2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

※もしかして「ドラッグ」➡ 薬物

概要

偶蹄目ウシ科ウシ属の哺乳類
野生種 (ノヤク) と家畜種が存在し、野生種にもいくつかのタイプが存在する。

野生種はチベット甘粛省ネパールインド北部などの標高3,000~6,000mの高地に棲み、体毛が長い。17世紀まではロシアにも生息していたとされる。ネパールでは絶滅したとされていたが、2014年に再発見され、記念としてお札のイラストにヤクが乗ることとなった。

外見はに似るが肩が隆起し、雌雄とも長いツノを有し、草や地衣類を主食とする。毛がなければオーロックスとかなり近い外見をしている。

体側から腹面にかけてと尾に黒茶色の非常に長い毛が生える。水を弾く長く粗い上毛と綿のような下毛のダブルコートになっており、季節による換毛はない。野生にも、体色以外にも2タイプ存在する。
第一胃での発酵温度が40℃に達する、赤血球が多く普通の牛の半分の大きさであるなど、高地の厳しい気象に適応した体の作りである。

野生のヤクは数千頭まで減少しており、中国では国家第一級の保護動物に指定されている。

体長:雄 280~340cm 雌 200~220cm
体高:雄 170~205cm(220cmという記載もある) 雌 150~160cm
体重:雄 800~1,200kg 雌 325~360kg

4,500年ほど前からチベット族により家畜化され、使役や乗用の他、肉、乳、毛、皮、骨、角、糞に至るまで無駄なく利用できる重要な資産であり、昔は結納にも用いられた。
野生の雄は狂暴だが、家畜のヤクの性質はおとなしく、白、黒、金、駁模様などさまざまな毛色がある。野生種にも、個体数は少ないが金白色の個体(亜種かどうかは不明)が存在する。

余談

  • ヤクの語は正式にはオスのみを指し、チベットではメスの事を「ディ」と呼ぶ。
  • アメリカバイソンはステップバイソンとヤクのハイブリッドの子孫であり、ヨーロッパバイソンはそのハイブリッドとオーロックスの更なるハイブリッドでもある。家畜のウシとの間にも交配が可能で、そうして生まれた子供は「ゾッキョ」と呼ばれる。
  • 武田信玄近習小杉左近徳川家康を「家康に過ぎたるものが二つあり、唐の頭に本多平八」と評したが、「唐の頭」とはヤクの尾毛でできた兜飾りの事。


関連タグ

ウシ科
ヤク(けものフレンズ)

関連記事

親記事

野牛 やぎゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 125078

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました