ピクシブ百科事典

ラブライブ!

らぶらいぶ

「ラブライブ!」とは、KADOKAWA、バンダイナムコグループによるメディアミックス企画であり、ラブライブ!シリーズの1作品である。また、シリーズ劇中で開催されるスクールアイドルの全国大会の総称という意味合いも兼ねている。
目次[非表示]

広義では、「ラブライブ!サンシャイン!!」以降の後続作品を含めたシリーズ全体を指す。
本記事ではμ'sを主役とする、2010年から始まった作品について述べる。シリーズ全体についてはラブライブ!シリーズを参照。

概要

2010年6月末から、アスキー・メディアワークス(現・KADOKAWA)が発行する雑誌『電撃G's magazine』で連載されるコラムと、バンダイナムコ傘下のランティス(現バンダイナムコアーツ)より発売されるCD(歌とドラマパートがある)、そして同傘下のサンライズ製作によるプロモーションビデオによって展開されている。
『G's』2011年12月号のプレビュー版から鴇田アルミによるコミカライズが連載、2013年1月から3月と2014年4月から6月までテレビアニメ版が放送され、2015年6月より劇場版が公開された。
主人公グループ・μ'sを演じる声優陣による音楽活動は2016年4月のファイナルライブを機に縮小したものの、作品・キャラクターとしての展開は依然継続中。

ストーリーとしては、学校の部活動として活動するアイドルスクールアイドル」となった主人公たちが、廃校の危機に瀕する伝統校を救うために、アイドル活動に奮闘する学園青春部活動もの。
活動内容はアイドルであるものの、一般的なアイドルもので描かれるような芸能界のお約束(ライブイベントの開催、CDの売り上げ、テレビ番組への出演、自事務所の方針との確執、ライバルグループや他の芸能人とのバトル)や、アイドルものに付き物であるファンとのやり取りはほとんど描かれず、グループの中で起こる出来事が中心となっている。

劇中で「ラブライブ!」という単語は、スクールアイドルの全国大会の名称として使用されている。大会の内容は、メディア・作品ごとに異なるため、ラブライブ!(大会)を参照。

本作のファンのことをラブライバーと呼ぶ。
初期は「ラブライ部員」と呼ばれていたが、現在はこちらで統一されている。

なお、『ラブライブ!サンシャイン!!』等の後に派生した企画については、各記事かラブライブ!シリーズを参照。


登場人物

μ's

この企画の主人公である音ノ木坂学院に通う生徒9人によって結成されたスクールアイドルグループ。
グループ名は『電撃G's magazine』誌上でファン投票によって決定した。
詳しくは該当項目を参照。

μ's2年生ズ


2年

高坂穂乃果 (2年 / CV:新田恵海)
園田海未 (2年 / CV:三森すずこ)
南ことり (2年 / CV:内田彩)
ことほのうみ

にこにこにこ


3年

絢瀬絵里 (3年 / CV:南條愛乃)
東條希 (3年 / CV:楠田亜衣奈)
矢澤にこ (3年 / CV:徳井青空)
にこのぞえり

花陽誕生日おめでとおおおおおおおおおおおう


1年

小泉花陽 (1年 / CV:久保ユリカ)
星空凛 (1年 / CV:飯田里穂)
西木野真姫 (1年 / CV:Pile)
まきりんぱな

メインキャラクターの呼称表(アニメ版準拠)

が\にほのかことりうみりんはなよまきにこのぞみえり
ほのかわたしことりちゃんうみちゃんりんちゃんはなよちゃんまきちゃんにこちゃんのぞみちゃんえりちゃん
ことりほのかちゃんわたしうみちゃんりんちゃんはなよちゃんまきちゃんにこちゃんのぞみちゃんえりちゃん
うみほのかことりわたしりんはなよまきにこのぞみえり
りんほのかちゃんことりちゃんうみちゃんりんかよちんまきちゃんにこちゃんのぞみちゃんえりちゃん
はなよほのかちゃんことりちゃんうみちゃんりんちゃんわたしまきちゃんにこちゃんのぞみちゃんえりちゃん
まきほのかことりうみりんはなよわたしにこちゃんのぞみエリー
にこほのかことりうみりんはなよまきにこのぞみエリー
のぞみほのかちゃんことりちゃんうみちゃんりんちゃんはなよちゃんまきちゃんにこっちウチえりち
えりほのかことりうみりんはなよまきにこのぞみわたし


※初期設定では希は2年生であったが、『電撃G's magazine』2011年9月号から3年生と表記されるようになった(各学年を3人ずつにするためと考えられる)

