ピクシブ百科事典

日本女子サッカーリーグ

にほんじょしさっかーりーぐ

日本の女子サッカーのアマチュア最高峰リーグ。通称『なでしこリーグ』。WEリーグ創設以前は国内女子リーグ全体のトップカテゴリであった。女子の国内リーグ全体における位置づけとしては、なでしこリーグ1部が国内2部リーグとなり、なでしこリーグ2部が国内3部リーグとなる。
目次[非表示]

概要

主催は一般社団法人日本女子サッカーリーグと公益社団法人日本サッカー協会(JFA)。

加盟チームは日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)傘下のクラブチーム、実業団チーム、市民クラブ(NPO法人、株式会社等)、学校法人等様々で、選手は、1部、2部のともに社会人・大学生が主体である。3部のチャレンジリーグが存在した頃は中学生・高校生が中心のチームもあった。

なでしこリーグ以下の下位カテゴリは表向きアマチュアリーグだが、実態は男子のJFL以下の下位カテゴリと同じくノンプロリーグであり、プロ契約選手も存在する。しかし、こういうカテゴリに於いて男子と比較してみると、アマチュア選手が圧倒的に多くいるという事実に行き着く。(WEリーグ創設によって、なでしこリーグ以下のチームにもサッカー選手としての給与を得られる選手が出てきてほしいものである)

リーグの呼称は第6回大会の前期まで略称「JLSL」、同大会後期から「2005年シーズン」までは略称「L・リーグ」(英文表記はL.LEAGUE)が使用されたが2004年の途中からは愛称「なでしこリーグ」が制定され、2006年から協賛スポンサーが付いたことなどにより「なでしこリーグ」が主に使われるようになったが「L・リーグ」名称は、規約上は残っているため文書では時々見られる。
2010年、なでしこリーグ改革により1部リーグを10チームからなる「なでしこリーグ」、残りのチームは新規参入チームとともに「チャレンジリーグ」に再編、2015年から3部制となっていった。

2020年、女子サッカーのプロリーグ「WEリーグ(Women Empowerment League)」が2021年9月に開幕予定で発足されることが発表された。この為なでしこリーグは2部制に再編した、

2021年現在の参加チーム

なでしこリーグ1部

チーム名所在地
オルカ鴨川FC千葉県鴨川市
スフィーダ世田谷FC東京都世田谷区
日体大FIELDS横浜神奈川県横浜市
ニッパツ横浜FCシーガルズ神奈川県横浜市
大和シルフィード神奈川県大和市
NGUラブリッジ名古屋愛知県名古屋市
伊賀FCくノ一三重三重県伊賀市
コノミヤ・スペランツァ大阪高槻大阪府高槻市
セレッソ大阪堺レディース大阪府大阪市、堺市
ASハリマアルビオン兵庫県姫路市
アンジュヴィオレ広島広島県広島市
愛媛FCレディース愛媛県松山市

なでしこリーグ2部

チーム名所在地
ノルディーア北海道北海道札幌市
バニーズ群馬FCホワイトスター群馬県前橋市
つくばFCレディース茨城県つくば市
JFAアカデミー福島福島県楢葉町(静岡県御殿場市)
静岡SSUアスレジーナ静岡県磐田市
岡山湯郷Belle岡山県美作市
吉備国際大学Charme岡山高梁岡山県高梁市
福岡J・アンクラス福岡県福岡市


過去の参加チーム

WEリーグに参加

2021年開幕時

  • マイナビベガルタ仙台レディース⇒2020年シーズン終了後『マイナビ仙台レディース』に改名。
  • 浦和レッズレディース
  • ちふれASエルフェン埼玉
  • ジェフユナイテッド市原・千葉レディース
  • FC十文字VENTUS⇒『大宮アルディージャVENTUS』へチームを承継
  • 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
  • ノジマステラ神奈川相模原
  • アルビレックス新潟レディース
  • AC長野パルセイロ・レディース
  • INAC神戸レオネッサ


地域リーグへ降格

  • 清水第八スポーツクラブ / 清水第八プレアデス:2001年-2010年、2003年-2014年
  • 益城ルネサンス熊本:2000年-2010年、2015年
  • ジュ ブリーレ 鹿児島:2008年-2013年(2008年は準加盟参加)
  • アギラス神戸:2010年-2011年
  • JAPANサッカーカレッジレディース:2012年-2016年
  • 常盤木学園高等学校
  • 新潟医療福祉大学女子サッカー部
  • セレッソ大阪堺ガールズ


解散・活動縮小など

  • 日産FCレディース:1989-1993年

日産自動車サッカー部(現:横浜F・マリノス)の女子チームの位置づけであったが解散。

  • 新光精工FCクレール / TOKYO SHiDAX LSC:1989-1996年
  • 清水FCレディース / 鈴与清水FCラブリーレディース:1989-1998年
  • 神戸FCレディース / 田崎真珠神戸FC / 田崎神戸レディース / 田崎ペルーレFC / TASAKIペルーレFC:1989年-2008年
  • 日興證券ドリームレディース:1991-1998年
  • フジタ天台SCマーキュリー / フジタサッカークラブ・マーキュリー:1991-1998年
湘南ベルマーレ参照。(ベルマーレ平塚時代にスポンサーが同じだった。)
  • シロキFCセレーナ:1993-1998年
  • 浦和レディースFC:1994年
  • OKI FC Winds:1996-1999年
  • YKK東北女子サッカー部フラッパーズ / YKK AP東北女子サッカー部フラッパーズ / 東京電力女子サッカー部マリーゼ:2000-2010年
⇒登録していた選手26名中18名がベガルタ仙台レディースに、鮫島彩ほか6名が他チームへ移籍。2名は東京電力に残留。
  • HOYOスカラブFC:2013年
  • バニーズ京都SC:1991年-2020年
⇒選手の多くを群馬FCホワイトスターが引き受け、日本女子サッカーリーグに参入。

国内女子のリーグ構成

WEなでしこ(イマココ)9地域都道府県

関連記事

親記事

国内サッカー こくないさっかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「日本女子サッカーリーグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント