ピクシブ百科事典

A-RISE

あらいず

A-RISEとは、『ラブライブ!』に登場するスクールアイドルユニット。
目次[非表示]

概要

ラブライブ!』においてライバルの位置にある。秋葉原UTX学園(高校)の看板アイドルユニット。アニメ版・漫画版に登場。
スクールアイドルの中ではかなりの人気を誇り、にこはライバル視している(でもやっぱり大ファン)。
UTXのパンフレットに載っており、学校側が生徒集めの一環として公認しているものと思われる。
実際に高坂雪穂をはじめとした多くの中学生がUTXを志望しており、音ノ木坂女学院の生徒もUTXをうらやむほどであり、その影響力はかなり大きいようだ。

メンバー

綺羅ツバサ(きら つばさ)
CV.桜川めぐ
センターポジション。ショートヘアのデコ出しルックで活動的な感じの女の子。座ると脚を組む姿が魅力的。
メンバーの中では若干背が低く、実は穂乃果以上に小柄。
分からない人には伊原摩耶花っぽい子と言えば説明しやすい。

統堂英玲奈(とうどう えれな)
CV.松永真穂
長い黒髪と切れ長の目を持ちクールな雰囲気を漂わせる女の子。口数は少ないが姉御口調でしゃべる。
左目に泣きぼくろがある。
先述したように漫画版では一言だが穂乃果と言葉を交わしている。

優木あんじゅ(ゆうき あんじゅ)
CV.大橋歩夕
ゆるいパーマががったセミロングヘアのお嬢様風な女の子。髪をいじったりツバサ同様に度々脚を組み変える癖がある。
歌声も甘々な感じ。完全にフルハウスは彼女の代名詞である。

持ち歌

  • Private Wars』(TVシリーズ第1期&第2期第1話挿入歌)
  • Shocking Party』(TVシリーズ第2期第3話挿入歌)


劇中での扱い・活躍

初登場は漫画版だが、テレビアニメ版にも登場し、2期にて本格登場した。
それまでその人柄や真の実力が謎のヴェールに包まれていたA-RISEであったが、劇中で描写された溢れ出るカリスマは、多くのラブライバーを圧倒。これまでほぼμ's一筋だったラブライバーのなかに新分派「アライザー」を生むというセンセーションを起こしたのであった。

グループ名の由来はおそらく「ASCII MEDIAWORKS(アスキー・メディアワークス)」と「SUNRISE(サンライズ)」。
スペルそのままの「arise」という英単語もあるにはあるが、これは「何か悪い事(事故・問題・危機など)が起こる」という意味なので『ラブライブ!』のグループ名としてはふさわしくないと考えるファンもいる。
ギリシャ文字の「μ」から始まるμ'sにかけて、ギリシャ文字の最初の文字である「Α(アルファ)」を採用したと考えることもできる(A-RISEのAがローマ字か否かは説明されていない)。

アニメ版

μ's内でもアイドル好きの花陽はもちろん大ファン。

第1期第1話では、UTXのモニター上で歌とダンスを一部披露した。
この映像が穂乃果に衝撃を与え、「スクールアイドル」という存在を知り、目指すきっかけになった。
スクールアイドルの頂点を目指す大会イベント「ラブライブ!」第1回の優勝グループ。
アニメ1期では穂乃果達との接点は一切なく、動画サイトや秋葉原UTXの大型モニターを通しての穂乃果達の憧れであり、スクールアイドルにおける高い壁でしかなかった。ただ、最終話では「START:DASH!!」の動画を見ていたシーンがあったためμ'sを色々と気にかけていたのではないかと視聴者の間では予測されていた。

アニメ2期では3話で何と彼女達側から穂乃果達を誘うというイベントが勃発。μ'sのメンバーからは相変わらずの実力派であり強敵という認識だったが、逆に彼女達の方もメンバー9人全員の情報を事前に収集しているほどμ'sを実力者ぞろいの強敵と認識していた。やはりμ'sが気になっていたようである。
強敵と認識しているからこそ対等の立場で戦いたいという思いも強かったらしく、丁度第2回「ラブライブ!」の予選ステージ探しに迷っていた彼女達にUTX屋上の特設ステージを貸し出したのだった。

そして始まった「ラブライブ!」の地区予選。彼女たちA-RISEは新曲「Shocking Party」を引っ提げ、μ'sに先駆けてパフォーマンスを披露。ディフェンディング・チャンピオンの名に恥じない卓越した実力を見せつける。

その後、要所要所でμ'sと交流したが、関東予選決勝でμ'sに敗北する。

劇場版では、海外遠征を通じて、活動継続を求められて思い悩む高坂穂乃果を励ます。
そのシチュエーションが、夜に電話で呼び出し、リムジンで首都高を走りながら持ち歌(Shocking party)を流しつつ、というものであった。
その中で、高校卒業後はプロとして活動を継続していくこと、すでに芸能プロダクションからオファーが来ていることを明かす。
その後、μ'sが発案した、全国のスクールアイドルを集めてのイベントに最初に賛同し、運営に携わる。

世界観を共有するテレビアニメ版『サンシャイン!!』では、初代優勝グループとしてμ'sに並ぶ伝説的存在として名高く、Saint snowにとっては憧れ。
しかし、プロとして活動継続しているはずが、特にその描写はないので、もしかしたら解散してるかもしれない。

漫画版

漫画版では第1話から存在が確認されており、メンバーの一人である統堂英玲奈が夏服姿で登場している。エリート校に通っている事を鼻にかけないしっかり者。

「ラブライブ!」がUTX主催の大会という設定であるため、ポスターなどで起用されている。
そして、UTX生徒会長の策略により、「ラブライブ!」前にμ'sと対決することになる。
これまでに新曲対決、パンフレット配布対決を終えているが、この時点でA-RISEとμ'sは一度も顔を合わせていない(第1話時点で、穂乃果はスクールアイドルではなかったため)。

ナンバー1スクールアイドルとして常に努力を怠らず、アニメ版と違い練習風景も良く描写される。
μ'sに対しては、まだ直接目にしておらず、「ラブライブ!」予選前段階のランキングも低いため、なぜ生徒会長がこだわっているのか理解できない。

SID

矢澤にこがUTXを知ったきっかけが、UTXの劇場でアイドル=A-RISEを見たことであり、そしてUTXへの入学を希望していたとされている。
即ち、にこが中学3年生のときにはUTXおよびA-RISEが存在したということが推測できる。

スクフェス

2015年6月30日のアップデートからついに本格的に介入。
通常配信曲に「Private_Wars」が追加される。μ'sメンバー以外の楽曲がライブ曲に加わるのはこれが初めてである。

A-RISE


メインストーリーにも夏服姿で登場し、μ'sとプールでの合同イベントへの参加ということでまさかの水着姿まで披露している。プール競技では戦力が3人VS9人という圧倒的不利にも関わらずμ'sを完膚なきまでにボコボコにして圧勝した。
(スタッフもA-RISEも)本気出し過ぎである…

その後、Shocking partyもプレイ可能楽曲に追加された。

スクスタ

Saint snowともども、登場はしないものの、言及はされている。
もし登場すれば、μ'sの3年生はもちろん、松浦果南黒澤ダイヤ小原鞠莉Aqoursの3年生、鹿角聖良と同学年ということになる。


声優の活動について

続編の同じポジションであるSaint_Snowと異なり、ライブイベントなど声優ユニットとしての活動は一度も行われていない。
さらに英玲奈役である松永真穂は、芸能活動が二転三転しており安定して活動できる見込みがない。
(2016年5月に事務所を退所し声優業から離れると発表
→2017年12月に自分からは声優引退と言っていないと発言
→2018年12月に一切の芸能活動をやめる事を宣言
→2019年11月にアニソンバー「アペル」で活動する事を発表
また、あんじゅ役の大橋歩夕が2018年6月に結婚・出産を報告したため、体力面や時間面で都合がつきにくくなる事が予想される。
以上の事から、A-RISEキャストとしての活動は今後も難しいだろう。

ちなみに、松永の声優引退の発表がμ'sのファイナルライブから一ヶ月後と間もないタイミングだったのもあって、にこの自宅ビルの取り壊しと共に「ラブライブ!(無印)という物語の終わり」を再認識し悲しんだラブライバーは少なくなかった。

関連イラスト

アライズヨ
Private Wars


アライズさん
Private WarsからShocking Partyまで。



関連動画

『Private Wars』(アニメ登場シーン)


※Full ver.は TVアニメ ラブライブ! オリジナルサウンドトラック『Notes of School idol days』 に収録

『Shocking Party』



関連タグ

ラブライブ! スクールアイドル 
UTX学園 μ's ライバル
Perfume

関連記事

親記事

UTX学園 ゆーてぃーえっくすがくえん

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「A-RISE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7733750

コメント