ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

鹿角理亞

かづのりあ

『ラブライブ!サンシャイン!!』の登場キャラクター。Saint Snowのメンバー。
目次 [非表示]

「私は続けない!スクールアイドルは……Saint Snowはもう終わり!」


プロフィール編集

誕生日12月12日
星座射手座
血液型AB型
身長153cm
スリーサイズB79/W56/H81
趣味お菓子作り
特技バック転・スケート
好きな食べ物アップルパイ
嫌いな食べ物酢の物
CV佐藤日向
担当カラーピュアホワイト

人物像編集

Saint Snowツインテールの髪型で背が低くツリ目が特徴的。

スクフェスのプロフィールによれば1年生。

殆ど喋らず、と比べてどこか無愛想な雰囲気を醸し出している。聖良の事は「姉様」と呼ぶなど聖良のことを強く慕っている。

喋る時も物凄く小声、早口。(例:「東京スクールアイドルワールド」の舞台裏でAqoursの6人とすれ違う際に、名乗った時など)

ただ、Dazzling_White_TownのPVでは、家で姉と2人の時は快活に話しており、Aqoursメンバー(特にルビィ)と打ち解けた後は、何かで相手と張り合っている時でなければ普通のトーンで喋っていたため、こちらが素なのだろう。


また、同じく『Dazzling White Town』のPVではアーケードゲームの景品のぬいぐるみを欲しがっており、可愛い物好きでもあるのかもしれない(嫌いな酢の物から逃げるためでもあるが)。


姉とは異なり、ネタ扱いされることはあまりないが、酢の物が苦手で、姉からしつこく食べるように言われても必死で避ける。自室での呟きから、酢の物以外にもきゅうりとわかめも少なくとも好きではない模様(『Dazzling White Town』PV中に出てきたのはタコときゅうりとわかめを和えたものだった。)。


千歌達の目の前でバク転からのムーンサルトを華麗に決めるほど運動神経が高く、早速ネタイラストが描かれた。

入賞を逃した事に対する悔し涙を流しながらも「ラブライブ!は遊びじゃない!」と0票だった千歌達に現実の厳しさを突きつけた。その後12話で姉と共に再登場。聖良の言った『勝って追いついてA-RISEμ'sと同じ景色を見る』という考えに対して千歌の『ラブライブ!に勝ちたいですか?』という質問に対して眉を顰めて『姉様、この子バカ?』と発するなどやはりここでも姉に比べると少しばかり棘のある言動が目立つ。


なんだかんだでAqours(特に千歌)と仲が良い姉と比べると第1期の時点では出番は少なく、Aqoursに対しても友好的な印象は少ない。

2期6話中に登場したラブライブ!全国大会出場が有力視されているスクールアイドルを紹介しているサイトによると、Aqoursが予選落ちした前大会では全国大会で8位入賞しており、1年生である(開催時期的に入学してから半年にも満たない)彼女の活動期間を考えると非常に優秀であるとしか言いようがない。

しかし、姉が3年生で自身が1年生であるため、スクールアイドルとして姉妹で活動できるのがたった1年間しかないことを考えれば、1期8話での「ラブライブ!は遊びじゃない!」と涙ながらに言ったあの言葉も、彼女が必死に、一生懸命だからなのだろうとわかる。


そんな理亞にスポットライトが当たることになった2期8話ではその必死さと経験の少なさが仇となり、緊張を抑えきれずに本番に臨むこととなり、結果パフォーマンス中に姉と接触して転倒。そのショックからすぐに立ち上がっての再開などといった挽回をすることもできずにSaint Snowの予選敗退という最悪の結果を招いてしまうこととなる。

意気消沈しながらもその結果を受け入れている様子の姉と違って、自分のせいで姉と参加できる最後のラブライブ!を台無しにしたことによるショックで自室で泣いていたものの、そこを偶然実家である喫茶店に訪れていた黒澤ルビィに見られてしまう(本番前の理亜に対し、ルビィだけは違和感を覚えた様子をみせていた)。

その後は同じように姉を慕う妹同士ルビィに説得され、姉のために歌を贈ろうと決意し、笑顔を取り戻した。

なお、Aqoursについて調べたことがあるらしく、ルビィに姉がいることは知っていた。


2期9話ではルビィの呼びかけに応じた国木田花丸津島善子と共に姉へ贈るため、自分達だけでもできるところを見せるために曲作りを始めた。

前話ではAqoursについて調べたと言っていたものの、花丸が「ずら」「オラ」と言ってしまうことは知らなかった模様。このとき、ルビィ以外のふたりも参加することには最初は難色を示したものの、ふたりが自分のようにどちらかというと内気なタイプだということを知って受け入れたようで、3人がAqoursの他6人と別れて、曲作りのために函館に残ることになった際、3人が自分の部屋で寝泊まりすることに喜びながら部屋の清掃をしていた。もはやこの時点でAqoursの1年生トリオとは完全に友達になっていると言っても過言ではない。

