ピクシブ百科事典

東京オリンピック(2020年)

せいれきにせんにじゅうねんのとうきょうおりんぴっく

東京オリンピック(とうきょうOlympic)とは、平成32年(西暦2020年)開催予定の第32回オリンピック競技大会(Games of the XXXII Olympiad)である。
目次[非表示]

招致活動

ライバルとなる立候補都市にはトルコイスタンブールスペインマドリードがあった。東京は、震災から復興してきた姿を見せることをテーマの一つとして招致活動に挑んだ。

前回の計画を改善したことや治安の良さ、財政面で高い評価をうけ、立候補都市中唯一「非常に質が高い」という評価を受けている。

一方で、他の開催地に比べて国民の支持が少ないことと、原発事故による放射能汚染、そしてピーク時の電力不足が課題として挙がっていた(第一次選考より)。

前者については、平成28年度東京オリンピック構想の時も大きな課題であった。そして今回の支持率は前回よりも低く、3カ国中、唯一賛成が50%もなかった。これについて、石原都知事(当時)が「都民は五輪に来なくていい」(のちに「言葉が足らなかった」と釈明)と逆ギレ発言し、物議を醸したこともあった。ただ、ロンドンオリンピックで活躍した選手を宣伝に起用するなどの戦略の転換により、最終的に支持率は70%にまでアップしており、この課題はある程度解決された。

後者については汚染水問題が海外メディアで報道されるなど大きな懸念材料となっており、今後政府がどのような方針を打ち出すかが大きな課題となっている。

東京都は今回の招致活動では知事が猪瀬直樹に交代しており、猪瀬を含む招致活動のメンバーがプレゼンテーションのトレーニングを受け直すなどし、決選投票のアピールに備えた。

開催決定へ

決選投票近くにはトルコに治安悪化(および隣国シリアの政情不安)、スペインに財政事情の不安、日本に東京電力福島第一原子力発電所の汚染水処理問題という懸念がそれぞれ浮上し、日本もこれらの状況に対抗するため安倍晋三首相自ら下記の総会に森喜朗太田雄貴ら五輪経験選手や滝川クリステルらのプレゼンターとともに参加。「福島の状況は全体としてコントロールされており、汚染水は完全にブロックされている」とアピールした。

平成25年(2013年9月7日の国際オリンピック委員会総会において投票が行われ、中間選挙でマドリードが敗退、イスタンブールと決選投票の末、東京での開催が決定した。東京でのオリンピック開催は昭和39年に行われて以来56年ぶり2回目(昭和15年にも一度開催権を得たものの、第二次世界大戦の影響で開会出来なかった)で、日本国内では4度目のオリンピック、アジアでは史上初の「過去に開催経験のある都市における二度目のオリンピック開催」となる。

開催日程

開催予定日は現在のところ、平成32年(2020年)7月24日8月9日の予定である。競技数は28競技予定で、レスリングは残留したもののソフトボール野球は一端外されたままとなった。しかし追加競技の枠で野球・ソフトボールと空手スポーツクライミングサーフィンの5競技が追加となった。
さらに2017年6月に追加種目に卓球・混成ダブルス、柔道団体戦、3人制バスケットボールが追加された。
開催に合わせ、老朽化した国立競技場を平成26年をもって取り壊し、平成30年に「新国立競技場」として再度完成させる計画が進行している。のだが・・・

問題点

東京オリンピックには、放射能汚染問題以外にも多くの問題点や疑惑があり、反対意見も根強い。

「お・も・て・な・し」とはつまり「裏がある」ということであるとは、これに関してネット上で生まれた表現である。

猪瀬直樹知事辞任
森元首相東京五輪委員会会長に
私にはこう見えます。



熱中症患者が続発する危険性について
pixiv住人であれば夏コミの現状からして、熱中症は決して無視できないリスクである事をご理解いただける方も多いだろう。
7月末8月初旬の開催は、東京が一番暑い時期であり、選手や観客、プレス、スタッフなどを問わず現場にいる人々に大きな負担がかかることは避けられない。
「真夏の東京の施設で行われる巨大イベント」と言う点で共通する夏コミケにおいては毎年多数の熱中症患者が発生しており、その多さから通称「ジェノサイドコミケ」と言われるレベルにまで達した年すらある。
まして来るのはこの惨状を知らない一般人であり、知った上で対策を施した「兵士」ですらないともなれば・・・「ジェノサイドコミケ」よりも甚大な被害を出す「ジェノサイドオリンピック」になりかねない。
つまりは、下手したら40℃にもなる高温多湿な真夏の日本でオリンピックだなんてどうかしてるよ!!ってことである。
なお、前回の東京五輪は10月だった。日本でスポーツや屋外イベントをするには絶好のシーズンといえ、賢明な判断であるといえよう。
しかしIOC(国際オリンピック委員会)は秋開催は欧米のプロスポーツのシーズンと重複するという理由から、日程の変更には消極的である。

買収疑惑と国内メディアのコントロール

(この動画を見ていただきたい。)

この疑惑について日本側は「確認できなかった」とコメントしているが、これは長野五輪の際の同様の疑惑および会計書の焼却処分疑惑にも似ている状況である。

そして、リオ・デジャネイロ五輪と東京五輪は買収であったとフランスとブラジルの当局が結論し、2017年10月にリオ五輪の組織委員会はカルロス・ヌズマン会長が逮捕、資格停止になった。

ネット上では、電通顧問で東京五輪組織委員会理事の高橋治之に逮捕状が出るだろうという噂や、電通社員の過労死自殺問題を大きく取り上げているのはこっちの問題から目を逸らさせるためではないのか?という疑惑まで発生している。

同じく2017年10月、渦中の人物のであるディアク親子間での当疑惑を後押しするメールのやり取りが判明した。その内容とは、「(東京と開催都市を争っている)マドリードへ投票するようアフリカ諸国への働き掛けが全力で行なわれている。休憩時間になんとかせねばならない。」というものであった(参照)。

  • 2024年と2028年の夏季五輪がパリとロサンゼルスにすんなりと決まった事も、当問題と無関係ではないだろうとする憶測もある。
  • もっとも、この手の買収疑惑は1988年のソウル五輪から通例化しており、今更クリーンな五輪、というお題目を信じている人のほうが少ないだろう。今まで日本が五輪開催権を得られなかったのは買収しなかったからだとから言われているほどなのである。

新国立競技場問題
巨大な金が動く五輪には様々な疑惑がつきものであるが、新国立競技場の建設を巡っては建設費が当初想定した1300億円を大幅に膨れ上がり2520億円となることがデザイン決定後判明した上、競技場周辺の景観との調和が崩れるなど、専門家の間で競技場改修に疑問や反対の声が挙がっていた。最終的に建設計画は白紙撤回に至ったが、なぜそれほどまでに建設費が膨れ上がったのか、なぜそのようなデザインが選ばれたのか、そもそも責任の所在はどこにあるのか等々、検証すべき点は山ほどある。
しかもこの騒動があった頃には旧国立競技場は既に解体済みであり、いずれにせよ建てないと言う選択肢はないと言う状況だからタチが悪い。

また、エコな五輪を謳っておきながら、会場建設のために、主に東南アジアの森林を伐採、先住民等の権利を侵害したと見られ、国際的な非難を浴びている。抗議の署名も14万人に達した。それだけでなく、この問題をやはり国内ではまともに報道していない。
最も、このあたりは日本が自ら伐採しているわけではなく国外の業者から買っているだけという点を無視してはならないだろう。言うまでもなくこの手のことをやらかすのはチャイニーズ系である。
それを日本の責任に押し付けた結果今後の木材を極力国内から調達する方針になり、結果として東南アジアの人々は仕事を失うことになった

ポスターの盗作疑惑
デザイナーの佐野研二郎氏によってデザインされたオリンピックのポスターのロゴがベルギーのとある劇場のマークと似ていることが指摘されるという問題が発覚。佐野氏本人はデザインの盗用を否定したが、その後、佐野氏の手がけた他のデザインにも多数同様の問題が浮上してきたため、事態を重く見た組織委員会はポスターデザインを白紙撤回することとなった。このコンペの応募条件自体、殆ど一般からの応募が不可能で出来レース前提だったのではとの批判が高まった。
そこでエンブレムのデザイン募集は再度審査方法などを改めて一般公募で行われ、建築デザイン等で活動するアーティストの野老朝雄が手がけた紺色の組市松紋デザインのロゴが採用となった。
なお、この再審査でも最終選考候補のうち数点に既存作品との類似問題があり落とされ、敗者復活の候補作品が数点繰り上がっていたことが明らかになっている(野老作品が敗者復活か否かは非公表)。

