ピクシブ百科事典

トリナクソドン

とりなくそどん

三畳紀前期の南アフリカに生息した単弓類の一種。

概要

このトリナクソドンは属する哺乳類型爬虫類門歯前歯)や犬歯奥歯といったそれぞれの形の違う歯を持っていた。この仲間は体温を調節する方法を発達させ、そのために新陳代謝が激しく呼吸をしながらものを食べるようになったと考えられる。トリナクソドンはその中でも哺乳類に近い動物と考えられ、鼻先にが生えていたのではないかという小さな穴が空いているため、体が毛で覆われていた可能性がある。

関連タグ

古生物 哺乳類型爬虫類 単弓類
キノドン

コメント