ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「いくら王子でもそいつぁ聞けないぜ」
第33話『レッドになれない』登場
CV:依田英助

概要

カー将軍が切り札として製作したものの、敵味方区別なく暴れるために牢獄に封じたマンモスの進化獣。功を焦ったメギド王子によって牢獄から解き放たれ、地上で好き勝手に暴れまわる。
武器は怪力と棍棒。足枷をはめているがそれをものともせず、拘束しようとしたシッポ兵を次々と踏みつぶした。

マンモスシンカを大人しくさせる事ができる手錠を渡されたメギドが捕縛しようとしたが失敗。手錠を奪った弾北斗が代わりに捕らえようとするも…
実は大人しくできるというのは嘘で、手錠は嵌めた人間がもう一方に嵌るようにできており、マンモスシンカごとダイナレッドを葬ることがカー将軍の作戦。メギドは敵をだますにはまず味方からと全く信頼されていなかった。

手錠により変身できず、マンモスシンカの暴行に苦しめられる北斗だったが、さらに悪いことにマンモスシンカが細菌化学研究所を襲撃した際に人間の子どもとシッポ兵に致命的な病原菌を浴び、帝国中のシッポ兵たちに次々と感染者が出始めたため、今度はちゃんとマンモスシンカの抹殺許可を受けたメギドの猛攻撃が開始。バズーカを持ち出したことで逆に北斗が提案で中央の鎖を打たせるようマンモスシンカに提案、目論見が成功したことで自由になった事でダイナマンとマンモスシンカだけの戦いとなる。

等身大時は強力だったが巨大化時は冷凍ガス「マンモスブリザード」を放ったのみであっけなくダイナロボに倒されてしまった。
マンモスシンカにばらまかれた病原菌のワクチンが夢野博士によって作られ、一件落着に見えたが…




カー将軍が初の戦闘スタイルで地上に姿を現し、戦いの結末を見て新たな決意を固めていた。
「おのれ、ダイナマンめ! 最後の進化獣まで敗れ去ってしまったとは……だがこのままでは済まんぞ、もっともっと恐ろしい敵を繰り出してやる!」

余談

巨大化時の脚も毛におおわれており、何の流用かは不明。

関連項目

科学戦隊ダイナマン 有尾人一族ジャシンカ帝国

関連記事

親記事

進化獣 しんかじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マンモスシンカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48

コメント