ピクシブ百科事典

カマタマーレ讃岐

かまたまあれさぬき

カマタマーレ讃岐とは、香川県をホームタウンとし、Jリーグディビジョン3に所属する、四国3つ目のJリーグクラブである。
目次[非表示]

香川県をホームタウンとするJリーグチーム。

概要

チームの創設は1956年にさかのぼる。

地域の県立高校である香川県立高松商業高校のサッカー部が源流であり、元々は同校のOBとその知人たちによる有志の草サッカーチームである高商OBFC高商FC)。
1991年に県より指定強化チームとなるように要請され、これを受けるとともに高商OBやその知人ではない一般の選手にも門戸を開く事として、チーム名を「香川紫雲FC」に改称した。

2006年に現チーム名に変更。
これから5年間四国リーグを戦い、2010年にJFL昇格。

JFLでは、1・2年目は昇格条件が整わなかったが、3年目となる2013年にJ2ライセンスと順位(2位)を確保。入れ替え戦でガイナーレ鳥取を破り、2014年よりJ2参加となった。

今後当面は、J3リーグクラブからJ2クラブへの昇格となるので、カマタマーレは当面最後の、Jリーグ外からJ2に昇格したクラブということになる。

2018年シーズン、開始より低調を続け、第40節にて栃木SCに敗れたことで自動降格圏内が確定。そのまま最下位に至り古巣のJ3へ降格。2019年シーズンより再び昇格を目指すこととなった。

チーム名の由来

公募で決定。釜玉うどんの釜玉に海を意味する~レでカマタマーレ。

マスコット

J参入前は黒歴史

2017年にうどん鉢を被り、サッカーとうどんが大好きな元気で、明るい男の子をモチーフとしたマスコットを発表。
名称を公募、「さぬぴー」に決定した。

因みに香川の対岸である岡山のファジアーノ岡山のマスコットファジ丸は、スタジアムでバリバリ活動しているがJリーグの承認が下りず未公認となっている。

ホームスタジアム

県立丸亀競技場である。

アクセス

競技場の駐車場のほか、BOAT RACE丸亀や丸亀駅の駐車場を利用しシャトルバスで向かえる。

余談

カマタマーレ讃岐は2011年から2014年まで背部ユニフォームスポンサーに地元家電量販店であるビッグ・エスを迎えていた。この会社が何かというと、実はケーズデンキの中四国地方フランチャイジーである。そのため当時のカマタマーレ讃岐は当然のようにケーズデンキのロゴを背中に負って戦っていた。
が、実はケーズデンキの本体となるフランチャイザーであったケーズホールディングスは水戸ホーリーホックの最大のスポンサーであった。そのためカマタマーレ讃岐がJ2昇格を迎えた2014年における水戸ホーリーホック戦はケーズデンキのロゴをユニフォームに頂くチームによる、一種の「ケーズデンキダービー」となった。(紛らわしいためカマタマーレ側はケーズデンキロゴに企業名である「ビッグ・エス」を表記した)
しかし、ケーズホールディングス側は、当然この事態を看過できなかったのか、ビッグ・エスのカマタマーレ讃岐に対するスポンサー契約は2014年で終了と相成った。(背部ユニフォームスポンサーの後釜となったのは地場のスーパーであるマルナカ)

関連タグ

Jリーグ

徳島ヴォルティス愛媛FC:同じ四国地方を本拠地とするサッカーチーム。四国ダービーを構成する。

ファジアーノ岡山瀬戸内海対岸の隣県である岡山県のサッカーチーム。瀬戸大橋ダービーを構成する。

関連記事

親記事

Jリーグ じぇいりーぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カマタマーレ讃岐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10638

コメント