ピクシブ百科事典

セネス・CTN・クロフォード

せねすくろふぉーど

サンダーフォースⅤの主人公機のパイロット。
目次[非表示]

人物

白い髪と黒い瞳を持つ女性軍人。特殊部隊222(通称"Thunder Force")の部隊長を務める。階級は大尉。異星よりもたらされた技術を基に確立されたシステムCirculate-Deathに登録している為、戦死してもその都度18歳の体とバックアップされた記憶を持って蘇生される。実際に過去2度死を経験しており、実年齢は32歳のベテランパイロットである。

なお、サンダーフォースシリーズでは初の女性の主人公となる。

戦いの後

いわゆる隠し要素で、SS版ゲームディスクをパソコンに読み取らせる事により、オマケのCG集や、取説や作中では語られなかった事柄への細かな解説、トゥルーエンド後セネス本人が機内でしたためたとされる交戦レポート等が閲覧できる。因みにこれ等は後発のPS版ではゲーム内オプションにて閲覧可能で、プレイ実績に併せて徐々にアンロックされる仕様となっている。

そのレポート冒頭の書き込みから、彼女は何らかの理由により航行手段を失い、遭難同然の状態に置かれている事が判明する。(PS版トゥルーエンドでは、崩壊する敵母艦からの脱出過程で衝撃波に煽られ推進機構が損傷したのか、機体への負荷が極めて大きい為に未だ試用段階である、言わば奥の手のIshterEdge を発動させて推進力に変え、辛くも艦内からの脱出を果たしたと思われる描写がある)

続いてレポートには、彼女のパイロットとしての生い立ちや、絶望的な戦況の推移、そして仇敵Guardianとの奇妙な交流等が記されている。それによれば、Guardianは、己と己にまつわる全ての技術の消滅を願っていたようだ。それは他でもない、人類の存続のために。

地球人の手に余る技術は、いずれ人同士の大きな争いを生むとGuardianは予測していた。人類の守護者たる名を授けられた彼女は、その暗い将来に強いストレスを感じ、やがて"Vasteel-technology”そのものの消滅を望むに至る。自滅的な物も含む一連の徹底した破壊行動は、このような決断に裏付けられたものだった。そしてその破壊の対象は、レポートの時点でかの技術最後の一粒種となった、セネスの搭乗する機体VAMBRACEとて例外ではなく。

PS版で新たに追加された幾つかのオマケCGの中で、セネスが破れたキャノピーから身を投げ、生身で絶対零度の虚空に舞う物がある。これはいつかの戦いに敗れ、次の生を得るまでの猶予の時なのか、それとも交戦後にGuardianの遺言を託されたセネスが、生還の機をなげうってVAMBRACEを破棄した結果なのか。それとも・・・?この衝撃的なCGに向けての公式なコメントは無いため、彼女のその後の解釈は閲覧したプレイヤーの数だけ分かれる事となるだろう。

尚、サンダーフォースⅥにもセネス・CTNs・クロフォードという名で登場するが、何故か行方不明設定が無くなっており、前作と比べて知能が低下している上、主人公機に肉体を取り込まれる等散々な扱いを受けている。


関連タグ

サンダーフォース パイロットスーツ
綾波レイ - おそらく元ネタ。

関連イラスト

セネス・CTN・クロフォード
<サンダーフォースⅤ>大尉~20周年おめ☆

pixivに投稿された作品 pixivで「セネス・CTN・クロフォード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34431

コメント