大きさがあったステップバイソンの雄の間に生まれたハイブリッド種であることが判明した (ハイブリッドが新種になることは自然界でも他にあり、例えばクライメンイルカはハシナガイルカとスジイルカのハイブリッド種である)。

古来より「力や生命力」の象徴とされてきた。世界最古の芸術作品と言われるラスコーの洞窟壁画にも描かれており、古来から食用に狩られまくっていたようである。

日本では、ステップバイソンであるハナイズミモリウシと共に化石が発見されている。2万年程前には生存していたこともあり、もし人間の影響がなければ、今も生きていたのかもしれない。

純血種は1627年に絶滅したが、子孫のコブウシインドで神の化身と呼ばれ今でも大切に飼われている。

世界対戦中にヒトラーが復活させようとして誕生したハイブリッド牛は現在でも生息している他、複数の国によって掛け合わせで復活させようとするプロジェクトが進行中である。

関連動画


(復活プロジェクトの一頭。まだ角の大きさや形状、身体のサイズや体型などがオーロックスほどには至っていない。)

関連タグ

哺乳類  ウシ科
絶滅動物
オーロックス(けものフレンズ)

pixivに投稿された作品 pixivで「オーロックス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134109

コメント