ピクシブ百科事典

FC琉球

えふしーりゅうきゅう

FC琉球は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブ。ホームタウンは沖縄市を中心とする沖縄県全県。
目次[非表示]

解説

創設年2003年
加盟年2014年(2013年準加盟)
ホームスタジアム沖縄県総合運動公園陸上競技場
クラブカラーベンガラ (エンジ)
マスコットジンベーニョ※

※マスコットは2009年から2013年までは、石垣市出身の元ボクシング世界王者の具志堅用高をモデルとした「ぐしけんくん(仮)」。

歴史

2003年に設立、沖縄県社会人サッカーリーグ3部で優勝。
2004年、沖縄県サッカー協会社会人連盟の推薦により、県リーグ1部へ参入、優勝し九州各県リーグ決勝大会に進出。決勝で有明SC(現:V・ファーレン長崎)を破って優勝した。また、天皇杯に初めて出場して初勝利も挙げた。
2005年、九州サッカーリーグは2位。全国社会人サッカー選手権大会は2回戦で敗れたが、全国地域サッカーリーグ決勝大会で優勝、JFL昇格。沖縄県のサッカークラブとして初の全国リーグ参戦を果たす。
2013年にJリーグ準加盟クラブとして承認され、2014年にJリーグに入会。
現在J3リーグに参戦。

設立の経緯

1993年、沖縄県最大のホテルグループである「かりゆしホテルグループ」のサッカー部として発足した『沖縄かりゆしフットボールクラブ』が2001年にJリーグを目指して、元ヴェルディ川崎のラモス瑠偉を選手兼テクニカルアドバイザーとして招聘し、チームつくりを目指した。
2002年には九州サッカーリーグで優勝し、JFL昇格がかかった地域リーグ決勝大会に駒を進めるが、惜しくも予選ラウンドで敗退、同時期にその際、選手の集団退団騒動が起こり、退団した選手やラモスが中心となって新チームFC琉球を結成した
(その後、紆余曲折を経て2008、2009年と九州サッカーリーグ連覇を果たし、2年連続で地域リーグ決勝大会に進出することとなったものの、2年連続で予選リーグを敗退し、JFL昇格を逃した。その直後の2009年12月10日、選手給与や遠征費などの運営費が年間約5000〜6000万円掛かることを挙げ、「運営費をつくれない」事から2010年1月末でクラブを解散することを発表。チーム再建3カ年計画の最終年を待たずして、チームは事実上の休部となった。)

pixivに投稿された作品 pixivで「FC琉球」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40

コメント