ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

JFL

じぇいえふえる

日本国内のサッカーリーグで、J3リーグの下位に位置する全国リーグ。国内の全国リーグカテゴリ全体における最下位カテゴリの立場を担う一方、Jリーグ参入を目指さないチームにとっては最上位カテゴリとなっている。また、日本サッカー第1種区分の国内リーグ全体の4部カテゴリ(国内4部)でもある。
目次 [非表示]

曖昧さ回避編集

以下の意味がある

  1. Jリーグの現在の下位カテゴリのリーグにあたる日本フットボールリーグ(※現行のJFL)の略称。J2リーグと共に1999年に創設・開始。
  2. Jリーグの下位カテゴリのリーグとしてかつて存在したジャパンフットボールリーグの略称。1992年から1998年まで開催された。現行のJFLと区別するために旧JFLとも呼ばれる。また、J2リーグと現行のJFL、この2つのリーグの直接の前身に当たるリーグでもある。
  3. J-WAVEをキー局とするFMラジオ系列、ジャパン・エフエム・リーグの略称。

ここでは1. について解説する。


概要編集

主催は一般社団法人日本フットボールリーグ(以下:JFLまたは一般社団法人JFL)、公益財団法人日本サッカー協会(以下:JFA)。


日本の男子サッカー界の第1種区分のリーグにおいて、アマチュア体制を貫くチームにとっては国内最高峰に位置するリーグである。そのため、『アマチュア最高峰リーグ』とも称される。


ただし、実態は純粋にアマチュアとは呼べないリーグである。しかしながらそれでもプロではないリーグであるため、アマチュアリーグというよりはノンプロフェッショナルリーグ(ノンプロリーグ)と呼称したほうが適切である。その為、プロ契約者を擁する制限も無いのでプロチームも在籍できる、がその一方で、Jリーグとは異なりプロ契約者の保有は義務付けられていない


なお、これはJFLのみならず、JFLより更に下位のカテゴリである9つの地域リーグや更にその下の都道府県リーグ、北海道地域と一部の県地域における更にその下の道県内各地区リーグも同様で、これらも実態は純粋にアマチュアとは呼べないリーグとなっている。

理由は「アマチュアリーグと呼ばれてふさわしくなるためのルールが厳格に制定及び統一されていないため」である。(※ちなみに厳格なルールがあるフランスの国内リーグでは、アマチュア最高峰でもある3部リーグではプロ最下部である2部リーグ(リーグ・ドゥ)から降格してきたチームに2年間のプロ契約選手の保有猶予が与えられ、4部リーグ以下だとプロ契約選手保有自体が禁じられているので、「日本のJFL以下のリーグよりかはアマチュアリーグとして成り立っている」と言える。余談だが、かつてグルノーブル・フット38が経営難の為に5部リーグまで落とされて、当時プロ契約選手として在籍していた松井大輔が放出されたのはそのルールによるものである。)

ただ、これらを逆手に取って自由にクラブ運営をし、結果、全国的に認知されるほどの個性を持てるようになったクラブが複数存在するようになったのもまた事実である。(※地域リーグ時代にある試合で観客にマグロ丼をタダで振る舞ったり、別のある試合では観客に1人1000円振る舞ったりしていた鈴鹿ポイントゲッターズはその最もたる例である。)


そして、Jリーグとは異なり各チームに在籍する選手の社会的保証はあまり考えられていないので、大半の選手は他に正規職を持つか、アルバイトをしながらサッカーをプレーしている。


様々な各チームの環境編集

前の項で述べたことに加え、プロ契約をおこなう所もあるが、クラブがスポンサーを通して職を斡旋したりする場合もある(これが出来るクラブは現状の中ではマシな方)。


なお、サッカー選手としての給与は無給なところも多く、さらに選手が年会費を払うチームまで存在することもある。JFL以下の下位カテゴリを「セミプロ」リーグではなく「ノンプロ」リーグと呼称したほうが適切なのはこれらの点も関係している。


選手契約を結ぶことにより年俸を球団が支給するオールプロが「プロ野球(NPB)」、「独立リーグ」、社会人として大手企業に就職しサラリーをもらいながら野球に専念し、引退後には一般社会人と同じ仕事に従事する「社会人野球」、企業のバックアップがないため、所属する企業と別企業のの正規職に就いているケースとアルバイトに従事しながらプレーするケース、その両方が並立することもある「クラブチーム」に大別される野球界が最も近いのかもしれない。

さらに大相撲でたとえるならば、給料を支給される「十両」以上の関取とちがい、基本的に無給の「幕下」以下に相当するといえばわかるだろう。

ただし、細かいことを言うならば、野球界とも大相撲とも似ても似つかない部分が存在するので、例えるには不足している部分もある。(その上、社会人野球は実業団チームが減る一方でクラブチームが増えてきている。)


JFLと同じ立場にある他国のリーグ編集

なお、JFLと同じ立場にあるサッカーリーグは、有名ドコロだと・・・

  • スペインのセグンダ・ディビシオンRFEF(4部リーグ)
  • イングランドのナショナルリーグ(5部リーグ)
  • ドイツのレギオナルリーガ(4部リーグ)
  • イタリアのセリエD(4部リーグ)
  • フランスのシャンピオナ・ドゥ・フランス・ナシオナル(3部リーグ)

の5つが挙げられる。


なぜこの5つを上げたのかと言うと、日本と同様にこの五カ国も「プロリーグが上位リーグでアマチュア(ノンプロ)リーグが下位リーグ」というリーグ構成であるため。というか日本のリーグ構成はそもそもこれらを手本にしている(そこ、まんまパクってるだけやんけとか言わない)。


この中でJFLと同じ全国リーグはナショナルリーグとシャンピオナ・ドゥ・フランス・ナシオナルの2つであり、前者はJFLと同じくプロ契約選手に対する制限がなく、後者はプロ契約選手に対する制限がある。


昇降格制度編集

J3リーグ⇔JFL編集

昇降格枠は0~1.5枠となっている。

J3リーグ下位との入れ替え要件J3リーグ:20位J3リーグ:19位
JFL:1位と2位がJ3ライセンス保有JFL:1位との自動入れ替えJFL:2位との入れ替え戦
JFL:1位はJ3ライセンス保有で2位は非保有JFL:1位との自動入れ替えJ3リーグに残留
JFL:1位はJ3ライセンス非保有で2位は保有JFL:2位との入れ替え戦J3リーグに残留
JFL:1位と2位がJ3ライセンス非保有J3リーグに残留J3リーグに残留

この上で、今季から『入会直前年度のJFLのリーグ戦におけるホームゲームにおいて、1試合平均入場者数が2000人に到達し、かつ年間入場料収入が1,000万円に到達していること』というJリーグ入会(J3昇格)条件史上、かなりキツい条件が追加されてしまった(※ソース)。なぜキツいかというと、達成期限がホーム最終戦ではなく入会審査日までだからである。


2023年編集

J3ライセンス取得やトップチームのリーグでの成績要件以外は事実上無い状況であった。


2022年以前編集

JFLからの一方的な昇格となりJ3からの降格は無かったが、Jリーグ公式サイトの『About Jリーグ』に掲載中の『Jリーグ入会(J3リーグ参加)の手引き』の5ページ目にて「J3クラブライセンスが不交付などの理由で退会となることはあり得ます」と書かれている通り、トップチームの成績以外での降格は公式で明言されていた。つまり「クラブ経営で援護できないやらかしをしたら落とすからな?(威圧)」ということであるが、こういうトップチームの競技成績以外でのJFL以下への降格(=Jリーグ退会)については2023年以降も継続される。


余談だが、2021年当時のJリーグ副チェアマンである原博実は、JリーグのYouTube公式チャンネル内での番組『JリーグTV』の生配信にて、ファンからの「J4は出来るのか?」という質問に対して「今のところは」と回答直後に自己フォローしつつも「イヤ、出来ないね」と即答している。

また、「今の考え方で言うと」と前置きしつつ「ドンドコドンドコ増やすというよりはJFLとの接合をどうしていくかというところを、JFAやJFLとも話し合っている」とも語っていた。



JFL⇔9地域リーグ編集

こちらも昇降格枠は0~1.5枠となっている。

9地域リーグとの入れ替え要件JFL:15位JFL:16位
地域CL(※注1):1位と2位はJFL昇格可(※注2)地域CL:2位との入れ替え戦地域CL:1位との自動入れ替え
地域CL:1位はJFL昇格可で2位は昇格不可JFLに残留地域CL:1位との自動入れ替え
地域CL:1位はJFL昇格不可で2位は昇格可JFLに残留地域CL:2位との入れ替え戦
地域CL:1位と2位がJFL昇格不可JFLに残留JFLに残留

※注1:ここでは地域CL決勝ラウンド上位チームのことを指す。

※注2:昇格可もしくは昇格不可とは、地域CL参加チームを傘下に収めるクラブの"昇格意思の有無"及び"JFL入会基準を満たしているか否か"ということを指す。


JFL昇格圏内に入るには、まず各地域リーグで優勝し、「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(地域CL)」へ出場しなければならない。詳細は単独記事を参照。


地域リーグへの降格圏は、年間16位と15位であり、仮に地域リーグ降格が決まった場合は同時にJFL退会ともなる。


なお、2024年シーズンと2023年までのシーズンとの違いはJFL入会対象チームが「入会基準を満たしているかどうか」である。この部分が2023年までのシーズンが「入会条件を満たしているかどうか」であり、わざわざ言葉を変えるほどなので、それまで一定の入会基準が本当に無かったことが窺える。(※ソース:2024年シーズン/2023年シーズン)


歴史編集

詳細はJFLの歴史を参照


2024年シーズン参加チーム編集

北から順に記載。計16チームで開催。

  • 地域リーグから昇格したチームは☆。
  • J3昇格(Jリーグ参入)を目指すチームの中で・・・
    • J3ライセンス保有のチームは③。
    • J3ライセンス非保有のチームは◯。

チーム(クラブ)名呼称(※1)在籍(加盟)年備考
ラインメール青森青森2016-
ソニー仙台FCソニー、ソニー仙台1999-優勝1回
栃木シティFC栃木C2010-2017、2024-☆/◯
ブリオベッカ浦安浦安2016-2017、2023-
クリアソン新宿新宿2022-
横河武蔵野FC武蔵野、横河武蔵野1999-※2
Honda_FCHonda、ホンダ1999-優勝10回(最多)
FCマルヤス岡崎マルヤス、マルヤス岡崎2014-
ヴィアティン三重V三重、三重2017-
アトレチコ鈴鹿クラブ鈴鹿2019-◯/※3
レイラック滋賀滋賀2008-
FCティアモ枚方枚方2021-
高知ユナイテッドSC高知2020-
ヴェルスパ大分V大分2012-③/優勝1回
ミネベアミツミFCミネベア、ミネベアミツミ2005-2006、2009-
沖縄SV沖縄2023-

※1:前者はリーグからの公式な呼称。

※2:「東京武蔵野ユナイテッドFC」から改称。

※3:「鈴鹿ポイントゲッターズ」から改称。


2024年シーズンのスタジアム編集

JFLでは在籍チームのホームスタジアムについて『固定開催が優先的に可能である』の条件は付してはいない。条件はあくまでも"①天然芝が使える②有料開催が可能"の2つだけである。


このような緩い条件である為、全国リーグカテゴリの中では一番参入しやすい。まぁ、厳格でないといけないプロリーグではないからというのもある。


その反面、ジプシー開催を結果として強いられるチームとシーズン開幕前に全てのホーム戦の試合会場が抑えられないチームが多いのも悩みのタネとなっている。


チーム(クラブ)名ホームスタジアム(※☆は今季のメイン)
ラインメール青森カクヒログループアスレチックスタジアム(☆)、新青森県総合運動公園球技場、弘前市運動公園陸上競技場
ソニー仙台FCみやぎ生協めぐみのサッカー場(☆)、ユアテックスタジアム仙台、石巻フットボール場、角田市陸上競技場
栃木シティFCCITY FOOTBALL STATION
ブリオベッカ浦安柏の葉公園総合競技場(☆)、ゼットエーオリプリスタジアム、フクダ電子アリーナ、東総運動場陸上競技場、小出義雄記念陸上競技場、中台陸上競技場、第一カッターフィールド
クリアソン新宿味の素フィールド西が丘(☆)、AGFフィールド、国立競技場
横河武蔵野FC武蔵野陸上競技場(☆)、AGFフィールド、味の素フィールド西が丘、駒沢オリンピック公園総合運動場陸上競技場
Honda FCHonda都田サッカー場(☆)、エコパスタジアム
FCマルヤス岡崎マルヤス岡崎龍北スタジアム(☆)、豊橋市岩田総合球技場、CSアセット港サッカー場
ヴィアティン三重LA・PITA東員スタジアム(☆)、四日市市中央緑地公園陸上競技場
アトレチコ鈴鹿クラブ四日市市中央緑地公園陸上競技場(☆)、三重交通Gスポーツの杜鈴鹿サッカー・ラグビー場、AGF鈴鹿陸上競技場、上野運動公園競技場
レイラック滋賀平和堂HATOスタジアム(☆)、布引グリーンスタジアム、水口スポーツの森陸上競技場
FCティアモ枚方たまゆら陸上競技場(☆)、J-GREEN堺メインフィールド
高知ユナイテッドSC春野総合運動公園陸上競技場(☆)、宿毛市総合運動公園陸上競技場、春野総合運動公園球技場
ヴェルスパ大分レゾナックサッカー・ラグビー場Aコート(☆)、ジェイリーススタジアム、日田市陸上競技場、レゾナックドーム大分、ディーアクトスポーツパーク永添天然芝グラウンド
ミネベアミツミFC宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場(☆)、都農町藤見公園陸上競技場、延岡市西階総合運動公園陸上競技場、小林総合運動公園市営陸上競技場、ユニリーバスタジアム新富、串間市総合運動公園陸上競技場
沖縄SVタピック県総ひやごんスタジアム(☆)、南風原町黄金森公園陸上競技場、コザ運動公園陸上競技場

過去に参加したチーム編集

JFLを退会した順に紹介。

  • △はJリーグ在籍チーム
  • ▼は地域リーグ以下の在籍チーム
  • ✕は解散したチーム
  • ☆はJFL歴代優勝チーム(※年間優勝チームのみ)

【注】チームによっては前身時代も含む。


チーム名在籍年(加盟年)備考
水戸ホーリーホック1999△/元・企業チーム(※旧名称:プリマハムFC土浦)/現行のJFLにおけるJリーグへの昇格第1号
横浜FC1999-2000△☆/前身を持たず且つ既存のリーグへの参加実績すら持たないまま参入した唯一の歴代在籍チーム/現行のJFLにおける初代優勝チーム/1999年はJFL準会員として在籍(※在籍条件付きの会員)/優勝2回
静岡産業大学サッカー部2000-2002リーグ参加は全国大学サッカー連盟(JUFA)の推薦による
エストレーラ宮崎2002✕/元・Jリーグ昇格を目指すチーム/在籍時の名称は『プロフェソール宮崎』
ジヤトコFC1999-2003✕/企業チーム
おこしやす京都AC2000-2003▼/元・企業チーム(※企業チーム時代の名称:教育研究社サッカー部(教育研究社FC))/2000年はJFL準会員として在籍(※1999年シーズンの地決予選リーグ敗退から唯一の参加決定となった為)/2000年は『FC KYOKEN』、2001年は『FC KYOKEN京都』、2002年~2003年は『FC京都BAMB1993』の名称でそれぞれ在籍。
国士舘大学サッカー部1999-2004リーグ参加は全国大学サッカー連盟(JUFA)の推薦による/リーグ退会は部員の不祥事による
徳島ヴォルティス1999-2004△☆/元・企業チーム/在籍時の名称は『大塚製薬サッカー部(大塚FC)』/優勝2回
ザスパクサツ群馬2004△/在籍時の名称は『ザスパ草津』/飛び級で参入したチームの1つ(※参入決定時の在籍カテゴリは関東リーグ2部)
愛媛FC2001-2005△☆/優勝1回
佐川急便東京SC2001-2006✕/企業チーム/リーグ退会は佐川急便大阪SCとの合併に伴う解散
佐川急便大阪SC2002-2006✕/企業チーム/元・学生チーム(※旧名称:体大蹴鞠団(大阪体育大学サッカー部の旧サテライトチーム))/リーグ退会は佐川急便東京SCとの合併に伴う解散
アローズ北陸2000-2007✕/企業チーム(※北陸電力サッカー部)/リーグ退会はYKK AP FCとの合併に伴う解散
YKK_AP_FC2001-2007✕/企業チーム/リーグ退会はアローズ北陸との合併に伴う解散
ロアッソ熊本2001-2002、2006-2007△/元・企業チーム/2001年は『NTT西日本熊本FC』、2002年は『アルエット熊本』、2006年~2007年は『ロッソ熊本』の名称でそれぞれ在籍。
FC岐阜2007
栃木SC2000-2008
カターレ富山2008△/2007年まで在籍していたアローズ北陸とYKK AP FCの合併に伴い誕生
ファジアーノ岡山2008△/元・ヴィッセル神戸のサテライトチーム(※旧名称:リバー・フリー・キッカーズ)
三菱自動車水島FC2005-2009▼/企業チーム/リーグ退会はクラブ経営危機による自主降格
ギラヴァンツ北九州2008-2009△/元・企業チーム(※企業チーム時代の名称:三菱化成黒崎FC)/在籍時の名称は『ニューウェーブ北九州』
ガイナーレ鳥取2001-2010△☆/2001年~2006年は『SC鳥取』の名称で在籍/優勝1回
流通経済大学FC2005-2010▼/2005年~2009年は『流通経済大学サッカー部』の名称で在籍(※トップチームと同名称)/リーグ参加は全国大学サッカー連盟(JUFA)の推薦での地決参加からの勝ち上がりによる/流通経済大学サッカー部のサテライトチームの1つ
アルテ高崎2004-2011✕/元・Jリーグ昇格を目指すチーム/2004年は『群馬FCホリコシ』、2005年は『FCホリコシ』の名称でそれぞれ在籍。
ジェフリザーブズ2006-2011✕/2006年は『ジェフ・クラブ』の名称で在籍/ジェフユナイテッド千葉のサテライトチーム
松本山雅FC2010-2011
SAGAWA_SHIGA_FC2007-2012✕☆/企業チーム(※旧名称:佐川急便SC→佐川急便滋賀FC)/2006年まで在籍していた佐川急便東京SCと佐川急便大阪SCの合併に伴い誕生/優勝3回
V・ファーレン長崎2009-2012△☆/優勝1回
カマタマーレ讃岐2011-2013△/J3リーグ創設前最後のJ2リーグ昇格チーム
FC琉球2006-2013
ブラウブリッツ秋田2007-2013△/元・企業チーム/2007年~2009年は『TDKサッカー部(TDK SC)』の名称で在籍
ツエーゲン金沢2010-2013
AC長野パルセイロ2011-2013△☆/優勝1回
Y.S.C.C.横浜2012-2013△/JFL在籍時の呼称は『Y.S.C.C.』
藤枝MYFC2012-2013
FC町田ゼルビア2009-2011、2013△/現行のJFLにおけるJリーグからの降格第1号
福島ユナイテッドFC2013
SC相模原2013
レノファ山口2014
SP京都FC2003-2015✕/企業チーム/2003年~2013年は『佐川印刷SC』、2014年は『佐川印刷京都SC』の名称でそれぞれ在籍。
鹿児島ユナイテッドFC2014-2015
アスルクラロ沼津2014-2016
ファジアーノ岡山ネクスト2014-2016✕/ファジアーノ岡山のサテライトチーム
ヴァンラーレ八戸2014-2018
コバルトーレ女川2018
流通経済大学ドラゴンズ龍ケ崎2015-2019▼/飛び級で参入したチームの1つ(※参入決定時の在籍カテゴリは関東リーグ2部)/歴代在籍の学生チームで唯一タイトル獲得経験があるチーム(※2016年シーズン1stステージ優勝)/流通経済大学サッカー部のサテライトチームの1つ
FC今治2017-2019△/元・愛媛FCのサテライトチーム(※旧名称:愛媛FCしまなみ)
テゲバジャーロ宮崎2018-2020
FC刈谷1999-2009、2021▼/元・企業チーム/1999年~2005年は『デンソーサッカー部』の名称で在籍
いわきFC2020-2021△☆/優勝1回
FC大阪2015-2022
奈良クラブ2015-2022△☆/優勝1回
FC神楽しまね2019-2022✕/2019年~2021年は『松江シティFC』の名称で在籍/リーグ退会はクラブ経営危機による

Jへの門番編集

とにかく強いのにJリーグへ昇格する気がないチーム(クラブ)に対し送られる称号である。


取り敢えず「昇格する気は無いのに常に上位争いしてくる」チーム全般を指すが、基本的には特にHonda_FCを指す。(※同チームの備考欄を参照のこと)


初めてこの称号が登場した際は「Jリーグ入りを阻む厄介者」という印象があった為、どちらかというと蔑称として使わていた。


しかし、長年、そのスタンスで有りながら常に強さを保ち続け、且つ、時々Jリーグ在籍チームやJリーグ入りを目指すチームに良い選手を供給することもあり、現在の意味合いは蔑称から敬称・愛称へと変わっており、Jリーグ在籍チームからも一目置かれる存在となった。


そして、2023年からはJ3ライセンス所有クラブがシーズン1位か2位で終える事(その他にホームゲームでの1試合平均入場者数が2000人以上到達しているなどの条件もあるが)が昇格への必須条件となった事でJリーグへの道が狭く険しくなり、門番としての意味合いが更に強固なものになっている。


一方、天皇杯においてJリーグ在籍チームからは恐怖の対象になっている。それは、「Jリーグ在籍チームと同等の実力があるのに、『Jリーグ在籍ではないチーム』という理由によりJへの門番と言われるチームに負けたJリーグ在籍チームは『ジャイアントキリングされた』扱いになってしまう」為である(特にHondaについては「J1チームと同等の実力がある」とまで評する者も居る)。

また、中には「Jリーグ参入を目指さないチームにJリーグ在籍チームが負けるということは、Jリーグの存在意義やレベルの高さに対して懐疑的に観られてしまうので、負けることはあってはならない」と危惧している者も居るが、この意見・主張は過去にそういう類いの罵りや貶しが周囲から実際に有ったことが影響しているという点も併せて知っていただきたい。


で、一例として、2019年度大会では静岡県代表として出場したHondaが前回大会王者でもあるJ1浦和レッズと4回戦(ベスト16)にてJリーグ開幕以降初めて対戦、2-0のスコアで勝利した。この試合を以って、Hondaは静岡県予選を含めたJリーグ在籍チーム撃破数が対戦相手の浦和で5チーム目となり(※内、浦和以外で撃破されたJ1勢が北海道コンサドーレ札幌)、且つ、現行のJFL開幕以降2度目のベスト8入りを果たし(※他にベスト8入りしたことがある現行のJFL勢は2004年度大会のザスパ草津のみ)、全国のサッカーファンに衝撃を与えた。(ハイライト動画)


余談だが、浦和はこの結果を以って2020年度のACL出場権を完全に逃してしまい、応援に来た多くのサポーターはバス囲みをするなど、荒れに荒れた


最後に、この門をこじ開ける「J2の鍵」をホンダロックSCが配っていたが、J3発足に伴い今度は「J3の鍵」が配られるようになった。

配られる瞬間を是非観てみたい者は、昇格決定がかかった試合が発生したら、是非足を運んでみよう。


関連タグ編集

デサント - サポーティングカンパニーその1。『アンブロ』ブランドで関わっている。

全日空 - サポーティングカンパニーその2。『ANA』ブランドで関わっている。

YouTube - 生配信の主媒体である動画配信サイト。一部の在籍クラブは別媒体で配信している。

Jリーグ - 上位カテゴリ。内、J3リーグは直上のカテゴリである(次項目参照)。直轄組織は異なる。

地域リーグ/都道府県リーグ - JFLより下位のカテゴリ(次項目参照)。両者とも直轄組織は異なる。

Jリーグクラブライセンス制度 - JFL在籍の百年構想クラブへ付与されるライセンスはJ3のみ。

Jリーグ百年構想クラブ規定 - Jリーグ加盟を目指すJFL以下の在籍クラブに課していた制度。

ダービーマッチ - 各種ダービーマッチを参照のこと。

天皇杯 - JFL在籍チームがアマチュア最上位だとJFL優勝チームに次回の本選シードが付与される。

スカパー! - 天皇杯の一部の生中継を担う。

かつて存在した国内サッカーチーム

サッカー

スポーツ

Pixiv的関連タグ編集

日本サッカー界における漫画・アニメ・ゲームとのコラボ一覧 - JFL関連のコラボも記載。


国内男子第1種区分のリーグ構成編集

J1J2J3JFL(イマココ)9地域都道府県

関連記事

親記事

国内サッカー こくないさっかー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7417

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました