ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

創設年1977年
加盟年2016年
ホームスタジアム愛鷹広域公園多目的競技場
クラブカラー
マスコットなし


1977年に有志が集まって「沼津アーセナル」としてスタート。
その後「沼津香陵クラブ」と名前を変えて、1990年に複合型総合スポーツ育成団体『アスルクラロスポーツクラブ』を設立。なお、この創設者は元日本代表監督である山本昌邦の実弟である。
2006年、静岡県リーグ2部から1部への昇格をきっかけに現在のチーム名に改称した。

2013年東海社会人サッカーリーグ1部へ昇格。翌年のJ3参入を狙うもリーグ優勝を逃し(4位、この年優勝したのはマルヤス工業サッカー部であり、ともにJFLへ昇格している)、全社枠も逃したことから全国地域サッカーリーグ決勝大会への出場は叶わなかった。しかしJ3ライセンスは取れたことから、JFLへの飛び級参加が決定した。

2015年、元日本代表の中山雅史が加入し、JFL界隈はもとよりジュビロ磐田を中心にJサポをも驚かせた。

2016年のJFLで3位となり規定を満たし、2017年からのJ3リーグ加盟を決めた。J3リーグ参入初年度時点でも中山雅史は選手登録されており、三浦知良に次ぐ2番目の年長Jリーガーとなっている。その年でも優勝に絡む活躍を見せ3位。

現在、スタジアムのクラブライセンスの用件を満たせず、J2への昇格は不可能となっている。

スタジアム

愛鷹広域公園多目的競技場。富士山麓、東名沼津IC・新東名長泉沼津ICからほど近いところに位置する。
公共交通機関では、JR沼津駅より定期バス及び臨時バスが運行されている。

ラブライブ!サンシャイン!!との関係

ホームタウンが「ラブライブ!サンシャイン!!」の舞台である沼津であることから、サポーター有志がJFL時代から同作を模したビッグフラッグ掲揚やイベントをゴール裏で行ってSNS上に発信していき話題となっていた。

そして、2018年には念願の公式コラボが行われ、翌2019年度も行われた。新型コロナウイルスの世界的なパンデミックの影響でコラボは自粛されているが、2022年にはリーグ戦開幕を前にして作品そのものがクラブスポンサーになることが発表された。この「特定の作品のサッカークラブに対するスポンサー契約」は湘南ベルマーレ×デ・ジ・キャラット水戸ホーリーホック×ガールズ&パンツァーFC大阪×ビーナスイレブンびびっど!の例に続いて4例目となる。

なお、並行して作品の関連グッズを手掛けている大手企業のブシロードとのスポンサー契約も合わせて発表されている。(こっちもこっちで凄いことではあるが、前述のスポンサー契約のほうが話題になりすぎてて影が薄くなっている)


2018年のコラボマッチ

9月2日の対ギラヴァンツ北九州戦にて、渡辺曜役の斉藤朱夏が来場し、当日は5687人が来場。試合は1-0で沼津が勝利した。

2019年のコラボマッチ

9月15日の対セレッソ大阪U-23戦にて、国木田花丸役の高槻かなこが来場し、当日は5315人が来場。試合は4-0で沼津が勝利した。

外部リンク

公式サイト

関連記事

親記事

J3リーグ じぇいすりいりいぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アスルクラロ沼津」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アスルクラロ沼津」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32936

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました