ピクシブ百科事典

ゴルゴノプス

ごるごのぷす

ペルム紀後期に生息した肉食性の単弓類である。
目次[非表示]

概要

名前は「恐ろしい顔」を意味する。体長3.5メートル程で、現在の南アフリカに生息していた。イノストランケビアなどの近縁種はシベリアなど、世界各地に生息していた。

この時期の世界は気温が高い半砂漠と化しており、ゴルゴノプスの体もこのような環境での生活に適応した構造となっていた。まっすぐ伸びた長い四肢で効率よく歩行することができた。そして強靭な顎には12センチにもなる左右2本の剣状歯などの鋭い歯が並んでおり、これを武器に、ゴルゴノプスは当時の生態系の頂点に君臨していた。

現在の肉食哺乳類のように朝夕に狩りをし、日中の暑い時間帯は木陰や水辺で休息していた可能性が高い。獲物となっていたのは、彼らと同じぐらいの大きさの植物食の単弓類や、かつての祖先と考えられていた爬虫類「パレイアサウルス類」だろう。

しかし、約2億5千万年前の「P/T境界の大絶滅」によって、ゴルゴノプスも多くの動物とともに絶滅する事となった。

余談

イギリスBBC制作の「ウォーキングwithモンスター」やSFドラマ「プライミーバル」でもゴルゴノプスは登場するが、モデルとなったのは近縁種のイノストランケビアだと思われる(実際のゴルゴノプスはあそこまで巨大ではなかったし、シベリアには生息していなかった)。

関連タグ

古生物 哺乳類型爬虫類 単弓類

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴルゴノプス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 340

コメント