ピクシブ百科事典

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

しゃどうざへっじほっぐ

セガゲームスの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「いや、フェイクと呼ぶにはレベルが違いすぎるか」
CV:遊佐浩二

曖昧さ回避

  • セガゲームスの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズに登場するキャラクター。本項で解説。
  • 彼が主人公になった同名のPS2・Xbox・GC用スピンオフ作品→シャドゲ


概要

ソニックアドベンチャー2』で初登場した、ソニックシリーズのダークヒーロー的存在。

ソニックと似通った姿をしていて、体毛の色が赤い線の入った黒や胸毛、針が跳ね上がり気味でかつ、靴のカラーリングがソニックとは対照的に白がメインなどといった違いがある。銃火器や特殊車両などの扱いに長け、ソニックをはるかに上回る基礎戦闘力を持つが、なぜ瓜二つの姿であるのかは謎。

履いている靴はホバーシューズでソニックのように走らず、アイススケートのように滑走し、高速移動の他にもホバリングや、一部の作品では噴射を武器として使うこともある。両の手首足首に付けている黄金のリングは彼の力を制御するリミッターであり、元々アニメ『ソニックX』での設定だったが、『新ソニ』で逆輸入された。

大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズではアシストフィギュアとして参戦し、カオスコントロールでファイター達の動きをスローにするキャラクターとして登場する。

プロフィール

本名シャドウ・ザ・ヘッジホッグ
英名Shadow The Hedgehog
通称シャドウ
性別
種別ハリネズミ
年齢不明(『アドベンチャー2』では50年間コールドスリープされていた)
身長100cm
体重35kg
好きなもの無し
嫌いなもの人類全て(『アドベンチャー2』のみ)
能力カオスコントロールなど(後述)


性格

一人称は「僕」で、危険過ぎるほど純粋で一途かつ、目的のためには手段を選ばない(『新ソニ』でエッグマンを追い詰める為に装甲列車の天井に穴を開けて乗り込むのはかわいいノックだと思う)。 但しプライドが高く、自尊心を傷付けられると目的を無視して傷つけた相手を返り討ちにしないと気が済まないらしい。

元々人付き合いはプロフェッサー・ジェラルドとマリア以外になかったのだが、『シャドゲ』までは過去に遭遇した悲劇のせいか人間嫌いで、周りの事には無関心。
「出来るだけ早く確実にさっさと目的を果たしたい」考えがあるためか自分と関係がないと判断した話は無視するし、人の質問を総スルーして事を進めるのもよくあること。

一方で不器用な優しさが垣間見える事があり、「目的のため」等と愚痴りながらもルージュを助けたりしていた。そして彼の姉のような存在であったマリアに対しては病弱な彼女を気遣った所が、どうも振り回されっぱなしの関係だったようだ。

仕草は芝居掛かって見えるほど上品であり、『アドベンチャー2』の頃は本当に不自然に見える程。記憶喪失後は少しは自然な仕草にはなった(と同時に性格も丸くなった)ものの、それでも抜け切れていない節がある。

表情に関してもほとんどポーカーフェイス。感情も怒りか(自分対象も含めた)嘲りかのどちらかである場合が多く、それ以外の表情をするときは殆どの場合、誰も見ていないか、誰にも見られないように背を向けて俯いている。

生まれ育った環境故か、自然の中より機械や配管などの人工物に囲まれている所の方が落ち着くらしく、記憶喪失状態でこう呟くので最早骨身まで染み付いている様子。

能力

カオスコントロール

カオスエメラルドの力で時空を歪め、時間の流れを自在にコントロールする。『シャドゲ』では悪役の勢力を倒すとヒーローゲージが蓄積され、発動すると高速移動が可能なヒーロー技として登場した。

なおソニックやシルバーの他、(ネオ)メタルソニックまでも使用できる。元々ブラックアームズの首領「ブラックドゥーム」の固有能力だが、なぜ彼らも使えたのかは謎(メタルソニックについては『ソニックヒーローズ』でシャドウのデータを取り込んだ事で使用可能になった)。
シャドウの場合は物質の構成を弄る事も可能で、物質透過や相手の拘束もできる。

ソニックと暗黒の騎士』ではシャドウのそっくりさんがカオスコントロールに似た技「カオスパニッシュメント」を使用し、『ソニックトゥーン』のシャドウはカオスエメラルドが無くても使用可能。

カオススピア(カオスランス)

カオスエメラルドの力を光の矢に変えて対象を貫く。作品によっては地面にめがけて振り下ろすものから、投擲武器として相手にめがけて水平方向に投げたり、地面に突き刺して進路妨害するなど、様々な使い方がなされている。

カオスブラスト

カオスエメラルドのエネルギーを体内に蓄積して一気に放出することによって爆風を起こし、敵味方関係なく周囲のものを破壊する。『シャドゲ』では味方勢力を倒すことでダークゲージを蓄積して発動するダーク技として登場した。
『シャドゲ』のOPでは発動前は無敵状態になるようで、体に当たった銃弾を跳ね返して無効化している描写がある。

スーパー化

ソニックと同様に、7つのカオスエメラルドのエネルギーを利用してスーパーシャドウに変身できる。当初はソニックと違い肉体が耐え難い状態にあったが、『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』以降は彼と同じく金色に変わるようになり、以降はカオスエメラルドのエネルギーに身体が慣れてきているのか、スーパー化した後に力尽きる事はなくなっている。

ソニックアドベンチャー2

「すべての人類に…復讐を」

ソニックの時代から約50年ほど前にDr.エッグマンの祖父「プロフェッサー・ジェラルド・ロボトニック」によって生み出された究極生命体で、不老不死・不滅の肉体を持つ。
GUNの最高機密兵器として監獄の奥にて50年ほどコールドスリープ状態になっていた所、自分の欲望の為に祖父の遺産を探しに来たエッグマンに解凍された。

その後エクリプスキャノンの存在を唆すなどして(表向きは)エッグマンの世界征服計画に手を貸すべく行動する。ソニックと姿形がかなり似ているため、この時のシャドウのしでかした行為の数々がソニックのものとして世間に認識された挙句、その応酬が全てソニックに降りかかる事になった。

50年前の実験生命体(人工カオス)が暴走した事が発端となったGUNのアークの閉鎖と研究員の口封じの際、マリアが撃たれ息絶えてしまう間際に伝えた「私のかわりに、いつか必ず、あの星に住むすべての人達に…」という彼女の言葉を、人類への復讐を願うものだと解釈。

故にシャドウにとっては人類抹殺が出来れば手段はどうでもよかったが、エミーの説得によりマリアが最期に「すべての人達に幸せになるチャンスを与えてあげて。みんなの願いを叶えてあげて」と言っていた事に気付いたシャドウは一転し、亡きジェラルドがプログラムに組み込んだアークの地球衝突を阻止し、人類を救うべく動きだす。

マスターエメラルドの祭壇に似せた施設に赴いたソニックとナックルズの前に立ちふさがった究極生命体プロトタイプ「バイオリザード」を撃退するも、プロトタイプはアークに寄生した「ファイナルハザード」として、自身を諸共地球に落とそうとする。

そこでシャドウはソニックと共に7つのカオスエメラルドでスーパー化して寄生したプロトタイプを排除し、アークをカオスコントロールで元の位置へと戻したが、力を使い果たして大気圏に落下。

皆が「シャドウは死んだ」と思っていたが…

ソニックヒーローズ

「宇宙…宇宙か…」

記憶喪失に陥ってカプセルで眠っていた所をルージュに発見され、監視・護衛役であったオメガとも利害の一致から「チームダーク」を結成する。

劇中では彼そっくりのシャドウ・アンドロイドが登場した事から、本物に似せたコピーやロボットではないかという疑念が生まれてしまい、シャドウ本人も記憶喪失から、自身が本物か、機械仕掛けの偽物(フェイク)なのかを葛藤することになってしまう。

チームダークのエンディングでは、オメガ「コピーをつくる為にはオリジナルの存在は不可欠だ」と意味深なセリフを残しており、シャドウもルージュに対して、なんとなく思い出しているかのようなセリフがあった。
また、それ以前にも前述のシャドウ・アンドロイドの目撃後、ラストストーリーで姿を現した事件の黒幕は、シャドウを明確に究極生命体と認識しており、実際に彼本人からカオスコントロールを含めたデータを手に入れている。

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ

「フン…『約束の時』だと…? ならば果たしてやろう、その約束を!」

シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』ではルートによって人類の味方としてブラックアームズを倒すヒーローにもなれば、自身をアンドロイドだと称してエッグマンに復讐したり、「天よりの使者」と名乗って高笑いしながら、ブラックアームズが掲げる人類の家畜化に加担する。

…しかしこれらは全部ハズレのエンディングで、全てのエンディングを見た後に解禁される「ラストストーリー」の展開が、後続のシリーズに続くことになる(後述のエッグマンの告白を見るに、時系列はノーマルルートの中盤〜ヒーロールートの終盤と思われる)。

ラストストーリーで明かされた内容によれば、元々50年前にプロフェッサー・ジェラルドがブラックドゥームに、50年後に全てのカオスエメラルドを差し出す見返りとして、提供された彼の細胞を基に、バイオリザードをはじめとした試作品から試行錯誤の末で生み出された完成形がシャドウであったという。

しかしこれは不死身の軍団でかつ、人類の家畜化を目論むブラックアームズを滅ぼすために仕組んだ賭けであり、エクリプスキャノンも彼らの拠点「ブラック彗星」を穿つために用意された光学兵器で、シャドウ自身も「人類の希望」として誕生したことが判明する。

この頃のプロフェッサー・ジェラルドは温厚な人格者であったものの、その後GUN兵士の銃撃によって唯一の心の支えであった孫娘を失くした事で、正常な思考・判断ができないほどに精神崩壊をした狂人と化してしまい、ブラックアームズを倒すための人類の希望であったはずのシャドウやバイオリザード、エクリプスキャノンなどを、人類復讐の道具に作り変えてしまったのは何とも皮肉な話であろう。

ラスボス戦である条件を満たすと、エッグマンが『アドベンチャー2』で大気圏に突入したシャドウを自分のメカ(おそらくメタルソニック)に救出に行かせたことが明らかになり、その後遺症で記憶は消えてしまったが、正真正銘のオリジナルのシャドウだという事実を告白する。

ブラック彗星をエクリプスキャノンで破壊しブラックアームズとの戦いを終えた後は、プロフェッサー・ジェラルドやマリアの願いを叶えたことにより、アークで2人が映った写真を投げ捨て、過去と決別する。

「アディオス…シャドウ・ザ・ヘッジホッグ」

以降のゲーム作品

マリアとプロフェッサー・ジェラルドとの過去を吹っ切った彼は、ルージュやオメガと共に、連邦政府大統領専属のエージェントとして活躍している。

しかし近年では『ソニックフォース』のように出番があっても連邦政府やGUNが関与する作品がほとんどない為、具体的にどのように活躍しているのかは不明(『ソニックフォース』自体、現実の人間が存在する世界とは異なる世界だと公式が示唆しているので、経緯は似ているが連邦政府やGUNが存在しない世界なのかもしれない)。

なお『ソニックフォース』当初はソニックの敵として登場したが、実はインフィニットが作った偽者で、後から本物も登場し、ソニック達のレジスタンス軍に加わる。
DLCのシャドウストーリーでは主人公として活躍した。インフィニットが生まれてしまった一番の原因になっていると言ってはいけない。

マンガ『ダッシュ&スピン 超速ソニック』

一人称は「オレ」で、非常に口が悪く、ツッパリ道を地で行く男。
性格は不良そのものであり、出会った人物にガンを飛ばし、自分のことを完璧にして究極、そしてカッコいい男と思っているナルシスト

エッグマンからソニックの話を聞き、対抗意識を燃やしてソニックに会いに来た。
エッグマンはシャドウにソニックを倒してもらおうと思っていたが、シャドウは性格的にソニックと意気投合してしまい、次の日にはソニックと友達になっていたが、終盤に登場したため、登場話数は僅か3話である。

アニメ『ソニックX

性格はゲームとほぼ同じくマリアを殺されたことで人類に恨みを持っているが、クリスだけは彼の目がマリアに似ているという理由で守ろうとしていた。
その後、クリスの説得(ゲーム版ではエミーが説得する)により自分が人類を滅亡させるための存在ではないことに気づき、最後はソニックと協力してアークの落下を阻止し地球を救うが、その後行方不明になってしまう。

その後は日本国内では未放送の第2期で再登場。エッグマン基地に侵入したルージュがコールドスリープ状態になっている彼を発見した。
眠りから覚めた後の彼は『ヒーローズ』と同様に記憶喪失状態になっていたものの、マリアのこと以外にクリスのことも僅かながら記憶に残っていた。その後はクリスから両腕のリミッターを返してもらった後、ソニックたちと共にメタレックスと戦う。

なおメタレックスとの戦いの最中に、モリーというマリアに似たレジスタンス軍の女性と出会い、記憶が無いながらもマリアと重ねて彼ながらのやり方で気にかけていたが、その後モリーはメタレックスへの捨て身の攻撃を行い、シャドウの目の前で搭乗していた戦闘機を爆破されて死亡する。

シャドウは鉄骨の墓標を立てて彼女を弔い、エピローグでも再度訪れているかのようなシーンが描かれた。しかしこのあたりの描写は日本語版と海外版では描写に差異があり、海外版ではモリーが爆破で死亡するシーンや、墓標そのものがカット・削除されているため、生死不明の扱いになっている。

アニメ『ソニックトゥーン

デザインの変更は少なく、本家よりもSF寄りなデザインの手袋とブーツを履いている。

ゲーム版『ソニックトゥーン』の方では従来通りのソニックのライバルという関係(『アイランドアドベンチャー』のムービーではある種のツンデレとも言える言動をしている)だったが、アニメの方ではソニックをかなり敵視し、「ハリネズミの面汚し」「次は命はないと思え」と非常に攻撃的である事に加え、出るアニメを間違えていると言わんばかりに冷静・冷徹な性格なので、浮いた存在になっていた。

アニメ版はソニック含め、仲間達やエッグマンもコミカルな性格になっているので、その違和感は想像に難しくないだろう。

しかしシーズン2でソニックとの再戦の時にもれなく顔芸を披露していたりするし、ポーカーフェイスの中で細かく表情が描かれるので、スティックスの中の人ツイッターで興奮気味にツイートしていたりする。

カオスエメラルドが登場していない今作でカオスコントロールのワープ攻撃を行うなど、ある意味で本家よりスペックは高い。

アメコミ版

『アドベンチャー2』をベースにしたエピソードに登場したが、その時は後姿だけしか登場しなかったため、このストーリーの殆どが省略されている。

だが、『ソニックユニバース』の第2話では改めてそれの回想シーンを公開し、彼とソニックとの対峙、更にはバイオリザードを倒すために共闘、そしてシャドウの最後を公開した。
だがゲームとの相違点は、大気圏への墜落中にベム星人に救出され、治療後に別れるが、その後メビウスを破壊しに来たゾーダ星人に一撃を食らい、そのまま地上へ衝突した。
しかし、更にゲームとは違って記憶喪失になっておらず、逆に存在理由を探すために一時エッグマンの仲間になった。

だがそこでジェラルドの日記を手に入れた彼は直ぐに寝返り、ソニック達やAIニコールの助けを求め、日記の内容を確認する事が出来た。
そこで彼はブラックドゥームのDNAが組み込まれていて、何れかブラックアームズがメビウスに侵略するだろうと言う真実を知るが、そのブラックアームズは実はベム星人と交戦中であるため、長期的になるために来る事はないと、ソニックがニコールに伝えた(つまりアメコミではブラックアームズが登場しないことになっている)。

それ以降からシャドウは「この世界と全ての者達を守るために生まれ、これからもそれらを守り続けるために戦う」と決意し、エッグマン帝国に立ち向かうようになった。もちろんこれ以降から、ゲームで言うライバル関係を持つより、ソニックとの強い信頼と友情を持つようになる。

その後GUN軍隊のエージェントとして所属し、ルージュとオメガと供に「チームダーク」を結成した。また軍の司令官であるアブラハム・タワーズと、メカニック少女のホープ・キントバーとも強い信頼関係を持っている。

一度任務でシャドウはカオスコントロールで『モウビウス(アンチメビウス)』に訪れるが、そこでソニック、スカージ、エミー、メタルソニック、ロージー(エミーのアンチ版)、ロブ(エミーのいとこ)、そしてシルバーによるハリネズミの大乱闘を繰り広げた。その後メタルソニックと供にカオスコントロールで、アメコミ版『ソニックX』(最終回)の世界に飛んでいく。

その世界にいたシャドウはこの世界にエッグマンがいるにも関わらずとても平和だと認識し(シャドウもソニック同様エッグマンの悪事が大したことがないと思っているのがよくわかる)、ソニックX版のソニックがシャドウにこの世界に住んだらどうだと勧めるが、シャドウは自分の世界を守ると言う決意があったために断り、再びメタルソニックと供にカオスコントロールで別の世界に飛ばされて行く(ちなみにソニックXのシャドウは死んだ事になっているが、本編アニメと結び付けるためにエッグマンが救出したと言う描写がある)。

その後『ソニックユニバース』の第1話では、ブレイズの世界に飛ばされ、そこでブレイズと供にメタルソニックを撃破し、ブレイズから授けたカオスエメラルドで元の世界に戻った。
それ以降からブレイズとの強い信頼関係が生まれ、『チームタンゴ編』では借りを返すために標的とされていた『ソルエメラルド』をブレイズに授けた。

ちなみに彼の上司であるアブラハムだが、デザインはシャドゲの司令官であるが、名前が原作に公開しなかったため、オリジナルとなっている。
更にブラックアームズがアメコミに登場しないことになっているため、原作にあった設定は全て取り消され、良き上司と部下と言う関係となっている。

ただし、『ソニックユニバース』ではブラックアームズが登場し、シャドウ達は再びやってきたブラック彗星のような天体へ攻め込んでいく。
この時のブラックアームズにも指導者がいるが、ブラックドゥームとは違う者であるが、ドゥームズアイだけは何故かそのまま存在している。

人気

当初は『アドベンチャー2』一作限りの登場ということになっていたキャラクターだが、海外を中心に予想以上の人気が出たため、以後のゲームにも登場し、また彼を主人公としたスピンオフ作品『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』が作られるなど、ソニックシリーズを代表するキャラクターの1人となった。

ギネス・ワールド・レコーズによる『ゲーム史上最も有名なキャラクターTOP50』でも25位にランクインされており、その人気ぶりが伺える(ちなみにソニックは同ランキングで10位)。現にアニメ『ソニックトゥーン』でエッグマンが「公式作品の中で、二番人気のキャラクターじゃ!」メタ発言していることから、公式公認である。

pixivにおいてもシャドウの人気は高く、作品も多く投稿されている。

二次創作におけるシャドウ

「甘党でプリンが好物」「何でも食べれる大食漢」「親父ギャグが好き」というのがあるが、あくまで二次創作ネタであり公式ではないので注意。

本家のクールな性格が好きなファンもいるので、むやみに振りまかないよう、マナーを守って楽しもう。

関連タグ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ ソニック(ゲーム) シャドゲ
カオスコントロール ダークヒーロー 不死身 不老不死

ソニシャ:ソニックとシャドウのカップリング(BL
シャドマリ:シャドウとマリアのカップリング(NL

pixivに投稿された作品 pixivで「シャドウ・ザ・ヘッジホッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 441861

コメント