ピクシブ百科事典

マリオ&ソニック

まりおあんどそにっく

任天堂とセガの大スター達が夢の共演。
目次[非表示]

概要

任天堂の『マリオシリーズ』と、セガ(セガゲームス)の『ソニックシリーズ』が夢の共演を果たしたオリンピックゲームシリーズ。国際オリンピック委員会公認というだけあって、実際のオリンピック競技の風景や内容、プログラムを忠実に再現し、ゲーム向けにアレンジがなされている。

日本だとマリオはよく知っているがソニックはキャラクターぐらいしか知らない」ほど知名度に差があり、夢の共演と言われてもいまいちピンと来ない人が多いかもしれないが、海外だとソニックはマリオに引けを取らないほどの知名度を誇り、今でも海外を中心に国内未発売のゲームやCM・映画のゲスト出演、コミック・アニメ・グッズなどのメディアミックスでも活躍している人気キャラクター(シリーズ)である。

そういった事情もあるせいか、3作目までの販売が国内は任天堂になっているが、海外ではセガ名義の販売になっている(ゲームの開発はセガゲームスが担当)。なお家庭用ゲームの他にも、ゲームセンター向けに調整されたアーケード版も稼働している(後述)。

シリーズ一覧

マリオ&ソニック AT 北京オリンピック

シリーズ第1作(2007年発売)。対応機種はWiiニンテンドーDS

wii版はwiiリモコンを生かした操作、DS版はタッチペンを利用したゲームが収録されている。全世界で1000万本を売り上げるという驚異的なセールスを記録した。

マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック

シリーズ第2作(2009年発売)。対応機種はWii・ニンテンドーDS・iPhone

wii・DSで内容が異なり、wiiは前作同様集まって楽しむパーティゲーム色が強いが、DS版では1人でじっくり遊ぶストーリーモード「アドベンチャーツアーズ」が登場。一風変わったステージやルールでオリンピック楽しむ「ドリーム競技」は、今作からマリオとソニックそれぞれの世界観を再現したステージで競技をする内容に変更され、シリーズの目玉要素になった。

なおiPhone版は海外のみ配信され、操作キャラクターはソニックシリーズのキャラクターのみに限定されている。セガゲームス販売だから仕方ないね

マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック

シリーズ第3作(2011年発売)。対応機種はwii・ニンテンドー3DS

1作目の競技をより発展させてリメイクした内容が収録され、3DS版の競技は短時間で終わるミニゲーム要素が強くなっており、ストーリーも各キャラクターに視点を向けた群像劇になった。ヨーロッパでは青色のwiiが同梱された限定版も販売。
なおイメージキャラクターとして松岡修造が起用され、彼が出演したCMは一時期某界隈でネタやMAD素材にされるほどだったという。

マリオ&ソニック AT ソチオリンピック

シリーズ第4作(2013年発売)。対応機種はWiiU
一部の種目ではあるがネットワークオンラインに対応し、本作以降は国内外ともに任天堂の販売になった。

マリオ&ソニック AT リオオリンピック

シリーズ第5作(2016年発売)。対応機種はWiiU・ニンテンドー3DS。

マリオシリーズ、ソニックシリーズと共にかなりの登場選手が増え、キャラクター数が多いことが特徴。今作ではアーケード版が作られ、こちらは体全体を使って遊ぶ体感型のゲームになっている。なおアーケード版は実際にリオネジャネイロの選手村で遊戯施設として設置されていたらしい。


2018年の平昌オリンピックについては、ユービーアイソフトがオリンピックゲームの権利を取得したため販売できなかったが、2020年の東京オリンピックについてはセガ(セガホールディングス)が取得しており、マリオ&ソニックの東京オリンピックが見られる日も遠くない。

関連項目

任天堂 マリオシリーズ マリオ セガ ソニックシリーズ ソニック・ザ・ヘッジホッグ  オリンピック

大乱闘スマッシュブラザーズX - 北京オリンピックとほぼ同時期に共演が実現している
安倍マリオ - ある意味パロディ

pixivに投稿された作品 pixivで「マリオ&ソニック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4545

コメント