ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

黒澤ダイヤ

くろさわだいや

黒澤ダイヤは、「ラブライブ!サンシャイン!!」のメインキャラクター。Aqoursのメンバー。
目次 [非表示]

「分かりましたわ! 貴方の力、信じましょう! さあ、引いていらっしゃい! 栄光の一番を!」


詳しいプロフィールですわ

名前黒澤ダイヤ
英字表記DIA KUROSAWA
学年3年
身長162cm(シリーズ10位タイ)
スリーサイズB80/W57/H80
血液型A型
誕生日1月1日
星座山羊座
好きな食べ物抹茶味のお菓子・プリン
嫌いな食べ物ハンバーグ・グラタン
趣味映画鑑賞・読書
特技和琴・唄・着付け
イメージカラーレッド
CV小宮有紗
所属ユニットAZALEA

公式媒体でのアルファベット表記は"Dia Kurosawa"


人物ですわ

ラブライブ!サンシャイン!!」のキャラクターの一人。Aqoursに所属する浦の星女学院の3年生。

1年生の黒澤ルビィ。(黒澤姉妹)


浦の星女学院の生徒会長を務める、黒髪ロングに美脚が優美な麗人。瞳は妹とお揃いの青緑色。

本人から見て口の右下にある艶ぼくろが特徴(ただし、それに気づかずpixivにイラスト投稿してしまうユーザーも多少・・・・)。


家は旧網元の家系で地元一の名家。(劇中で黒澤家のお屋敷となった現実の沼津内浦、長浜地区にある大川家屋敷は戦国時代から続いていて、明治維新までは内浦地区住民の総責任者たる浜名主だった。)

その長女として幼い頃から厳しく育てられてきた。

の稽古や家の催し事で着物は着慣れている。妹と共に特徴的な名前であるのは黒澤家の慣習として女児には貴石(宝石)に由来する名前を付けるためらしい。世界観が異なる外伝だが「幻日のヨハネ」では親族(黒澤家・分家?)としてコハクというキャラクターが登場している。


性格は趣味嗜好がメディアによってかなり異なっている。基本の性格はプライドが高い完璧主義者で中途半端や曲がった事は許さない。不真面目なAqoursメンバーへの注意がかなり多い。自分の能力に自信があるため自画自賛して容姿を誇る事も。

アニメ1期2話放送を機に、ライブやニコ生や浦ラジで小宮有紗が「ブッブー!ですわ!」をよく発言するようになった。主に解答間違い、ダメ出し、コーレスでの観客煽り時など。

ライブ等のコーレスは「ダイヤッホー!」→(観客)「ダイヤッホー!」→「ブッブー!ですわ!元気が足りませんわ!(最初に戻る)」or「(最終評価を下す)」。観客は「ダイヤッホー」に思いっきりビブラートを効かせても良い。


妹が居るからという理由で、アニメ版・スクフェス版では小さな子どもへの対応が幼稚園の先生並に上手い。ドラマパート版でも下級生のわがままに付き合ってあげている。


アニメ、スクフェス、ドラマパートなどで「ピギィ!」「ぴぎゃあ!」という奇声を発している。

これらは元々は妹ルビィだけの口癖だった。それが果たして「その姉だから」という理由なのか、アニメの1期9話でダイヤも悲鳴代わりに発したのをきっかけに、姉妹共通の口癖になった(それ以前に、後述のドラマパートでのルビィのマネで「ピギッ!」と言った事がある)。性格のおかげでよほどの事が無いと叫んでいないが、アニメだとルビィのような性格だった幼少期によく叫んでいたと描写されている。


ファンからの愛称はダイヤさん、ダイヤ様、ダイヤちゃん。


G's版での性格よ

G's本誌のダイヤは、ですわ」口調を使っておらず女性語に敬語を時おり取り入れる程度である。メンバーを呼び捨てか「名前+ちゃん」呼びをしており、善子の事も他のメンバーに倣い「ヨハネ(ちゃん)」と呼ぶ。ダイヤの方は後輩から「ダイヤちゃん」と呼ばれている。

警戒心が強く普段笑顔を振りまく性格でないので、Aqoursの時は常に誠実でオープンを心掛ける。ファン相手には自分に自信がある強気で情熱的な女子として振る舞う。

Aqours活動や日常生活で無精な姿のメンバーを見かけるとよく注意している。


様々な事業を手掛ける黒澤家の跡継ぎ候補である彼女は稽古やイベント出席が多く、人柄で生徒会長に任命され放送委員代わりの校内放送の仕事もあって毎日忙しく過ごしていた。

最初はアイドルに全く興味がなく高海千歌にスクールアイドルに誘われても歯牙にもかけず「アイドルなんて軽薄なもの」「ありえない」と一蹴したが、先に(千歌に勧誘を受け喜んで)入部していた妹のルビィを人質にとられたうえ何らかの勝負に負けてAqoursに加入することになった、とダイヤは振り返っている。


加入後は歌う自分や地域そして周りの人が好きだと気付き、打って変わってノリノリで活動開始。やるからには頂点へ、をモットーにしている。本当の最初には出来上がった衣装のジャンルの異次元さを見て内心困り果てていたが、いざ着てみると「元がいいと何をやらせても映える」などナルシストじみた自己評価を下した。内浦の子なので水着姿に恥じらいが無くスタイルも悪くないと自ら評している。幼少からの習い事は種類が多く、音曲(琴)等アイドルに活かせそうな物もある。

ただ一人の花見や美術館といった静かな場所を好む性分だからか、Aqoursに入ってからもルビィとのアイドルの話や日常会話はあまり合わない。


気まぐれな中で好きと嫌いがハッキリ分かれており、Aqoursのイベントでは気合を入れて活動するが、興味の湧かない物には無関心になる。

ファッションとスイーツに興味がなく、好きな洋服はファンシーなルビィとは正反対のクールでノーブルな服ばかり。

暑いのと日焼けが苦手。水を掛け合うシーンの撮影は2回ともかなり楽しんでいる。

店の仕入れから接客までを支える活動が好き。

主に女流作家の本を読む趣味があるため国木田花丸と少し本の話ができるが読むジャンルは異なる。好きな映画は社会派の戦争映画。

内浦も好きだが美術館や劇場、綺麗な建築物が多い都会に憧れている。


跡継ぎ修行をすべて辞めてしまった、ドジで計画性の無いルビィを「不肖の妹」と称し、多少の失敗は助けない形で自立できるように厳しく接するので畏れられているが、彼女の落とした財布を夜まで探したり、お小遣いの使い方を指導したり、道草で帰りが遅い理由の言い訳をしてあげたりしてサポートしている。一生言わないと決めているが結構ルビィの事が好き。


パーティーの多い黒澤家では季節行事はあまり重要視されておらず、誕生日も数え年制(ルビィ含む)なので大々的に祝っていない。クリスマスは時期的にたいてい夜はルビィと2人だけなのでお手伝いさん作のグラタンやケーキで小さく祝う。

名前は父親が命名。女子が生まれたら家の宝なので貴石から付けるとなったそうだが、カタカナにするか和名にするか悩んだらしい。親戚の女性はわりとみんな古風で和風な名前。

家では鍋料理がほとんど出ず、Aqoursと行く焼き肉店では千歌と善子と鞠莉が奉行になるのでおとなしく従うタイプ。


アニメ1期での性格ですわ

テレビアニメ版では初登場の第1話において、千歌のスクールアイドル部創設請願を「認めません!」と一蹴。カタブツな生徒会長という印象を視聴者に与えたが、一方でその割には妙にラブライブ!のルールに詳しいという一面を見せてもいたため、「もしやこのお姉ちゃん…」という疑念を同時に残していった。

そして第2話であっさり化けの皮が剥がれかなりガチの人だったことが判明するのであった。

片腹痛いですわ!あの頃のダイヤ様サンシャインやらムギたんやら


それなのに何故かスクールアイドルを嫌っており、千歌の前にも何人も来たスクールアイドル関連の部活創設をすべて拒否してきた。

しかし後に理事長として戻ってきた小原鞠莉の電撃発言、千歌たちのファーストライブの出来(トラブルをダイヤの機転で解決)、ルビィの決意、花丸の申し出もあって、Aqoursの存在は黙認。(ただしルビィに対しては節度を守って続けるようにと念を押している)


第4話でのルビィの回想によるとかつてはμ'sの大ファンで、姉妹で簡易のコスプレをするほどの熱の入れようだったが、2年前のある日突然スクールアイドル全てを嫌うようになってしまった。

μ'sメンバーでは絢瀬絵里推しらしい。「アイドルと生徒会長の兼任がかっこいい(意訳)」らしいが、もし加入後のポンコツ化っぷりを見てしまったらどうなるのだろうか……(PKDを参照)


妹であるルビィに対しては、平素では毅然とした姉として厳格に接する傍ら、実は非常に気にかけている。特にスクールアイドルを頑張り始めた彼女の事は親のように優しく見守っていた。(詳細はこちらを参照してほしい)

第8話では千歌たち6人によるAqoursのパフォーマンスやパワーを認めている。


松浦果南とは昔からの、小原鞠莉とは彼女が同じ小学校に転校してきてからの幼馴染。

話が進むにつれ、次第に果南・鞠莉との関係が紐解かれていき、第9話でダイヤがスクールアイドル嫌いになった経緯も判明。ダイヤが果南以外には隠し通してきた2年前の真実を鞠莉に語った事で、鞠莉と果南が仲直りしてAqoursに加入、ダイヤもその場でルビィ達に迎えられて、ダイヤはAqours最後の9人目のメンバーとなった。第3話での砂浜のシーンで「Aqours」と書いたのは彼女。(詳細はまりだいなんに記述【リンク先に重大なネタバレ有り】)。


Aqours加入以降は、かつての経験と立ち位置、趣味もあってか、スクールアイドル活動に人一倍情熱を注ぎ他の8人の前に立つ、Aqoursの実質的なまとめ役となっている。μ'sを信奉しており、特訓したがり。

ただし融通が利かないので、鞠莉等におちょくられたりしている。

他メディアではヘマの多いルビィに厳しく気丈に接する事がほとんどのダイヤだが、アニメだと家の厳しさが強くない(親がアイ活を応援している)ため、自分と同じ物を同じくらい全力で愛する不手際が目立たないルビィへの態度が甘々に変化。そしてダイヤの方も仕草がルビィにやや近くなった。

メンバーで果南だけをプロポーション良しだと判断している。


小学生時は焦るとルビィに似た小動物のような仕草が目立っていたが、口調や普段の立ち振る舞いは今のそれと変わらない。

この頃東京を訪れた時に一人で路線図を見て「ゴチャゴチャ」しているのが怖くて泣いてしまった。ここからか東京をはじめとする都会に対して強い警戒心を持っている。2期3話にて内浦周辺の交通地図を見て制限時間ありの移動の為のルートを皆で模索していた途中で「ゴチャゴチャしてきた」と喚いていたので、今も交通図表を見るのが少し苦手。

携帯電話もAqoursでは花丸と2人だけのガラケー

高校1年生の時には現在のようなテンションの高いアイドル好きになっている。


アニメ2期での性格ですわ

アニメ2期は「μ'sそのものとμ'sに関する物事」が出来るかぎり描かれない作風に変更されたため、アニメ版限定要素だったダイヤのμ'sオタクっぷりが封印され、かなり大人しくなった。ラブライブ!の歴史を愛しアキバドームに憧れる姿は変わっていない。


1話では、生徒会長として、理事長挨拶をまともにしようとしない鞠莉に挨拶用の例文を小声で読み上げるが意味不明な言葉に変換されていた。次回開催のラブライブ!の話題になると鞠莉の横に並び2人で明るく告知をした。同話の中盤で鞠莉が至極真面目に登壇する必要ができた時も隣に立って途中で挨拶を交替していた。

鞠莉の父親の決断で訪れてしまった浦の星の廃校決定を一人で覆そうとする鞠莉、それに気付き他のメンバー7人に隠れてでも支えようと動き出した果南の意思を見透かしたダイヤは2人に優しく詰め寄る。千歌が鞠莉の父のいるアメリカに行ってなんとかすると言い出した時は、果南と一緒になって鞠莉の今までの苦労を説き彼女を引き止めた。

目標を見出した千歌に導かれて8人で復唱しあった「奇跡を!」を一番に言ったのはダイヤである。


2話では鞠莉の提案で1年生と3年生の6人が集められ、ラブライブ!予備予選用の曲作りを開始。だがその中の果南&鞠莉と善子&花丸の2組の意見がまともに合わせられない事が判明し、ダイヤはルビィと2人(仲良し1年3年コンビとして)の間に立って悩ませられる羽目になった。2組の「ロックだ」「哲学だ」「アイドルらしくない」「元気な曲が良い」という音楽性のぶつかり合いに混じってダイヤもちゃっかり「そこにお琴を!」とか主張している。2組が仲良くなる為に温泉での裸の付き合いを提案するがあまり効果なし。辿り着いた寺での不意打ちの虫や雨漏りの雫には妹と一緒に悲鳴を上げた。

果南と鞠莉の破天荒っぷりには10年前後の交友でだいぶ慣らされた様で、鞠莉自作の爆音ハードロックにご満悦の果南に同意しており、その果南と鞠莉が長話や読書が苦手と熟知している。


3話、ヘリ移動計画に目を輝かせるが頓挫。ラブライブ!予備予選の番号決め抽選引きを立候補した善子に、自分は運勢「超吉」だと立ちはだかる(この時梨子が千歌用にやった占いサイトをこっそり自分も試した)。善子が癖のせいで勝った事がないじゃんけんで勝ちに行くが、何故か負けてしまい潔く託す(敗因理由は津島善子記事で解説)。

予備予選本番、新曲『MY舞☆TONIGHT』のダブルセンターをルビィと担当。今回珍しくルビィがデザイン作成した衣装は和が基調で、ダイヤの衣装姿は千歌たちに綺麗だと感心される。特にルビィは「ずっとずっと思ってたんだ、お姉ちゃん絶対似合うのに、って」と呟くほどで、2期2話で明かされた「2年前の衣装担当がダイヤとルビィの2人だった」過去からダイヤはルビィを抱き寄せる。梨子の「良い妹さんですね」の声に力強く「自慢の妹」だと答えた。


4話はタイトル通りの主役回。

Aqoursが3話の活動で金欠だと明かされた日に、鞠莉と果南が後輩達に「鞠莉ちゃん」「果南ちゃん」と呼ばれ同い年の親友のような日常付き合いをする姿に驚愕。自分は今も「ダイヤさん」としか呼ばれないし親しいやり取りも特に増えていない。2人が羨ましくなり、資金稼ぎの為の全員参加アルバイトの間になんとかしてルビィ以外の後輩5人と距離を縮めようと奮闘。ついつい普段通りの生真面目で高圧的な態度が出るのを悔いた結果、次第に言動がものすごく唐突かつ支離滅裂になっていってしまい気味悪がられ、心配される。終盤に起こった騒動でのダイヤの立ち振舞いで、千歌達はダイヤとこれからどう接していきたいのかを決めてまっすぐ伝えた。


6話で果南が旧Aqoursのフォーメーションノートに記していた難しい振付を今のAqoursに取り入れるか悩んでいたので、ダイヤは珍しく鞠莉に同意。千歌に振付を託すのを勧め、地区予選突破へと繋げた。


8話の北海道地区予選観覧でSaint Snowが敗退、その帰りの函館観光中に思う所がある妹ルビィの表情に気付く。彼女はSaint Snowの鹿角姉妹のように、今回のラブライブ!が終わるとダイヤが引退して一緒に活動できなくなる事を恐れていた。ダイヤはそれに対して笑顔で、ルビィが成長してくれて嬉しい、満足していると答えるが、この時ひそかに拳を握り堪えている。

9話でルビィが突然、花丸&善子と3人で落ち込む鹿角理亞を慰めるためと言って数日間の函館滞在を決め二・三年生を沼津に帰したので、まさかルビィAqours脱退かとパニックに陥り飛行機内で叫ぶ。さらに彼女らは帰りを延長したため気が気でなかったが、最後に函館に呼び戻され、そこで用意されたサプライズに感極まる。

Awaken the power』ではメイン担当の一人になった。

ダイヤの日本舞踊を他人に指導できる技能は果南曰くスクールアイドルにも活かせるらしい。

G's版と違いルビィ好みの服を選べる特技を持つ。


10話で卒業後の進路を東京の大学に決めた(推薦で進学できたようである)。12話で東京の交通網に対する苦手意識は克服済みだとアピール。


11話の閉校祭ではルビィと一緒に『ラブライブ!クイズ』を経営し、クイズ出題を担当。ラブライブ!のμ's参加回に居た決戦出場グループの名を問い、間違える参加者達に存分に知識を披露していた。


