ピクシブ百科事典

ママライブ!

ままらいぶ

綺麗なお母さんは好きですか?
目次[非表示]

概要

ラブライブ!μ'sメンバーのの総称。またはその母たちをメインにしたR-18の同人誌のタイトル。
劇中で台詞付きで登場したのは高坂穂乃果南ことり西木野真姫矢澤にこの四名だが、いずれも人妻とは思えないほど若々しい容姿から熟女好きにウケている(ゼミママの人気を見れば一目瞭然であるが)。

たまたまなのかアニメ二期終了時点、つまりCV付きで母親の姿が判明しているメンバーは全員自身がセンターのナンバリングタイトルを持っているという共通点がある(つまり総選挙1位経験者)。
ソーシャルゲーム「スクールアイドルフェスティバル」では2014年7月31日のアップデートで新要素補助チケットで登場する部員(μ's)の特技レベルアップをサポートするキャラとして追加された。レアリティランクはUR。

アニメ版一期では穂乃果、ことり、真姫の三名のママンが登場。
放送終了後に続編の制作が決定し、二期で他のメンバーのママンも出てくるかもしれない。

…と期待されていたところ、やはり最終回でにこママンが登場しました。

そして、劇場版では花陽の台詞より、「ママライブ」という言葉がついに公式化。さらにワンカットのみであるが、海未ママン凛ママン花陽ママンが登場した。

希ママンと絵里ママンはアニメ版にも劇場版にも登場していないが、これにはちゃんと理由がある。
希は両親が転勤族で年がら年中東京に帰れないほど多忙である事を自身のSIDで明かしている。絵里も両親がロシア在住でそこで働いているからという似たような理由である。
アニメ版二期最終話の三年生組の卒業式に、にこママしか出てこなかったのもこのため。

μ'sのママン達

穂乃果ママン

大好きなあの人へ


CV:浅野真澄
高坂穂乃果の母。実家の甘味処「穂むら」で接客と会計を務めている。
見た目は美人というよりかわいい。娘達とはあんまり似ていない。
学生時代は穂乃果と同じ音ノ木坂学院に通っていた。

ことりママン

南さん親子


CV:日高のり子
南ことりの母。音ノ木坂学院の理事長でもある。詳しくはリンク先参照。

真姫ママン

西木野親子


CV:井上喜久子
西木野真姫の母。漫画版では顔なしで描かれていたが、アニメ版で容姿が明らかになった。
娘と似た赤髪とつり目を持つ美人さんで口の下にほくろがある。
娘に友達ができず孤立してないか心配してたようである。
病院を両親で経営しており、医療関係の仕事をしている。ことりママとは交流がある模様。
ちなみに声優は2期12話において、サイリウムを振って応援するシーンのためだけに収録に来てくれたそうである。
アニメ版は大人しめな娘とは対照的にかなり明るく親バカ。これが17歳パワーか…!

にこママン

13話ネタ にこママ


CV:三石琴乃
矢澤にこの母。にこSIDの挿絵で顔が伏せられた状態で写真は既に出ていたが、アニメ版二期でついに容姿が明らかになる。
アニメ設定に則ればなんと1男3女の子だくさんママ。アニメ初登場時にはにっこにっこにーを披露してくれたお茶目さん。
スタイルが良く小柄でもないので、娘の子供体型は父親譲りなのかもしれない。なお、その父親はSIDの文章から察するに早世し、にこママは未亡人である可能性が高い。
絵里や希のママほどではないにしろ普段は多忙な生活を送っており、家事を娘に任せっきりにせざるを得ない環境が続いている。そのため劇場版での出番は少なく、本編冒頭の空港でにこを見送るシーンのみとなっている。

海未ママン、凛ママン、花陽ママン

※画像は左から順

ラブライブ!まとめ
星空姉妹(x)
かよちんとかよママ


CV:なし
TV放映版では登場しなかった園田海未星空凛小泉花陽の母親。いずれも劇場版のSUNNY_DAY_SONGのライブ終盤にワンカットのみ登場。それぞれ自身の娘の顔写真が入った団扇を所持している。
ちなみにアニメ一期では花陽が家路の途中で母親に穂むらのお菓子を買いに行こうとする描写があったが、残念ながら母親の姿は登場していない。
また、アニメにはまったく出てこなかった海未ママはSIDだと意外に登場機会が多い。
劇場版公開当時ネット上で登場シーンが何者かによってリークされ騒ぎになったが、8月発売の劇場版OSTのバックインレイでそのシーンのワンカットが公開され、配布フィルムで該当シーンを引き当てた者によりスキャン画像がUPされた。

絵里ママン

絢瀬絵里の母親。アニメ本編未登場。コミカライズ版で顔が光によって伏せられているものの、絵里が亜里沙含む家族との集合写真を眺めるシーンで確認できる。
見た目は髪を下ろした絵里に似ており、金髪である事から彼女が慕う「おばあさま」は母親方である事が分かる。

ラブライブ!サンシャイン!!

ラブライブ!の次期作であるラブライブ!サンシャイン!!では、序盤は前作に比べてAqoursの各メンバーの母親の出番はほとんどない。

特に、ヒロイン役の高海千歌の場合、第1話で松浦果南に届け物をするときに「お母さんから」と言っていることから母親は健在なようだが、基本的に千歌やAqoursのメンバーの世話をするのはもっぱら千歌の二人の姉(高海志満高海美渡)であり、母親は作中に登場していない。

ようやく第5話になって、桜内梨子の母親が登場する。登場場面がわずかだったにもかかわらず、声優に水樹奈々というビッグネームが起用されたことは、今後のママライブ!の展開に期待を抱かせた。

そして、どこぞのにっこにっこにーのごとく最終話で千歌の母親も衝撃の登場を果たす。こちらの声優はなんと釘宮理恵やはり期待を裏切らなかった。
さらにクライマックスのライブシーンでダイヤ・ルビィママ、善子ママ、花丸ママ(または祖母、グランママの可能性あり)も登場した。

序盤は梨子ママくらいしか確認できず無印以上にぼやかされた母の存在が最終話で一気に逆転するという事態となった。

ラブライブ!サンシャイン!!アニメ13話感想


確認できるだけでもラブライブの予選会場には6人のメンバーのママが参加していた事が確認できる。

二期10話で過去の回想ではあるが鞠莉ママが確認された。ただし顔は下半分しか映っていなかった。

二期12話では曜ママと果南ママ(?)がライブの応援団の中に確認された。

Aqoursのママン達

梨子ママ

梨子ママ、最近のお悩み


CV:水樹奈々
Aqoursの中では ヒロイン役の高海千歌を差し置き、5話で一番最初に登場した桜内梨子の母。娘をそのまま大人にしたような容姿をした美人さん。
初登場早々しいたけから絶叫しながら逃げ回る実娘がゴスロリ姿で高海家のベランダから自宅にダイブしてくるというとんでもない光景を目の当たりにしてしまう。
10話では東京のピアノコンテストの通知に娘が何も言わない事を気にかけ志満に相談していた。
11話の結果的に千歌の勧めで行くと決めた梨子のピアノコンテストおよび、最終話のラブライブの予選ライブにも付き添い参加している。

千歌ママ

ホントに母子?


CV:釘宮理恵
高海千歌の母。最終話のラブライブ予選前日の晩、千歌と梨子がベランダ越しで会話している時に突然千歌の後ろから登場。梨子はあまりの唐突な出来事に思わず「お化け」と呼んでしまった。三児の母であるが、千歌以上に小柄な上に千歌の妹と疑われてもおかしくないほどの童顔の持ち主というトンデモママである。
千歌の発言から普段は東京住まいと分かるが、スクールアイドル活動を始めて変わりつつある千歌を見た志満がわざわざ沼津に呼んできたらしく、この事は千歌にも知らされていなかった。

善子ママ

晴れ舞台


CV:椎名へきる
津島善子の母。娘同様シニヨンを結っており梨子同様娘をそのまま大人にしたような容姿。そしてかなりの長身である。職業は学校の教師という。(勤務先は浦女ではないようである。善子の性格から母親が浦女の教師だとしたら来る可能性はほぼなかったといえる)
姿自体は一期最終話クライマックスのライブシーンでラブライブ東海地区予選会場で互いに挨拶を交わすシーンでダイルビママと花丸グランママと一緒に登場していたが、声がついたのは二期一話の回想シーンから。二期でラブライブ予選(一期最終話)の時に梨子ママと色々会話していた事が判明した。

ダイルビママ花丸グランママ

CV:なし
黒澤ダイヤルビィ姉妹国木田花丸の母。上述したように一期最終話で善子ママと一緒に出演している。
ダイルビママはダイヤと似ているが、髪型はセミロングという女将さんのような容姿。こけしではない。
名家らしくライブ会場にも着物姿で来訪している。

花丸グランママは赤縁眼鏡をかけたおばあちゃん。唇の両脇に皺があり、容姿を必要以上に若くさせられる事の多いラブライブシリーズでは比較的現実味がある。花丸が自己紹介で言及した一人称「オラ」を使うきっかけの、東北出身である可能性も高い。
(TVアニメオフィシャルブックにより確定)

鞠莉ママ

CV:?
「ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow」に出演することがPVで確認できる。
https://m.youtube.com/watch?v=1haB_uUpbUY

関連タグ

ラブライブ! 30ライブ!  DoCo
合法ロリ/※社会人です

pixivに投稿された作品 pixivで「ママライブ!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2182958

コメント