ピクシブ百科事典

ブラックドゥーム

ぶらっくどぅーむ

ブラックドゥームとは、PS2・Xbox・GC用ゲームソフト『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ(通称:シャドゲ)』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV: 大友龍三郎

ソニックシリーズの一つ、『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』に登場するキャラクター。

50年に一度、地球付近を通過する周期彗星「ブラック彗星」を拠点とする、戦闘民族「ブラックアームズ」の首領にして創造主。一人称は「我(われ)」。古代文明の装飾品のようなものを首から下げたローブを纏い、足の無い上半身だけの身体を持つ。
未だに過去の記憶が戻らないシャドウの前に突如として現れ、「約束を果たす時」と彼にカオスエメラルドを探し出すよう促した。

その目的は謎に包まれているが、戦闘民族の首領だけに自身も強大な力を持っており、以降も使い魔でもある「ドゥームズアイ」を操りシャドウを監視しつつ、「ブラックアームズ」達にGUNやエッグマン艦隊などを攻撃させるなど、自身の障害となり得る反乱因子を着々と鎮圧。地球に大混乱をもたらした。

関連タグ

シャドゲ シャドウ・ザ・ヘッジホッグ


















注意

これより先、物語の核心に関する重大なネタバレがあります


















ネタバレ

実はシャドウはブラックドゥームの細胞を元に、Dr.エッグマンの祖父であるプロフェッサー・ジェラルドによって作られた生命体であり、実質的にドゥームは親に当たる。シャドウの黒と赤の二色の体色は「ブラックアームズ」由来のものであり、彼が使っていたカオスコントロールも、元々はドゥームの持つ能力を継承したものであった(え?ソニックやシルバーが使ってるって?)。

ドゥームの真の目的は地球の侵略、周期彗星に過ぎない「ブラック彗星」を全てのカオスエメラルドを用いたカオスコントロールで地球に転移・固着させ、人類を始めとした生命体を自身らに生命エネルギーを供給するための家畜にする事

50年前、ジェラルドと接触したドゥームは、彼が孫娘であるマリアの原発性免疫不全症候群の治療のための研究材料を欲していた事に目を付け、不老不死である自らの細胞を提供。それと引き換えにドゥームが要求したのが「50年後に全てのカオスエメラルドを自分に提供する事」であった。この取引によって、シャドウが誕生する事となる。

だが、彼はジェラルドの真意に気付いていなかったため、取り交わしたこの契約が後にドゥームの歯車を大きく狂わせる事になる。
ジェラルドが50年後に訪れるであろう「ブラックアームズ」の侵略への対抗策としてスペースコロニー・アークに数々の兵器を準備していた事、シャドウはドゥームという毒を同じ毒によって制するための究極生命体であった事、更にはジェラルドがメッセージを遺していたためにシャドウがその真実を知った事で、互いに真の力を引き出した激闘の末に敗北。

更に地球に寄生した「ブラック彗星」も、スーパーシャドウのカオスコントロールで再び宇宙空間に転移させられ、間髪入れずアークに備えられた「エクリプスキャノン」で粉砕。「ブラックアームズ」と共に完全に滅ぼされる事となった。

最終形態など

  • デビルドゥーム
ラストバトル


「貴様に生を与えたこの我に逆らうという事が、どれだけ愚かな行為であるか……身をもって思い知れ!」
「さあ、ゆくぞシャドウ! 愚かな人間どもと、共に消えよ!!」

ブラックドゥームと後述のドゥームズアイが一つとなる事で誕生した最終形態。
中ボスである「ブラックブル」を巨大・強化したような外見で、頭部は前後合わせて二つ存在している。

“セル”と呼ばれる攻撃物体や瓦礫を操り、更には強力な火炎や光線を繰り出す。至近距離まで近づくと、本家本元のカオスコントロールで間合いを離してしまう。
弱点は顔の目玉であり、ダメージを与えると前後へと弱点が切り替わる。また、初回ダメージ(ルージュが弱点を教える台詞が入る前)と体力ゲージが半分を切った時のみ、ドゥームズアイが攻撃を受けた頭部から抜け出し反対側へと移動するムービーが流れるが……?

  • ドゥームズアイ

描いたみよう!!!



ブラックドゥームの身体の一部にして第三の目。中央に一つ目を備えたヒトデのような姿をしており、敵陣の偵察やシャドウの監視、ブラックドゥームの立体映像を映すなど使い魔のように活動する。ゲーム中では、ダークミッションのナビゲートキャラクターである。(※エッグマンのモニター同様、2P側の操作は不可)

つまり、ドゥームの分身である……のだが、実は普段のローブを纏ったブラックドゥーム、スーパーシャドウを圧倒するデビルドゥームですら、戦闘を含めた活動を行うためのエネルギー体や増幅装置といった器に過ぎず、このドゥームズアイこそが真の本体であり、ブラックドゥームという生命体の正体である。

関連タグ

カオスコントロール 不老不死 ラヴォス(※最終形態のラヴォス・コアも“実はこちらが本体だった”という共通点がある)

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックドゥーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 446

コメント