12話のラブライブ!直前の自由時間には、前日お参りに行った神田明神に再び戻り、優勝祈願の絵馬を書いている。本人曰く、昔から自分が書いた願いは叶っている。

千歌にラブライブ!で勝ちたいかと問われると、浦の星全校生徒の想いを背負う者として、それよりも黒澤ダイヤとして歌いたい、心を込めて歌を届けるのがスクールアイドルの誇りだと回答した。



4話以降視聴者から「ダイヤちゃん」と呼ばれ始めた彼女だが、以後千歌達からどう呼ばれるようになったかは強調されて示されておらず、挙句7話でさりげなく「ダイヤさん」のままになったと判明する。……が、実はその後、とあるタイミングからしれっと「ダイヤちゃん」呼びに変更された。


アニメ作中のダイヤは、三年生内の熱い友情やルビィの優しさに触れて涙ぐむ事はあったが、目の前で仲間たちが泣いても、号泣するルビィ・鞠莉・果南に胸を貸しても、ダイヤだけは大きく涙を流す描写は一度も無かった。(幼少期除く)


小学生時で既に今の性格の大部分が出来上がっていたゆえ、児童達の前の檀上で喋る際は恥じらいが無く、果南と鞠莉もその姿は雲の上の存在のようと感じていた。仲良くなるまでは素が分からない子だったせいで、果南と鞠莉以外とは一緒にいる事のない人見知りだった。当時箱入り娘だった鞠莉を3人組で連れ回したので鞠莉の両親によく思われていなかった。3人は昔「誰が枕投げが強いか」で喧嘩した事があり今も火が付くと止まらない。

ダイヤがごまかす時にほくろを掻く癖を持つのは果南と鞠莉だけの秘密。

2期でも携帯電話は変わらずガラケーで、『スノー SNOW』的アプリで加工済のルビィの写真を保存している。この機器でSaint Snowの予備予選ライブの動画を閲覧。


ダイヤは1期6話と2期4話で一人舞を踊り、観た人を皆魅了していたが、後に「華やかさと存在感(をAqoursに与えていた)」と評される事になる。


劇場版についてですわ

3年生3人がイタリアへ卒業旅行に行ったため、オープニングを除けば鞠莉や果南と共に序盤の出番はない。新しいAqoursの活動が上手くいかない千歌達の現状を観た鹿角聖良からは、上述のようにダイヤの「華やかさと存在感」の大きさを評されている。


中盤でイタリアに千歌達も向かったため、接触を経て合流する。千歌達をイタリアに向かわせた、この騒動の原因である鞠莉の母からは「デスワー」呼ばわりされていた。合流の場に乗り込んで来た鞠莉の母がスクールアイドルを貶める発言をした際に、思わず反論しようとした千歌をダイヤが即座に制止し、感情的になってもこの場が収まらないという冷静かつ的確な判断を下している。


劇場版では卒業生3人は後輩の6人を見守る立場にあるが、特に妹のルビィが後半パートで活躍し、その姿を身近で見続けてきたダイヤはその傾向が強かった。ルビィの成長に感じ入るなど心を動かされているシーンが各所にある。


一方で、イタリアではホテルで同室のルビィの入浴後、ルビィの髪を拭こうするも制止され、ルビィが自分で拭くシーンがある。2人の様子から今まで妹の髪を拭いてやるのが習慣だった可能性が高く、姉妹を演じる小宮氏と降幡氏からは「さすがに甘やかしすぎ&甘えすぎでしょ」とトークの場で苦笑まじりにネタにされていた。


漫画版での性格ですって

性格やキャラ相関はG's版に基づいており、果南を呼び捨てにして、千歌から「ダイヤちゃん」と呼ばれている。

生徒会長を務め、日々の校内放送も担当。

黒澤家の子として家の仕事相手との交流も慣れた様子でこなす。


果南同様、スクールアイドルの事は存在も知らない。千歌の勧誘も「何それ」と関心なくあしらった。千歌からは昔から真面目な人という事で、まだスクールアイドル部の創部の可否を決定する立場の人物としか捉えられていない。

千歌達が妙な部活を創ろうとしてても、ルビィが何か隠れて準備中なのを見つけても、詮索しないで見送っている。


スクフェス版での性格ですわ

口調や性格はアニメ版寄りだがアイドルオタクではない。「ブッブー、ですわ」はメインストーリー20章以降少しずつ登場。


生真面目で何か目的を持てば脱線しにくい。無駄話やおやつの過剰摂取、不要な騒音や散らかりなどの不摂生と脱線とおふざけが許せず、メンバーの気が抜けていると一喝し意識改革を図る。Aqours全員での買い出しやキャンプでは引率の先生のように注意喚起ばかりしている。自分の意思でストイックになる事ができるため、試験勉強は悩んだことが無く勉強に不要な物は捨てるとまで言ってのけた。

一方、一度何かに熱が入ると止まらなくなる。変なタイミングで張り切る時があり、風邪予防運動や徹夜の練習の言いだしっぺになったことも。

抹茶味の菓子にだけは目が無く、抹茶チョコの試食コーナーで次々に大人買い。『第5回おさんぽラリー』ではメンバーに隠れてまで埼玉や大阪の抹茶スイーツ巡りを楽しんだ。学校の弁当の後の抹茶プリンを鞠莉の珈琲と一口交換したことも。

22章『ダイヤの愛しい日々』はこんなダイヤにスポットを当てた回。


AqoursではPCでライブイベントの連絡メールを送受信する役を担当。果南&鞠莉主体の3年生で練習の先導役もしている。急に練習の休みを3年生が言いだすのは珍しい。

Aqours主催イベントと聞いてサイン会を希望したり、スクールアイドルフェスティバルへの招待を受けて感激したり、地元の人へのライブ披露を楽しみにしたりと、Aqoursがスクールアイドルとして人気になるのを夢見ている。

最悪生命に関わりそうなメンバーの危ない挑戦は極力許さない。


生徒会の仕事で練習に合流するのが遅くなる日がある。生徒会長の書類整理の大変さを痛感しているので、同様の仕事量を抱える(のに要領が悪い)理事長を手伝いに行くことも。各学年の委員長や部活の部長との会議で使われる生徒会室は、家と同じく習慣的にすごく綺麗な片付け方をしている。

学校の皆や近所の人に喜んでもらえそうな校内ライブや行事イベントの案が出ると二つ返事で賛成する。バレンタイン・ホワイトデーだけは「学校への過度なお菓子の持ち込みは本来好ましくない」と厳しいが、本音を言うと「勉強に支障の無い範囲なら自分もみんなと楽しみたい」が立場のせいで口に出来ず、その都度果南が代弁してきっかけを作ってあげている。怪しい地図での宝探しや練習になりそうにないキャンプの実施は最初反対するが本番はちゃっかり楽しんでいる。流れ星への願いは「みなさんの健康」。


責任感が強いが、そのせいで引き受けた仕事は一人で抱え込んでしまいがち。おまけに他人の失敗は許せても、自分の失敗は許せないので、習得したい物のコツが掴めないとだんだん意固地になる。その事に誰かが気付くまで業務や努力を続け、疲れを溜めてしまう。

『第21回メドレーフェスティバル』のイベントストーリー『意地っ張りな優しさ』はこの面が強調された主役回。Aqoursの2名に依頼されたボディボード体験の撮影を、都合の悪い果南に代わってダイヤが渡辺曜の相方に立候補したは良いが、ダイヤはサーフィンに乗れた事が無く不得意な分野だった。


料理は得意。14章で海鮮丼、25章で抹茶ミルクかき氷を作り、オードブルや弁当はルビィと一緒に作ったりしてルビィの好物が多め。サマービーチ編では黒澤家のカレーは蜂蜜をお玉で入れる激甘カレーが伝統らしい。ハンバーグ嫌いの事は素直に認めていないが気まずい顔をしていた。ミンチ料理でも肉そぼろなら平気。

果南と曜の体力勝負についていける身体能力持ち。スタミナは普通。スケートが上手い。

徹夜経験が19章までに一、二度あった。工作も得意な方。



スクールアイドル歴はメインストーリーの中盤までと後期以降とで異なる。

1章では3年生までアイドルを知らずAqoursの活動も最初反対していたが、加入してすぐに意見を変えた。1章でμ'sを敵(ライバル)として映像で研究しようとしている。かなり早めにスクールアイドル好きになり、ルビィ並に知識を得た後、μ'sやA-RISEを参考にしているが、特別μ'sやアイドルが大好きにはなっていない。μ'sの夏合宿メニューは把握している。

2018年10月のイベントストーリー『鞠莉とダイヤの大掃除』よりダイヤの憧れから始まった果南&鞠莉との3人のAqoursをしていた設定に統合され始め、28章辺りからメインストーリーにも採用された。35章の東京観光でμ’sの聖地巡礼をして感無量。


ほくろを掻く癖はこの時空ではルビィに知られている。しかも(居合わせなかった善子以外の)後輩に暴露された。

ルビィをホーム台詞で「不肖の妹」と言っており、サイドストーリーではよく叱っているが、メインストーリーではルビィがアイデア出しやイベント準備と本番をしっかりこなすのでよく褒めており、彼女が困っていると大声で叫びながら助けに行き優しく支えている。

家では琴、華道、日本舞踊、茶道、長唄と端唄の稽古をしている。琴の練習は聞いてくれる人がいる方が力が入る。花見や月見イベントで披露している琴は、両親の持ち出し許可を得て持ってきている。


タイムトラベルは大正浪漫が希望だがタイムマシンの事故やタイムパラドックスが怖くて妄想出来ない。

動物編では興味を持ってヘビの飼育を体験。

結婚式では白無垢を着ると決めているとウェディング編で語っている。

カラオケは姉妹でよく行く以外に果南&鞠莉とも行くのでレパートリーが増えているらしい。

ブレーメン編では語尾に「にゃ~ん♪」と喋ってみているダイヤが居る。

9章1話とハロウィンPart2編で千歌の声真似をしている。


自室はスペシャルごほうびBOXの中身の内2018/5/20に追加されたAqoursメンバーのお部屋ホーム背景で初公開。完全な和室で、本を置いた文机の他は床の間と床脇を生け花や骨董で飾っているのみ。


スクスタ版ですわ

スクスタ』では、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の憧れ兼友達として登場する。


スクフェス版同様の生真面目なまとめ役。

生徒会長として中川菜々三船栞子の相談にも乗っている。

今作では同学年設定である絢瀬絵里を、最初本人にも悟られなかったくらい密かに推していたが、彼女を尊敬している大ファン。ルビィ達にバラされてからも生徒会長として表面上は落ち着いて接している。

スクールアイドルオタクの設定は無くなり、スクールアイドル知識や熱量はルビィが一人で持っている。


ドラマパート版での性格ですわ!

ドラマパートでは真面目で完璧主義者、常識人のまとめ役

……に見える、怒りっぽい性格の天然として描かれている。

メンバー公認の真面目で責任感が強くて準備が良い性分なのに、進行の都合で忘れ物をさせられている。恥や外聞のために噓、言い訳を言った回もあるが鞠莉によると普段は誤魔化さない性格との事。

「ダイヤ、ダイア、どっち?」とネタで聞かれた際は、意外にもスルーでネタを終わらせた。


初登場の『恋になりたいAQUARIUM』では納得のいかない事や鞠莉のジョークへのツッコミを常にキレながら行うキレ芸を披露。当時鞠莉に付けられたあだ名は硬度10、石炭、ペンギン、人でなし、ムチなど。

その後の作品からは徐々に性格が丸くなり、日常会話には普通に参加、少しふざけているメンバーには注意をして、相当常識外れな事をしだした者を大声で叱責する役になっている。その雰囲気に恐れを抱くのはルビィくらい。千歌や花丸や鞠莉達のボケにされるがままの巻き込まれ役も担当している。

高校生なので宝探しのような幼い行動は普段の精神状態だと恥ずかしくてできない。


回によってメンバーへの接し方が変わるのだが基本的に、計画性の無いルビィと千歌をほとんど信用しておらず、梨子のことは彼女なら山で遭難しないと思うほど信頼している。常識人の曜はそれなり。

ルビィの事は相当不甲斐ないと思っているが、ルビィが危機に瀕した時は全身全霊で護ると決めている。ルビィが他人に渡るのを嫌がるくらい溺愛しており、ルビィの生活面の不器用さが心配のあまり気に掛け過ぎた事も。ただし話の流れでルビィを突き放した回もある。他の子どもにも優しく接するお姉ちゃん気質。

ルビィの声真似ができる。クオリティ高。千歌に「吹雪の音」のモノマネを教えた。


常識はあるのに、他人の言う事を真に受けやすい性格。非常識な理論を何度も熱く説得されるとついに「自らの認識が間違っていた」と考えを改めてしまい、ノリノリで非常識な流れに沿って動いてしまう(なんとか抗った回もあるのだが)。花丸や善子らの言うことに乗せられて、SPや任侠、逮捕劇、若大将パロディ、野球漫画等を模した全力コントを始めてしまったことも。気が動転すると理屈がムチャクチャになる。


家は代々アジ漁師の網元だった家系の血筋。

自分は凡人じゃないと自信満々にアピールしている。お茶やお華に自信があり、和の空気は嫌いではない。だが運動神経は無い。


DJ DIA(DJダイヤ)

読んで字の如く、DJをする黒澤ダイヤ、DJ DIA

2021年2月28日、コロナ禍のため再々延期を余儀なくされたAZALEA 1stライブの代替イベントとして実施されたAZALEA歴代ライブ配信イベントにて、新規映像でサプライズ出演。

2021年11月15日・16日のAZALEA 2ndライブではライブの幕間として生出演した。


元々は演じる小宮有紗の個人活動の一つだったDJが、小宮他作品で担当したDJキャラを経て、なんの前触れもなくダイヤにまで影響を及ぼした結果である。


幻日のヨハネ

幻日のヨハネ』には、黒澤ダイヤによく似た主要人物ダイヤが登場する。

ヌマヅ行政局の執務長官。「ルビィ」という妖精族の末裔である妹と暮らす。実の姉妹と製作サイドで明言されている一方で、種族が違う理由は明かされていない。また、本編でも存在するかは不明だが親戚の少女(ほぼ同世代くらい)であるコハクが補佐官として登場している。


余談…ですわ…

最初期のダイヤは善子とともに2年生設定だったがすぐに3年生に変更された。もし2年生のままだとルビィとの年の差がたった8ヶ月半と現実ではありえない事になっていた。当時2年生だったメンバーは千歌・梨子・ダイヤ・善子。ぐ~りんぱが含まれている。


誕生日が元日の1月1日である関係上、ライバーたちは新年と同時に黒澤ダイヤの誕生日を祝い、その結果沼津が活発となり、店の関係者が「元日なのにダイヤの誕生日だから休めない」という現象が発生している。


小宮有紗氏は『特命戦隊ゴーバスターズ』にて、イエローバスター宇佐見ヨーコ)を演じていた。その為か、ラブライブ!サンシャイン!!でキャストが公開された際、Yahoo!のトレンドワードにイエローバスターも同時にトレンド入りするほどに話題となった。


そして、早速投稿されるという展開は誰が予想出来たのだろうか。

黒澤ダイヤ


さらに『ゴーバスターズ』から9年後の『機界戦隊ゼンカイジャー』においてダイヤワルドなる怪人が現れ、キカイノイド一同の口が固く(?)なって「ダイヤ」としか喋れなくなる被害にあうが、その際SNS上では彼らが「ダイヤ」と発言するたび、名前が同じなだけで本編とは無関係な当人の画像をアップさせる人が続出する事態に発展した。

キレるダイヤ(その2)

なお本編では、小宮氏が出演した『ゴーバスターズ』に関係する展開があった。


また、制作会社が同じアイドルアニメ同姓(あちらは新字体の「沢」ではあるものの)で誕生日も全く同じキャラが存在する。


ジャイアントロボ』の敵組織BF団には日本支局長としてブラックダイヤが在籍している。

また、タカラトミーが展開している『ダイアクロン』にちなんで名づけられたネーミング、『ダイヤ、黒ん』なる言葉も存在するとか。


関連イラストですわ

◆黒澤のダイヤさまバニーおねいちゃん青ジャン劇場版ダイヤちゃんセンシティブな作品寝てたらつんつんしてくる彼女卒業ですねダイヤちゃんno title


関連タグですわ!

ラブライブ!サンシャイン!! Aqours AZALEA  生徒会長

黒髪ロング ほくろ 美脚 黒澤姉妹 PKD お嬢様 深窓の令嬢

女性語を頻繫に使う女子一覧


絢瀬絵里優木せつ菜三船栞子葉月恋ラブライブ!シリーズ認められない系生徒会長繋がり。

関連記事

親記事

Aqours あくあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79664235

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました