ピクシブ百科事典

ラブライブ!サンシャイン!!

らぶらいぶさんしゃいん

ラブライブ!サンシャイン!!とはラブライブ!の派生作。劇中に登場するユニット名はAqours。2016年~17年にTVアニメ1・2期を放送後、新作劇場版の制作が決定。
目次[非表示]

概要

『ラブライブ!サンシャイン!!』とは、スクールアイドルAqoursの9人を主人公としたメディアミックス作品群を指す。
2015年2月26日に電撃G’sマガジン公式サイトTwitterにて紹介された、同2月28日発売の『電撃G’sマガジン4月号』掲載記事1枚を皮切りに、プロジェクト開始。


前作に当たる『ラブライブ!』とは世界観は同じであるものの、舞台は静岡県沼津にある浦の星女学院となっており、主要キャラクターも新規にデザイン、キャストも刷新されている。
キャラクター設定の多くは、沼津市出身の作家である芹沢光治良に関連するものから引用されている。
メディアミックスとしての路線は基本的に変わらず、漫画や短編小説などを「電撃G'sマガジン」にて企画進行&連載中。メディアによって世界設定やメインキャラクターの性格が大きく異なるので注意。
アニメ化に先行して5枚のシングルを発売しており。現在もシングル曲やアニメ挿入歌のCDを継続リリース中。

なお今回も前作同様、現実に存在する場所や施設、建物、景勝地などが多く登場するいわゆる「聖地アニメ」を意識した作風である。取り分け今作は、アニメ放送前から各協賛企業や地元団体などとの協力・タイアップが濃密で、舞台設定も大都市圏から比較的郊外に移ったことで、細かいロケハンや取材に裏打ちされた『ご当地アニメ』としての側面がより印象的。地元沼津市内の企業や店舗とのコラボレーションによる観光ツアー企画や、オリジナルグッズ等も続々と展開中。各地で開催されるご当地グルメイベント等にも積極的に出張している他、TVアニメ放送を機に静岡のニュース番組や新聞などのローカル紙面に記事が取り上げられたり、地元の催し物やイベントにもAqoursのキャラクターが用いられることも増えてきている。
2017年7月、第25期沼津市PR大使にAqoursが選出され、認証式の様子は地元放送局ニュース枠でも取り上げられた。

正式名称はラブライブ!サンシャイン!!(最初の感嘆符が全角、最後の2つが半角)

作中に登場する主な観光名所、その他施設・協賛企業など

あわしまマリンパーク沼津市民文化センターマルサン書店
沼津港(大型展望水門「びゅうお」)沼津港深海水族館沼津バーガーアントレ(JR沼津駅ビル)
安田屋旅館旅館 浜の家松濤館(しょうとうかん)淡島ホテル和洋菓子 松月やば珈琲ジャンボエンチョー、辻宗商店
内浦漁業協同組合(いけすや)JAなんすん(南駿農業協同組合)(株)バンデロールのっぽパン
千鳥観光汽船
・西武グループ各社
 ・伊豆箱根鉄道伊豆箱根バス伊豆・三津シーパラダイス(みとしー)横浜アリーナ西武ドーム西武鉄道
・小田急グループ
 ・東海バスオレンジシャトル(小田急で唯一参加)
(※小田急が消極的なのは、かつて同社のロマンスカーあさぎり』が沼津まで運行していたものの、現在は御殿場まで短縮されてしまった事が要因である。ここは辛抱強く沼津まで運行を続けていれば主導権は小田急になっていた可能性も少なくはない。それどころか1950年から1968年にかけて箱根を舞台に小田急(当時は東急グループの傘下)と西武との間で輸送シェアを廻り対立していた「箱根山戦争」の再燃ともなった可能性もある)
・函館市企業局、函館市重要文化財 旧函館公会堂函館国際ホテルFMいるか函館山ロープウェイはこだてわいんラッキーピエロ
(※アニメEDクレジットで紹介された協力企業等を中心に記載)

聖地巡礼に関する注意

前作と同様、聖地巡礼が盛んなため、公式から注意喚起を呼びかける文章が発表されている。禁止事項は以下の通り。

  • 学校や私有地への立ち入り禁止
  • 学校の生徒、地元住民の方々を無断で撮影することは控えるように
  • 大川家長屋門は私有地のため立ち入りや外観を含む撮影は禁止

上記のような項目を守らない場合法的にもトラブルになる可能性があるので、見学や観光の際には注意されたし。

テレビアニメ化

2016年1月11日、2016年夏頃予定でテレビアニメ化する事が公式サイトにて発表された。監督を含むスタッフは『ラブライブ!』から交代しているものの、原作&原案、キャラクターデザイン、脚本などは前作からそのまま続投となっている。

なおアニメ1期では前作のキャラ名楽曲の一部が多く登場し、新規ファンに対する配慮やある種のファンサービス・オマージュとも言える細かいネタも要所要所に散りばめられており、主人公達の器を借りて視聴者自身がμ'sの歩んだ軌跡を追いかける物語という、新たな要素も一部取り入れられている。

2017年10月よりTVアニメ2期が放送された。1期12話の展開を基に今度はμ'sに関係する物や名前をできる限り出さないAqoursだけの物語である点が強調されている。

TOKYOMXKBS京都サンテレビおよびBS11などで放送。

加えてインターネット同時配信としてもAbemaTV、LINE_LIVE、バンダイチャンネル、アニメイトチャンネル、ニコニコ生放送と過去最大規模のライブ配信を行っている。ストリーミング配信では、1期・2期共に第1話および最新話をYouTubeのバンダイチャンネル公式にて公開中。

第1期1話
第2期1話
バンダイチャンネル(毎週最新話を配信)

2016年10月から12月まで以下の放送局・チャンネルにて再放送も実施された。
・TOKYOMX:10月2日より毎週日曜23:00~
・サンテレビ:10月4日より毎週水曜0:30~
・BS11:10月4日より毎週水曜0:30~

2017年2月26日、公式ツイッターにて、テレビアニメ第2期の制作ならびに放送予定は2017年秋頃であることが明らかにされた。さらに同年6月21日にはNHKEテレでも放送されると発表、同年8月に集中放送を行っている(同年12月にも再放送を実施)。

2017年12月30日、2期13話終了後に完全新作劇場版の制作が発表された。この事は翌日(大晦日)の読売新聞の一面広告でも告知されている。

スタッフ

原作矢立肇
原案公野櫻子
監督酒井和男
シリーズ構成花田十輝
キャラクターデザイン室田雄平
音響監督長崎行男
音楽加藤達也
音楽制作ランティス
アニメーション制作サンライズ
製作2016 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!


あらすじ

静岡県沼津市の海辺の町、内浦にある私立浦の星女学院。
駿河湾のかたすみにある小さな高校で、2年生の高海千歌を中心とした9人の少女たちが、大きな夢を抱いて立ち上がる。

それは、キラキラと輝く“スクールアイドル”になること!

諦めなければきっと夢は叶う――。
いまはただ輝きを目指して、がむしゃらに駆け抜けていこう!
ここから彼女たちの「みんなで叶える物語」(スクールアイドルプロジェクト)が始まった!
(公式HPより引用)

各話リスト

第1期放映期間(2016年7月2日~9月24日)第2期放映期間(2017年10月7日~12月30日)
話数サブタイトル話数サブタイトル
#1輝きたい!!#1ネクストステップ
#2転校生をつかまえろ!#2雨の音
#3ファーストステップ#3
#4ふたりのキモチ#4ダイヤさんと呼ばないで
#5ヨハネ堕天#5犬を拾う。
#6PVを作ろう#6Aqours_WAVE
#7TOKYO#7残された時間
#8くやしくないの?#8HAKODATE
#9未熟DREAMER#9Awaken_the_power
#10シャイ煮始めました#10シャイニーを探して
#11友情ヨーソロー#11浦の星女学院
#12はばたきのとき#12光の海
#13サンシャイン!!#13私たちの輝き


登場人物(ふりがな)

スクールアイドルユニット

Aqours

2年生

2年組


高海千歌(たかみ ちか) CV:伊波杏樹
桜内梨子(さくらうち りこ) CV:逢田梨香子
渡辺曜(わたなべ よう) CV:斉藤朱夏
ようちかりこ(ようりこちか)

3年生

シャイニー☆


黒澤ダイヤ(くろさわ だいや) CV:小宮有紗
松浦果南(まつうら かなん) CV:諏訪ななか
小原鞠莉(おはら まり) CV:鈴木愛奈
ダイかなまり(まりだいなん)

1年生

inウサギーランド


国木田花丸(くにきだ はなまる) CV:高槻かなこ
黒澤ルビィ(くろさわ るびぃ) CV:降幡愛
津島善子(つしま よしこ) CV:小林愛香
よしまるびぃ(るびよしまる)

メインキャラの呼称表

(主にアニメとスクフェス準拠。括弧内はアニメ1期中盤や後半の頃に変更された呼称)
※各呼称はメディアによって違っている。特に善子とダイヤはG's本誌とアニメでは全く異なる。

が\に千歌梨子花丸ルビィ善子ダイヤ果南鞠莉
千歌わたし曜ちゃん梨子ちゃん花丸ちゃんルビィちゃん善子ちゃんダイヤさん果南ちゃん鞠莉ちゃん(さん)
千歌ちゃんわたし梨子ちゃん花丸ちゃんルビィちゃん善子ちゃんダイヤさん果南ちゃん鞠莉ちゃん(さん)
梨子千歌ちゃん曜ちゃんわたし花丸ちゃんルビィちゃん善子ちゃんダイヤさん果南ちゃん(さん)鞠莉ちゃん(さん)
花丸千歌ちゃん(さん)曜ちゃん(さん)梨子ちゃん(さん)マル、オラルビィちゃん善子ちゃんダイヤさん果南ちゃん(さん)鞠莉ちゃん(さん)
ルビィ千歌ちゃん(さん)曜ちゃん(さん)梨子ちゃん(さん)花丸ちゃんルビィ・わたし善子ちゃんお姉ちゃん果南ちゃん(さん)鞠莉ちゃん(さん)
善子千歌(さん)曜(さん)梨子、リリーずら丸ルビィヨハネ・わたしダイヤ(さん)果南(さん)鞠莉(さん)
ダイヤ千歌さん曜さん梨子さん花丸さんルビィ善子さんわたくし果南さん鞠莉さん
果南千歌曜ちゃん梨子ちゃん花丸ちゃんルビィちゃん善子ちゃんダイヤわたし鞠莉
鞠莉千歌っち梨子花丸ルビィ善子ダイヤ果南わたし

メンバーの家族など

よいつむトリオ

よいつむトリオ!


よしみ(CV:松田利冴
いつき(CV:金元寿子
むつ(CV:芹澤優
千歌のクラスメートトリオ。浦女の代表的存在。

ライバル

Saint Snow


第7話から登場したAqoursのライバルポジションに相当するスクールアイドル。持ち歌は「SELF CONTROL!!」など。北海道函館出身。
2018年4月に函館にて、ラブライブ!シリーズ史上初の主役グループメンバーでないキャラが主演という形の三次元ライブを実施予定。

楽曲

ラブライブ!サンシャイン!!オリジナル曲一覧参照

ライブ

ラブライブ!シリーズのライブイベント一覧参照
現在、公演予定、または開催中のワンマンライブは以下の通り。

  • 2018年4月27日・28日 『SAINT SNOW PRESENTS LOVELIVE!SUNSHIN!! HAKODATE UNIT CARNIVAL』(会場:函館アリーナ)
  • 2018年6月9日~7月8日 『Aqours 3rd LoveLive!TOUR WONDERFUL STORIES』 3会場全6公演
  • 『ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動 LIVE & FAN MEETING 2018ユニット対抗全国ツアー』開催決定


前作と今作との関係性

前作では漫画版やアニメ版で初めて設定が創られたスクールアイドルの大会「ラブライブ!」の存在が、本作ではG's誌上で最初から言及されている。
μ'sは過去に存在した大人気スクールアイドルグループとして伝説化。現役の高校生は動画や紙面上でのみμ'sに接する事ができ、千歌を初めとした登場人物たちの憧れの的となっている。

公式ではμ'sメンバーの未来の姿を描くことができない暗黙のルールのせいで、Aqoursは現在のμ'sと顔を合わせる事は叶わないが、『スクフェスALL_STARS』等、時空を超越した描写で作られるメディアミックス上ではお互い活動時の姿で共演可能である。
2017年9月21日「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル新情報発表会」で穂乃果役千歌役のキャストが共演した数日後、Aqours 2ndライブ埼玉公演にて初公開された『スクフェスALL_STARS』の告知PVで初めて18人が交互に喋りかけあった。『スクスタ特番』内で初めて同年代設定のバラエティ会話が実現。

アニメ版

時系列に関しては、アニメ1期4話にて登場した出版物から、今のところ無印1期から5年後、ないし劇場版ラブライブ!から4年以上経った時間軸ではないかと思われる。

作品全体としては

  • 全国大会に参加した駆け出しのユニットに1票も入らない
  • 高い実力を持っていても上位入賞出来るわけではない
  • ラブライブ予備予選と学校説明会の会場が山を挟んで離れた場所にあるためどちらかが延びるなどして同日開催になると両立が難しくなる
  • 前大会でトップ8に入り次期大会優勝有力候補となっていたユニットがまさかの本番でのパフォーマンス失敗で予選敗退
  • スクールアイドルの票数や持ち歌の再生数は増えているがその学校の入学希望者数に反映されない
など前作では杞憂でしかなく特に取り上げられる事はかったスクールアイドルの「負」の面にも強くスポットが当てられており、「順位下位層はなおのこと、才能や実力に恵まれたスクールアイドルですら誰しもがμ'sやA-RISEのように順風満帆で物事を進められるわけではない」というメッセージ性が込められているようにも思える。

スクールアイドル及びラブライブ!

  • スクールアイドルの人気は衰えず、スクールアイドルに関するイベントが多くなっている。(東京スクールアイドルワールドなど)
  • ラブライブ!第3回大会以降、本戦会場はアキバドームになっており、Aqoursが参加する今年度の大会も2回とも本戦会場はアキバドームである。
  • 前年後期大会の参加グループは、ラブライブ!第一回大会の約10倍、7236組がエントリー。第一回大会からレベルが格段に上がっている。


μ's

  • 今作では、前作アニメ中のスクリーンショットや映像、MVがそのまま流れるシーンはあるが、μ'sメンバー自体は直接での登場は無い。
  • 解散から4年以上経った現在も大変人気があり秋葉原の街中やPC上で当時のMV動画が再生され、関連グッズも新規入荷されて、ファンによる聖地巡礼も行われている。
  • だがAqours音ノ木を訪れた際、この学校の生徒であろう人物は、「ここには何も残っていなくて…」と、μ'sがいた痕跡は残っていないととれる発言をしていた。世間の人気に反して梨子μ'sを知らなかった理由は彼女がピアノ一筋だった以外はそれだったと考えられる。
  • 青空Jumping Heart(1期OP)ではμ'sらしきシルエットが登場する。
  • Aqoursのメンバーの中では、推し、尊敬しているメンバーがいる

千歌穂乃果
花丸
ルビィ花陽
ダイヤ絵里

  • 視聴者の推測であるが12話で音ノ木坂を訪れた際、登場する音ノ木の女子生徒や手すりを滑っていた女の子、女の子の母の顔や服装から、μ's(真姫要素があるかどうかは今のところ不明)の特徴に一致しているらしい。
・女子生徒
  1. 髪型や目の色が
  2. 髪色がことり
  3. 顔や表情が花陽
  4. 制服(バストサイズなど)が絵里
・女の子
  1. 髪型が穂乃果
  2. 髪ゴムがにこ
  3. 目の色が
・女の子のお母さん
  1. 髪型が海未

その他


スクフェス版

スクフェスでは、切り替え自由の「μ'sモード」と「Aqoursモード」でそれぞれの時空が完全に分離しておりストーリー中は相互の直接交流はないが、ライブ用のユニット編成では手持ちカードさえあればμ's・Aqoursを自由に組み合わせられる。

Aqoursのメインストーリーには稀にμ'sの名が登場。千歌と(アイドル全般好きの)ルビィの2人が熱心なファンで、占いの話で2人とも東條希の名を挙げた。
μ'sとの時系列関係は不明で、梨子が転校直後にμ'sの評判を知っている。千歌は普段μ'sのDVD試聴を好んでいるが、一度ラジオ番組のゲストに来ていたμ'sに千歌がお便りを出して採用された話が出ている。

関連イラスト

サンシャイン!!
Aqours
Aqours
青空 Jumping heart!


サンシャイン!!
アクア
届かない星だとしでも。。。
サンシャイン!!


前作とのコラボイラストも投稿されている。

ラブライブ!サンシャイン!!
ピンク組
衣装チェンジ!



関連タグ

カテゴリ音楽 / 漫画 / 小説 / アニメ
ジャンルアイドル アイドルアニメ ラブライブ!
表記揺れラブライブサンシャイン ラブライブ!サンシャイン! ラブライブ!サンシャイン!!(!マークが全角の為にタグとして使用出来ない)ラブライブ!サンシャイン!!(正式な!の使い方であるが、!マークが全角の為にタグとして使用出来ない)
評価タグ(イラスト)ラブライブ!100users入りラブライブ!500users入りラブライブ!1000users入りラブライブ!5000users入りラブライブ!10000users入り
評価タグ(小説)ラブライブ!小説50users入りラブライブ!小説100users入り
アニメ2016年夏アニメ / 2017年秋アニメ
楽曲ラブライブ!サンシャイン!!オリジナル曲一覧
ゲームスクールアイドルフェスティバル / スクフェスALL_STARS / ぷちぐるラブライブ! / スクフェスAC(アーケード)
ライブラブライブ!シリーズのライブイベント一覧
カップリングラブライブ!サンシャイン!!のカップリングタグ一覧
ユニットAqours / CYaRon! / Guilty Kiss / AZALEA
ラジオぐ~りんぱ
用語ラブライバー(ラブライブ!シリーズファンの呼び名) / スクールアイドル(劇中で活動する学生によるアイドルの総称) /シーラカンス!サンシャイン!!(まさかの実写化!?2017年4月1日動画配信!)


関連動画

番宣PV
アニメ1期

アニメ2期


外部リンク

ラブライブ!『電撃G's magazine』公式サイト (現在はシリーズのポータルサイトにリダイレクトされている)
ラブライブ!サンシャイン!! Official Web Site
ラブライブ!公式 Twitter
沼津市観光WEB
僕らのラブライブ! (ラブライブ!シリーズ 同人オンリーイベント運営サイト)

pixivに投稿された作品 pixivで「ラブライブ!サンシャイン!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148798678

コメント