ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

任天堂の『マリオシリーズ』と、セガ(セガゲームス)の『ソニックシリーズ』が夢の共演を果たしたオリンピックゲームシリーズ。国際オリンピック委員会公認というだけあって、実際のオリンピック競技の風景や内容、プログラムを忠実に再現し、ゲーム向けにアレンジがなされている。
開発はセガゲームスで、販売は任天堂

日本だとマリオはよく知っているがソニックはキャラクターぐらいしか知らない」ほど知名度に差があり、夢の共演と言われてもいまいちピンと来ない人が多いかもしれないが、海外だとソニックはマリオに引けを取らないほどの人気で、国内未発売のゲームCM・映画・コミック・アニメ・グッズなどのメディアミックスでも活躍し、それだけではなく遺伝子の名前の由来や、市の条例変更に影響を与えるほど、圧倒的知名度を誇る日本キャラクター(シリーズ)である。

そういった事情もあるせいか、3作目までの販売が国内は任天堂になっているが、海外ではセガ名義の販売になっている。なお家庭用ゲームの他にも、ゲームセンター向けに調整されたアーケード版も稼働している(後述)。

シリーズ一覧

マリオ&ソニック AT 北京オリンピック

発売年2007年(シリーズ第1作)
対応機種WiiニンテンドーDS


wii版はwiiリモコンを生かした操作、DS版はタッチペンを利用したゲームが収録されている。全世界で1000万本を売り上げるという驚異的なセールスを記録した。

マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック

発売年2009年(シリーズ第2作)
対応機種Wii・ニンテンドーDS・iPhone


wii・DSで内容が異なり、wiiは前作同様集まって楽しむパーティゲーム色が強いが、DS版では1人でじっくり遊ぶストーリーモード「アドベンチャーツアーズ」が登場。一風変わったステージやルールでオリンピック楽しむ「ドリーム競技」は、今作からマリオとソニックそれぞれの世界観を再現したステージで競技をする内容に変更され、シリーズの目玉要素になった。

なおiPhone版は海外のみ配信され、操作キャラクターはソニックシリーズのキャラクターのみに限定されている。セガゲームス販売だから仕方ないね

マリオ&ソニック AT ロンドンオリンピック

発売年2011年(シリーズ第3作)
対応機種wii・ニンテンドー3DS


1作目の競技をより発展させてリメイクした内容が収録され、3DS版の競技は短時間で終わるミニゲーム要素が強くなっており、ストーリーも各キャラクターに視点を向けた群像劇になった。ヨーロッパでは青色のwiiが同梱された限定版も販売。
なおイメージキャラクターとして松岡修造が起用され、彼が出演したCMは一時期某界隈でネタやMAD素材にされるほどだったという。

マリオ&ソニック AT ソチオリンピック

発売年2013年(シリーズ第4作)
対応機種WiiU


一部の種目ではあるがネットワークオンラインに対応し、本作以降は国内外ともに任天堂の販売になった。一時期3DS版も存在すると当時のIGN編集長が発売の示唆を公言していたが、実際はWiiUのみの発売となっている。

マリオ&ソニック AT リオオリンピック

発売年2016年(シリーズ第5作)
対応機種WiiU・ニンテンドー3DS・アーケード


マリオシリーズ、ソニックシリーズと共にかなりの登場選手が増え、キャラクター数が多いことが特徴。また、両機種ではamiiboが対応され、平成と携帯ハード版最後の作品でもある。

今作ではアーケード版が存在し、こちらは体全体を使って遊ぶ体感型のゲームになっている。なおアーケード版は実際に、リオネジャネイロの選手村で遊戯施設として設置されていたらしい。

マリオ&ソニック AT 東京2020オリンピック

発売年2019年発売予定(シリーズ第6作)
対応機種ニンテンドースイッチ・アーケード(2020年稼働予定)


2019年3月30日の『セガフェス2019』内にて、マリオ&ソニックの東京オリンピックが公式に発表された。amiiboが対応されているかは現時点不明だが、E32019のトレーラーから全競技のオンライン対応をしている(競技自体かレコードのみかは未発表)事が示唆され、今作では女性選手以外も、一部競技で専用の衣装を着用する。

ストーリーモードが搭載されており、最初の東京オリンピック開催の年である1964年にタイムスリップする事件に巻き込まれる。

このソフトとは別に、同じくセガゲームスからPS4・ニンテンドースイッチ向けの純粋なオリンピックスポーツゲームになる『東京2020オリンピック』と、ソニックのキャラクター達のみに限定されるが、スマートフォン(iOS,Android)で遊べる『東京2020ソニックオリンピック』も2020年に配信予定。

余談

ソニックのライフジャケット

ソニックは泳げない(水中を歩いたり水上を走ることは可能)という設定のため、水泳競技ではライフジャケットを着用して参加する。当初はオレンジ色だったが、『AT ロンドンオリンピック』から青色のライフジャケットへと変更された。
よく見るとソニックだけが、水泳の際に顔を出し、上体を起こして犬かきのように進むので、製作者のこだわりが感じられる。

平昌オリンピック版について

2018年の平昌オリンピックについては、ユービーアイソフトがオリンピックゲームの権利を取得したため販売できなかったとされているが、他にも様々な要因や推測があるので、実際のところは曖昧である。

AT 東京2020オリンピックにおけるキャラクター描写

『AT 東京2020オリンピック』から、マリオシリーズの登場人物は特定の競技(空手・サーフィンなど)で裸足になる一方、ソニックシリーズの登場人物は靴を履いたままになっている。
これは「ソニックは裸足にならない(靴を脱がない)」という公式設定を基に統一しているためだが、一応ソニックも公式作品で素手素足になった事はあり、また過去には裸足を晒した、設定次第で裸足になるキャラクター、アニメ『ソニックX』でエミーが裸足でサンダルを履くシーンはあったりする。

関連項目

任天堂 マリオシリーズ マリオ セガ ソニックシリーズ ソニック・ザ・ヘッジホッグ クロスオーバー

オリンピック 北京オリンピック バンクーバーオリンピック ロンドンオリンピック ソチオリンピック リオオリンピック 東京2020オリンピック

大乱闘スマッシュブラザーズX - 北京オリンピックとほぼ同時期に共演が実現している。
スマブラワールドゲームヒーローズ:上述の作品からスマブラシリーズで双方が共演しているため、共演イラストとして便宜上タグ付けされる事がある。

安倍マリオ - ある意味パロディ

関連記事

親記事

オリンピック おりんぴっく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マリオ&ソニック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13851

コメント