その他
※記事のある人物のみ記す。

しすた~ず


高坂雪穂 (CV:東山奈央)
絢瀬亜里沙 (CV:佐倉綾音)

穂乃果ママ


穂乃果の母 (CV:浅野真澄

ことりママン


ことりの母 (CV:日高のり子)

真姫ママ


真姫の母 (CV:井上喜久子)

にこママ


にこの母 (CV:三石琴乃)

ともだち


ヒフミトリオ

アライズ


※スクールアイドルユニット
A-RISE

紅き眼の一族


矢澤こころ/矢澤ここあ/矢澤虎太郎(CV:徳井青空)

C87新刊 穂乃果の親父合同誌


穂乃果父

母親キャラ(ママライブ!)、妹キャラ(妹's)、男性キャラ(ラブライブ!男性キャラ)の各一括記事も参照。

楽曲

詳しくはμ'sおよびラブライブ!オリジナル曲一覧を参照。

原作(誌上連載)

イラストストーリー

『G's』2010年8月号より展開。
雑誌の1P、または見開き2Pを用いた1枚のイラストに原稿用紙1枚分前後の小説を重ね合わせた、絵本のような読み物。
『G's』の読者参加企画では、一般的に行われてきた形式である。
原則、長編ではなく、μ'sの活動を断片的に描く短編で、一つの話が月をまたいで続くことはない。キャラクター同士の掛け合いや、独白、アイドルものらしくインタビュー風のものなど、内容は様々。
連載当初は左綴じだったため横書きであったが、2014年のリニューアルで右綴じになったため、縦書きに変わった。
書籍「History of LoveLive!」シリーズで、内容を確認することができる。

誌上ゲーム(投票企画)

2010年9月号より展開。
次に発表される新曲のセンターを決める総選挙や、ユニットの組み合わせや名前を決める公募・投票企画などがある。
μ'sPrintempsBiBilily whiteなどのユニット名は、こういった企画を通じて決定した。
本作のテーマが「みんなで叶える物語」となっている所以である。
こちらも書籍「History of LoveLive!」シリーズで、内容を確認することができる。

漫画

ラブライブ!

作画は鴇田アルミ
電撃G's magazine2011年12月号のプレビュー版から連載を開始し、2012年1月号から2014年5月号まで掲載された後、掲載誌を電撃G'sコミックに移していたが、Vol.10(2015年3月号)での掲載を最後に編集部都合による休載が続いていた。しかしG'sコミック2015年11月号で掲載誌をG's本誌に戻して連載を再開する事が告知された。(G'sコミックは後に紙媒体からウェブ媒体に移行した)
単行本は5巻までが発売されている。

キャラクターの性格は、テレビアニメ化前の『G's』やボイスドラマの設定にプラスアルファされた形がほとんど。
一方で、真姫がオトノキに入学した理由など、経緯については変更されている。
「ラブライブ!」が大会であること、ことりの母がオトノキの理事長であること、絵里が生徒会長であること、A-RISEの存在などの設定は、この漫画版が初出となった。
後に展開したアニメ版との違いは数え上げればキリがないが、ストーリー上の大きな違いは、以下のものが挙げられる。

  • 「ラブライブ!」がUTX学院主催の大会であり、副賞がUTXへの編入権(学費は無償)。
  • 穂乃果と海未が元・剣道部員で、穂乃果は剣道部の実績が廃校撤回のきっかけになると思ったが失敗し、スクールアイドルに転向した。
  • 1stライブ時のメンバーは穂乃果・ことり・凛・花陽。ステージは学校近くの公園で、観客は通りすがりの一般人たち。披露した曲はオリジナル曲ではなく、A-RISEの曲。

ストーリーの方向性としては、メンバー間の関係性の変化を重視し、いさかいやすれ違いが描かれたテレビアニメ版に対し、「廃校阻止」という初期からの目的に合わせて、社会的な評価を得るために結束する形になっている。
そのため、メンバー集めに少なからずトラブルがあったアニメ版と違い、漫画版はすんなりと行っている(唯一、生徒会長職で忙しい絵里は加入に時間がかかったが、絵里個人としては穂乃果たちの活動を応援していた)。
また、スクールアイドル活動の社会的な評価については、誰にも見られなかった1stライブを除き、当初から高評価を受けていたテレビアニメ版に対し、漫画版では、1stライブでは一般人に嘲笑され、UTXの生徒会長からは「廃校になるのに文化祭とかやるの?」とバカにされ、PVをアップロードしても再生数が全然伸びないなど、徹底して苦境が描かれている。

ラブライブ!School idol diary

作画はおだまさる。電撃G'sコミック創刊号より連載。
School idol diaryのコミカライズだが、一部キャラクターの容姿や性格、口調をテレビアニメ版に合わせて改変している。
単行本は4巻まで発売中。

ラブライブ!School idol diary セカンドシーズン

作画は柴崎しょうじ
SIDの10巻以降のコミカライズ。
単行本は5巻まで発売中。

ラブライブ!School idol diary Special edition

作画は、たかみ裕紀。ラブライブ!デイズVol.1より連載。
『G's』誌上で連載されたSID Special editonのコミカライズ。
単行本は3巻まで発売中。


School idol diary

原作者・公野櫻子による小説シリーズ。
μ'sによる部活動日誌という体を取っており、毎巻7話程度の短編が収録されている。
詳しくはSchool idol diaryを参照。

テレビアニメ・劇場版

記事の数が膨大になりすぎたためラブライブ!(アニメ)および劇場版ラブライブ!を参照。

ゲーム

これまで発売・配信されたものは以外の通りである。

PSVita

PS4

  • ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~ わいわい!Home Meeting!!

アーケード

※2021年10月1日(金)に稼働終了。

ソーシャルゲーム

※2019年5月31日正午にサービス終了。

PS3

  • 神様と運命革命のパラドクス:『ラブライブ!』のゲームではないが、キャラクターとしてのμ'sが声優として参加している(という設定)。続編の「神様と運命覚醒のクロステーゼ」にも一部メンバーが再出演している。


課外活動・ラジオ

キャラクターによる『G's』誌面の読者投稿コーナー(ファンページ)と、声優によるウェブラジオおよびインターネット生放送番組。

『ラブライ部 G's課外活動 ~のぞまきえり~』

『電撃G's magazine』誌上のファンページ。東條希西木野真姫絢瀬絵里が担当する。

ユーザーから投稿された文字ネタやイラストを掲載する。
各投稿内容には、上記の3人以外のμ'sメンバーのコメントも寄せられる。
主要コーナー

グッズ開発室『ラブライブ!』にまつわるグッズのアイデアを投稿。
ギャラリー『ラブライブ!』を題材にしたイラストを投稿。
μ's一問一答『投稿された質問にμ'sメンバーが答える。
あの娘をプッシュ!特定のμ'sメンバーに対するメッセージを投稿。
愛活日誌『ラブライブ!』のために行なったファン活動報告を投稿。

『ラブライ部 ニコ生課外活動~ことほのまき~』

旧『ラブライ部 ニコ生課外活動~ことほのうみ~』。
ニコニコ生放送で月に一度生放送を行う(月末の放送が主)。
レギュラーは新田恵海(高坂穂乃果役)、内田彩(南ことり役)、三森すずこ(園田海未役)であったが、第8回(2012年4月23日放送)をもって、三森すずこが番組を卒業し、新たにPile(西木野真姫役)がレギュラーとなり、『~ことほのまき~』にリニューアルした。

ゲストが来ると、大体ゲストが罰ゲームを受けることからゲストに優しくない番組として有名。

主要コーナー

自己紹介ゲストがいる場合、キャラクターになりきって自己紹介をする。
演技のお時間お題に沿って自分が担当するキャラクターが言いそうな台詞を回答する。判定が○になれば1ポイントもらえる。
お絵かきのお時間お題に合わせて絵を描く。具体的なキャラクターなどを出される場合が多い。視聴者投票によって順位が決定する。1位は3ポイント、2位は2ポイント、3位は1ポイントもらえる。
告知『ラブライブ!』の情報を告知する。
罰ゲーム演技のお時間、お絵かきのお時間において最下位だった人が、番組終了後に罰ゲームを行う。

ゲスト
#2 Pile (西木野真姫役)
#3 楠田亜衣奈 (東條希役)
#4 徳井青空 (矢澤にこ役)
#6 久保ユリカ (小泉花陽役)
(以上、『ことほのうみ』。以下、『ことほのまき』)
#10 南條愛乃 (絢瀬絵里役)
#14 飯田里穂 (星空凛役)、楠田亜衣奈(東條希役)
#16 楠田亜衣奈 (東條希役)

ラブライ部 ラジオ課外活動~にこりんぱな~

にこりんぱな!