後に曲が完成し、曲発表のためにイベントに参加することが決定した後、クラスメイトと偶然再会。以前からクラスメイトからは仲良くなりたがられていたようだが、理亞自身は人見知りなようで、打ち解けることができずに寧ろ嫌われていると思っていた。しかしルビィの機転によりクラスメイトとも打ち解けることができた模様。

イベントでは自身らの姉を呼んで、Aqoursの残りのメンバー全員と姉も加えて「Saint Aqours Snow」を結成して11人でパフォーマンスを行った。

……姉に贈る歌を考えていたんじゃないのか?とか3年生がいなくても大丈夫なところを見せようとしていたんじゃないのか?とかは言ってはいけない。

よく見てみると、作詞が完成した時点で部屋に衣装が一緒に踊るメンバーの分が完成した状態でハンガーにかけてあり、はじめから11人で踊るための曲を作っていたのだとわかる。

すなわち姉に妹が、理亞にとっては自分のせいで失敗してしまったそれをSaint Snowの最後にしないための、イベントで一緒に歌って踊る曲を作り、贈っていたのだから。


その後、聖良に対し「Saint Snowは姉様との思い出だから」という理由で敢えて続けないことを打ち明ける。そして姉やみんなにも喜んでもらえる新しいスクールアイドルグループを作ることを決意した。


長らくAqoursの面々に対してあまり友好的な様子が見られなかった理亞もルビィ・花丸・善子との交流を経てようやくAqoursと打ち解けることができたのだった。


その後、沼津を姉と共に訪れ、Aqoursの特訓に協力したり、決勝大会の応援に赴いたりもしている。特にルビィとは頻繁に言葉を交わし仲のよい様子をみせていた。


劇場版では千歌の招きで春休みに再び姉妹で沼津を訪れるも、新しいスクールアイドルグループの結成が上手くいかず、スランプに陥っていた(この時もいち早くルビィが理亞の様子がおかしいことに気付いている)。Saint Snowでの後悔からくる焦りがその原因だったが(回想の形で2期では省略された地区大会敗退直後の姉妹の悲痛な姿も描かれる)、姉やルビィはじめとするAqoursの助けもあり、理亞へのサプライズで行われた「決勝延長戦」を経て、Saint Snowの活動をやり尽くした実感を得て再出発を誓う。

エンディングで新グループ結成への活動をする理亞が、少女から声をかけられ顔を緩ませる様子が描かれ、新たなスクールアイドル活動が軌道に乗り始めた事が示唆された。


幻日のヨハネ編集

事前に中の人が出演しないことを言及していた。なお、アニメ(1期)最終話にて、この世界の彼女らしき人物(リア?)が登場。今後の展開によってはストーリーに大きく絡んでくる可能性もある。

ドラマパート版編集


ドラマパートでは、基のクールなツンデレキャラがまさかの消失。

妙に語彙が少なくて単語でポツポツ喋る、超ワガママな妹になった。そのせいで姉妹喧嘩ばかりしているが、ルビィにはアニメ以上に懐いている。


『Awaken the power』CDでは、最初はツッコミだったのに千歌たちに乗せられたせいでシーラカンスの着ぐるみを着せられたルビィを函館に連れ帰ろうとした。


『Believe Again』CDでは、イカになった。2月半ばの沼津で白Tシャツ短パンのジャミラスタイル。


『Dazzling White Town』CDでは、姉妹で嫌いな食べ物を押し付け合ったり、「スタルヒン」になったりと今回もやりたい放題。


関連タグ編集

ラブライブ!サンシャイン!!

Saint Snow 鹿角聖良

SELF CONTROL!!

沼津最初のイカ


ツンデレ

支倉かさね:誕生日が一緒のモブキャラ


星見純那ブシロードによるメディアミックスに登場する中の人が同じキャラクター。紫髪で、アニメではピリピリした雰囲気である点などが共通している。

暁山瑞希別会社の音ゲーに登場するキャラクターで、中の人繋がり。理亞と同じく黒の衣装を身に纏っている点が共通する。

関連記事

親記事

Saint_Snow せいんとすのー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7036957

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました