ピクシブ百科事典

キノドン

きのどん

古生代ペルム期から中生代にかけて棲息した単弓類のグループ。単弓類の中では最も高度な進化を遂げ、我々人類を含む現生哺乳類の祖先ともされている。

概要

属名はラテン語で「」を意味する。基本的には肉食だが、種類によっては雑食や植物食へと進化した種も多い。

初期の種類はゴルゴノプス類などに隠れ、穴居生活をしながら昆虫を食べていたらしい。しかしペルム期末期のP-T境界の大絶滅でゴルゴノプス類を含む生物の9割が絶滅していった中、生き残って多様化を遂げていった。彼らがP-T境界の大絶滅を生き残れた理由としては、絶滅の原因とされる大規模な地球温暖化により低酸素な環境となってしまっても、穴居性で地下に潜っていたから影響があまりなかったためと推測されている。

三畳紀には一気に多様化していき、種類によっては腹部の肋骨を退化させて腹式呼吸を行うことができる横隔膜を獲得した種もいた。また一部の学者は、既に体毛を生やしており、孵化した子供に母乳を与えていたとも唱えている。その為、1980年代後半辺りからの想像図では、「全身毛におおわれる」上に介も描かれることが多い。

しかし三畳紀末からジュラ紀初期にかけて、恐竜などの大型化・多様化の影響を受けて数は激減し、白亜紀前期の石川県に棲息したトリティロドン類を最後に絶滅した。

代表的なキノドン類

エクサエレトドン
キノグナトゥス

コメント