ピクシブ百科事典

マリア・ロボトニック

まりあろぼとにっく

マリア・ロボトニック(通称:マリア)とは、ソニックアドベンチャー2と『シャドウ・ザ・ヘッジホッグ』(通称:シャドゲ)に登場するキャラクター。
目次[非表示]

声は白鳥由里

概要

シャドウ・ザ・ヘッジホッグの回想シーンでたびたび出てきたり、Dr.エッグマンの祖父ジェラルド・ロボトニックの残した遺産のパスワードが彼女の名前になっているなど、ソニックアドベンチャー2のシナリオの鍵を握る少女。

その素性はジェラルドの孫娘で、つまりDr.エッグマンと同祖父のいとこに当たる。シャドウの回想は約50年前に起きた出来事である。『先天性免疫不全症候群(NIDS)』という当時は治療法がなく無菌室の中でしか生きられない病を患っており、ジェラルドは愛する孫娘のの病を治すべく当初嫌がっていた当時の大統領から下された不老不死の研究を開始することになる。シャドウは彼女の病を治す研究の一環として作られた人造生命体であった。
病原菌に非常に弱いが為に、生まれてからずっとスペースコロニー・アークの療養棟内で育ち、アークから出ることが許されなかった為に、窓から見える地球に憧れを抱いていた。

ところが、彼女たちが住んでいたスペースコロニー・アークでシャドウとは別のアプローチで研究されていた実験生物が暴走したことが原因で平穏な生活は突然終わりを告げた。暴走自体は研究所の研究員たち(シャドウも駆り出された)だけで封じ込めに成功したのだが、この一件でアークでの研究を危険視した軍がアークの住人の口封じを断行。その内容は『抵抗した者は問答無用で撃つ』という非情なものだった。唐突に軍の襲撃に見舞われたマリアとシャドウはアーク内を逃げ回り、あと少しのところで脱出出来るという所でマリアが撃たれてしまう。アークの外では生きられない彼女はシャドウを脱出ポッドに入れ、「私の代わりに全ての人達に生きるチャンスを与えてあげて」と言い残してポッドを投下した。享年12歳。
彼女の存在とこの遺言がシャドウのその後に大きな影響を与えていることは言うまでもない。

なお、アニメ・ソニックXでは彼女を射殺した張本人である元GUNの兵士の老人が登場している。彼自身は実験生物(おそらくシャドウ)を逃がそうとするマリアを止めたかっただけなのだが、命令を聞かず結局逃がしてしまった彼女をやむおえず撃ってしまったということになっている。

特徴

金髪に青い目という容貌で、性格・容姿と共にエッグマンと全然似ていない。
研究所の実験生物たちの世話をするなど純真無垢かつ心優しい性格で、シャドウとは実の姉弟のような関係だったそうな。たまにシャドウや周りの人を振り回す事もあったけど。

関連タグ

ソニック ソニック(ゲーム)
シャドウ シャドウ・ザ・ヘッジホッグ シャドマリ Dr.エッグマン マリア

pixivに投稿された作品 pixivで「マリア・ロボトニック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18942

コメント