ピクシブ百科事典

よくわからないけれど異世界に転生していたようです

よくわからないけれどいせかいにてんせいしていたようです

『よくわからないけれど異世界に転生していたようです』とは、「あし」によるライトノベル小説である。
目次[非表示]

概要

2017年5月、オンライン小説投稿サイト『小説家になろう』にて連載を開始。作者はあし氏。
後にKラノベブックスから書籍化。2020年4月現在既刊3巻。イラストはカオミン氏が担当。
シリウスKCから漫画版が出版。2020年4月現在既刊1巻。内々けやき氏が作画を担当。

事故で死んだおっさんが異世界で記憶を取り戻し、孤児の少女として特に目的も無くふらふらするファンタジー作品。

あらすじ

十歳の孤児の少女・レンが乗っていた馬車が山賊に襲われ崖に落ちてしまう。奇跡的にレンだけ助かったのだが、同時に爆発事故で亡くなった三十代半ばの研究員・結城蓮十郎だった前世の記憶を思い出す。
レンは生きるために類まれな魔法の素質を持つレンの身体と前世の記憶を頼りにサバイバル生活を送っていく。

登場人物

  • レン/結城蓮十郎(ゆうき れんじゅうろう)

主人公。元は現代で大企業に勤める三代半ばの独身の研究者だった。
試作機の運用試験の時に爆発事故に巻き込まれて死亡するが、異世界転移し、孤児院の少女・レンとして第二の人生を歩む。
レンはある孤児院にいた十歳の少女で、同年代の男子よりも背が大きく成熟している。人族ではなく、天人族という種族。
全属性適正の魔法の素質があったため孤児院の出資者である商人の元へ馬車で運ばれている途中に山賊の襲撃に遭い、馬車が崖から落ちて乗っていたレン以外の全員が死亡。奇跡的に助かったレンはそこで前世の記憶を思い出す。
レンを売った商人は好色家の上に素質のある子達を隷属魔術や契約魔術で奴隷同然に扱い、女であれば慰み者にしている外道で、そのことを察したレンは一人で生き抜くことを決意。
レンはスキルの創造魔法と生活魔法、そして前世の記憶を頼りに快適なサバイバル生活を送る。サバイバル生活で実年齢とかけ離れた抜群のスタイルに成長し、かなりの巨乳となる。そして、夜の営みを日課として行っている。
ある日、偶然魔物に襲われていた少女を保護し、病気の家族を助けたことで自身の存在が知られ、あらゆる人々が日々押し寄せてくることに辟易としたレンはそこから離れ、近くの街で大人しく生活を送ろうとする。

  • ノルン、ベル
フェンリルの親子。
オーガロードのやられ重傷を負っていた時にレンと出会い、彼女のよって治療されたことでレンに懐く。傍らにいさせるために従魔としており、レンが採集している時は動物や魔物を狩ったりしている。

関連タグ

小説家になろう 異世界転移

外部リンク

よくわからないけれど異世界に転生していたようです - 小説家になろう
よくわからないけれど異世界に転生していたようです - コミカライズ

関連記事

親記事

小説家になろう しょうせつかになろう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「よくわからないけれど異世界に転生していたようです」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75442

コメント