毎月15日に配信されるネットラジオ。
レギュラーは徳井青空(矢澤にこ役)、飯田里穂(星空凛役)、久保ユリカ(小泉花陽役)

にこりんぱなテーマソングDJCD『Listen to my heart!!/after school NAVIGATORS

主要コーナー

ラブライ部員活動報告いわゆるふつおたコーナー。
音ノ木坂学園演劇部 in RADIO(演劇のお時間)お題に沿って萌えな台詞を考えて演技するコーナー。判定が○なら1ポイント獲得。
新ユニットを考えまSHOW!ラブライ部員がメンバーのユニットを作り、隠されたテーマをパーソナリティが当てるコーナー。

のぞえりRadioGarden

文化放送およびニコニコ動画で2014年1月から2015年9月まで毎週土曜24時30分から放送されていたラジオ番組。パーソナリティは東條希役の楠田亜衣奈絢瀬絵里役の南條愛乃のぞえりコンビ。

ちなみに番組内やイベントでじゃんけんをする際には「最初はラブ!」から始める(『ことほのうみ』第1回のときに「最初はエル!」と言っていたことから、たまに間違えるキャストもいる)。


関連タグ

カテゴリ音楽 / 漫画 / アニメ / ゲーム / アニメ映画
ジャンルアイドル アイドルアニメ
シリーズラブライブ!シリーズ ラブライブ!サンシャイン!! ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 ラブライブ!スーパースター!! バーチャルスクールアイドル
表記揺れラブライブ / ラブライブ!(全角の!のためタグとして機能しない)
制作電撃G'sマガジン / サンライズ
評価タグ(イラスト)ラブライブ!100users入りラブライブ!500users入りラブライブ!1000users入りラブライブ!5000users入りラブライブ!10000users入りラブライブ!30000users入り
評価タグ(小説)ラブライブ!小説50users入りラブライブ!小説100users入りラブライブ!小説300users入りラブライブ!小説500users入り
カップリングラブライブ!のカップリングタグ一覧 / Aqours×μ'sのカップリングタグ一覧
ユニットμ's / Printemps / BiBi / lily_white / にこりんぱな / A-RISE
サブキャラ一括ママライブ! / 妹's / ラブライブ!男性キャラ / ヒフミトリオ
楽曲ラブライブ!オリジナル曲一覧
衣装(楽曲用衣装以外)音ノ木坂制服 / μ'sの練習着 / 星座コス / カフェメイド / ことり式雪だるま / サマーガールエリーチカ
ラジオのぞえりRadioGarden/ ラブライブ!シリーズのオールナイトニッポンGOLD / 今日は一日ラブライブ!三昧
ゲームスクールアイドルフェスティバル / スクフェスALL_STARS / ぷちぐるラブライブ! / スクールアイドルパラダイス(CSゲーム) / スクフェスAC(アーケード)
ライブラブライブ!シリーズのライブイベント一覧
メディアミックスラブライブ!センター争奪総選挙 / School_idol_diary(日記型ライトノベル) / 劇場版ラブライブ! / ラブライブ!サンシャイン!!
用語ラブライバー(ラブライブ!ファンの呼び名) / スクールアイドル(劇中で活動する学生によるアイドルの総称)
名言名言(ラブライブ!)
コラボラブライブ!のコラボタグ一覧を参照のこと
二次創作関連ほのキチ / ロリライブ! / 30ライブ! / デブライブ! / ラブライス! / 旅ライブ!
記念日(誕生日除く)恵方真姫豆真姫(2月4日) / にこの日(2月5日) / 海未の日(7月第三月曜日)
場所国立音ノ木坂学院 / アイドル研究部 / UTX学園 / 矢澤邸
その他2013年冬アニメ 2014年春アニメ アイカツ!(制作会社繋がりかつ劇中で、『アイドル活動』の事を『アイカツ』と略している点で繋がりがある。) / ガンダムビルドファイターズ(こちらも制作会社が同じため、劇中でパロディがあった。) / SUPERGT(2014年シーズンにてGT300クラスで『国立音ノ木坂学院 NAC ポルシェ with DR』、2015年シーズンにて同じくGT300クラスで『PACIFIC マクラーレン with μ's』(マクラーレン MP4-12C)として参戦していた) / D1グランプリ(D1ドライバー 野村謙が2014年シーズンにてラブライブ!仕様の86で参戦、2015年シーズンはラブライブ!仕様の(日産車の)ER34(しかもトヨタのエンジンである2JZ-GTEを搭載)で参戦) / ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ


関連動画



外部リンク

ラブライブ!TVシリーズ Official Web Site /> ラブライブ!『電撃G's magazine』公式サイト (現在はシリーズのポータルサイトにリダイレクトされている)
ラブライブ!公式 Twitter /> ラブライブ!Webラジオ「ラブライ部 ラジオ課外活動 ~にこりんぱな~」
僕らのラブライブ! (ラブライブ!シリーズ 同人オンリーイベント運営サイト)

関連記事

親記事

ラブライブ!シリーズ らぶらいぶしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ラブライブ!」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ラブライブ!」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1161373353

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました