ピクシブ百科事典

シルバー・ザ・ヘッジホッグ

しるばーざへっじほっぐ

シルバー・ザ・ヘッジホッグとは、セガゲームスの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

「希望はあるさ! 捨てない限り!」
CV:小野大輔

プロフィール

本名シルバー・ザ・ヘッジホッグ
英名Silver the Hedgehog
通称シルバー
種別ハリネズミ
性別
年齢14歳
身長100cm
体重35kg
好きな物平和な世界
嫌いな物イブリース(『新ソニ』のみの設定)
特技超能力


概要

ハリネズミを擬人化したキャラクター。2006年に発売された『SONIC THE HEDGEHOG(新ソニ)』で初登場し、荒廃した未来世界を変えるために現代へやってきた白銀のハリネズミ。
開発当初は「ヴェニス」という名前で、白いハリネズミという以外は決まっていなかったらしく、かなりの試行錯誤をしていたことが公式サイトのブログで明かされており、コンセプトアートによると、特徴的なトゲの並びはヤマアラシをベースにしているらしい。

超能力の持ち主であり、サイコキネシスで様々な物体を持ち上げたり、鉄骨を曲げて操るなど、戦い方や操作性はソニックとだいぶ異なる。
自身の飛行も可能で、『新ソニ』のシルバー編冒頭ではかなりの速さで飛び去る姿も見られた。

ソニックやシャドウと同じくスーパー化が可能だが、登場機会は非常に少ない。

性格

少年漫画の主人公のような、強い正義感と真っ直ぐな心の持ち主。
しかし少々突っ走り過ぎなところがあり、それでいてナックルズの様に騙されやすい一面もあるために、新ソニではそれが原因でソニックの命を狙うようになってしまった。

SONIC THE HEDGEHOG(新ソニ)

「死んでもらうぜ! イブリース・トリガー!

荒廃した未来世界で異世界からやってきたブレイズと共に、炎の災厄とよばれる怪物「イブリース」をひたすら倒し続ける日々を送っていたが、メフィレスによって災厄の元凶「イブリース・トリガー」がソニックであるという情報に騙されてしまい、ソニックを殺害して平和な未来にするために、メフィレスによって過去(ソニックがいる現代)に送り込まれた。

「倒す」ではなく殺す」「死んでもらうという表現を積極的に使っている辺り、新ソニの非常に殺伐とした暗く重いストーリーの体を表しているとも言える。
因みに相棒のブレイズも『ソニックラッシュ』でエッグマンに「コロス!(原文ママ)」と叫んでいたりする。

物語が進むにつれ、メフィレスの情報が間違いであり騙されている事に気付き、ソニック達と共に協力した後に未来へ帰還する。猛威を振るうイブリースを完全に消すにはカオスエメラルドを使って自身の体の中へ封印しなければならないが、あまりに強大なエネルギーを取り込むことは自分の命を犠牲にする事と等しく、シルバーがその役目を担おうとするも、ブレイズが代わりにやったことで未来が救われたのと引き換えに、ブレイズが消滅してしまう。

しかしラストエピソードで全ての次元が消され、元凶のソラリス(過去)をエンディングで消してしまった為に過去・現在・未来が書き換わり、全く新しい歴史になると同時に、ソニック達やシルバーもお互いの記憶から消えてしまった。

その後のシルバー

『ソニックライバルズ』シリーズにおいて再びソニック達と初対面となるが、日本未発売のソフトであるため、日本ではDS版『ソニックカラーズ』で初対面になり、「何故かアンタ(ブレイズ)とは初めて組んだ気がしないぜ」と新ソニの出来事をなんとなく覚えている節があった。

そのため、『ライバルズ』がなくても一応の整合性は取られているものの、このシリーズではメインキャラクターとして重要なストーリーが用意されているので、英語が分かる人は輸入盤を購入してプレイすることをお勧めしたい。
なおこのゲームで使うシルバーの特殊技はプレイヤー相手にはチート級の効果。

なお新ソニ以降の未来世界は荒廃せず立派に発展しているようで、公式サイトのソニックコミックではパンプキンヒルにリニア鉄道が通ったランドマークがある事をテイルスに教えている。
しかしながら未来世界の住人であるという設定上から、『ソニックジェネレーションズ』まで本編に関わることは少なく、『ソニックライダーズ』や絵本シリーズのパーティゲームのおまけ要素としての出演がほとんどだった。

『ジェネレーションズ』では白の時空に登場し、タイムイーターの力で時空がかき乱された影響でソニックと出会っており、「ここにソニックがいるはずがない」とカオスエメラルドを奪いに来た偽物扱いにして勝負を挑む。
誤解が解け、事件が解決した後はソニックの誕生日を仲間たちと一緒にお祝いした。

ソニックフォース

「ソニック! 前から来るぞ!」

レジスタンスの一員として序盤から登場し、劇中では何故いるのかは明かされなかったが、デジタルコミックス版ではエッグマンの行動を警告するために、未来から現代へタイムスリップし、レジスタンスの一員になったという経緯が明かされている。

ミスティックジャングルでインフィニットと対峙するも敗れ、とどめを刺される寸前でソニックに助けられるが、この対峙の最中に試作型ファントムルビーがインフィニットの手から落ちたことで、物語後半における思いがけない伏線となる。

エッグマン軍との戦争が終わった後も現代に居残り、世界の復興に協力している。

チームソニックレーシング

「それにしても……なんだ……この胸騒ぎは……」

ドトンパの時空移動によってソニック達の時代のグランプリレースに招待され、同じく招待されたブレイズと再会して意気投合し喜んでいたが、それと同時に謎の胸騒ぎを感じ、ストーリー終盤ではその予感が的中してしまう。

因みに今作で「200年後の世界から来た」と本人の口から明かされている。『新ソニ』でも未来世界に飛ばされたルージュが旧エッグマン基地のコンピュータにアクセスし、「少なくとも200年は……」とシャドウに語っていたが、ここまで明確に明かされたのは初。

またソニックのやり取りの中で、「初めて会った頃、『貴様をここで倒す(討つ)』と言ってたじゃないか」に対し、「そんな記憶はないけどな」と答えているため、シルバーは新ソニの出来事をなんとなく覚えているものの、ソニックはある程度覚えている(思い出した)やりとりが見られた。
しかし作品・媒体ごとで世界観や設定が変わるのはソニックシリーズでよくある事なので、「細かい部分は異なるが、新ソニと似た出来事があった」と解釈するのが自然かもしれない。

人物関係

新ソニの出来事以降でも、『マリオ&ソニック』シリーズでは「未来組」としてブレイズと行動する機会が一番多く、特殊アピールも用意されているが、『ソニックライバルズ2』では珍しくエスピオとコンビを組んでいた。

なおシャドウはゲーム本編ではあまり関わらないが、『マリオ&ソニック at ロンドンオリンピック』のストーリーモードでは彼と一緒に行動しており、シャドウもシルバーの事を信頼している節が見受けられる。

アメコミ版

アメコミ版では新ソニのストーリーが一切存在しないことになっているため(特にメフィレスがゾーン警察によって投獄されているため)、彼の設定もアメコミオリジナル風になっている。
彼の未来世界は「フリーダムファイターの裏切り者」によって滅ぼされたため、歴史変更と裏切り者を倒すために過去へ向かう。
最初はソニックを裏切り者で元凶と推測したのだが、彼の正義感とスピードを目の当たりして違うと判断し、次にソニックの仲間で元フリーダムファイターのメカニックの「ローター」、同じくソニックの仲間で王宮騎士のフリーダムファイターの「アントワーヌ」を裏切り者と推測したが、どれも的外れだと認識し、何度もタイムトラベルを続いたためか未来に戻ることが出来なってしまう。

しかし途中で元諜報員の「ハーヴィー・フー」との出会いにより、本物の裏切り者を探すために、ハーヴィーが結成した「シークレットフリーダムファイター」の一員として所属し、「エース」というコードネームを持つようになった。

彼の超能力は元悪役の「マンモス・モギュール」ナックルズの子孫と思われる「エドムンド」によって鍛えられ、彼らを師匠と呼んでおり、モギュール本人は過去の出来事を深く後悔しているため、それを訂正するようにとシルバーに命じる。

原作との大きな違いは上記のように、新ソニの出来事がないだけでなく、それに含めてブレイズとの接点が一切ない。

関連タグ

ソニック・ザ・ヘッジホッグ ソニック(ゲーム) 新ソニ 

ガラハッド - 『ソニックと暗黒の騎士』に登場したシルバーのそっくりさん
シルバー(ソニック) - 表記揺れ

関連記事

親記事

ソニックシリーズのキャラクター一覧 そにっくしりーずのきゃらくたーいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シルバー・ザ・ヘッジホッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157778

コメント