コミケの会場も、オリンピック会場に。
会場の1つとして東京ビッグサイトが使用される予定であり、コミケの開催に悪影響が出るのではないかと懸念される。ちなみに、東京ビッグサイトで行われる競技は、レスリング、テコンドーフェンシングの3つである。
ただ、コミケの代替開催地は幕張メッセインテックス大阪など候補が上がっている他、愛知県中部国際空港付近に中部国際展示場(仮)を建設し定例では東京開催のイベントを呼び込もうと、三つ巴の様相を呈している。ちなみに愛知に関しては名鉄も共犯

オリンピックは、表現規制の口実にも。
また、「オリンピックで来た外国人に不快感を与える」「テロ対策」といった理由で、表現規制やインターネット検閲を導入することが唱えられており、警察や治安政策の動向も目が放せない課題となっている。オリンピック開催に伴う監視社会化については、北京オリンピックでネット検閲が強化されたり、ロンドンオリンピックでロンドン市民が自由に商売できなくなったり、といった先例もある。

「コンパクト」は何処へ……
競技会場の約85%を選手村から半径8km以内に配置する。というコンパクトさを売りに招致レースを勝ち取ったが、ここにきて会場計画の見直しを進めようとしている。舛添要一都知事は都議会の所信表明演説で、建築資材費や人件費の高騰などを理由に会場計画を速やかに改めると表明。その後、運営にあたるオリンピック組織委員会の森喜朗会長も見直しが必要とのコメントを出した。
具体的に挙がっているのは、競技施設の建設中止がバスケットボールとバドミントン。カヌー・スラローム競技が会場変更とされている。また言及はされていないものの、建築界から批判の声が強い新国立競技場も見直しの可能性は十分にある。
なお見直しについて、大会の準備状況を監督するIOC調整委員会のコーツ委員長は、理解を示す一方で、「国際競技団体と調整のうえで、2〜3か月以内に会場の最終決定をする必要がある」と述べている。

そもそも、過去の全五輪大会において、主催国にとって五輪の開催が経済的に少しでもプラスに働いたのは片手の指の数にも満たないという話もある、がその片手の数の1本に1965年東京オリンピックがあるため二匹目のドジョウを追い求めたことを全否定はできないだろう。なにせ半世紀から1世紀は復興不可能と言われていた状況からたった20年で世界の一流国に戻る力があることを顕示したのだから。
そして実際に短期的には日本の求人倍率が上昇し、雇用問題を売り手市場に好転させている。効果はすでに出ているのだ。

そもそも、金が動くということは人が動くということであることを無視してはならない。税金の無駄というが国債発行を抑制した民主党政権下のどん底はどうだった? もちろん、その効果に疑問を呈することは悪いことではない。だが、額が大きいからとか、一部の人が儲けているからなんて理由で頭ごなしに否定するのは誤りである。
ついでに言っとくと日本の国債の外債率は1%に満たないので国債を買う余裕のある人の現金が一般労働者に落ちる仕組みになっていることも忘れずに。

でもカヌー・ボート競技は戸田レース場でいいよな(そもそも1965年東京五輪のために作られた競技場)。

その他(一部)
  • アンダーコントロールできていないと騒ぐ人達がいる
    • 言うまでもなくアンダーコントロールされていなければ東京よりもっと近い場所で目に見える被害が出ていなくてはおかしい。楽観も禁物だが。
  • 豊洲市場問題
    • 移転計画自体は五輪決定以前からあったものなので、別に五輪が悪いわけではないのだが……
  • 街路樹などの伐採
    • 伐採が予定されているイチョウの木はムクドリが過剰繁殖する原因になっており獣害が報告されている。また、伐採計画自体五輪開催決定の2年前に決定されたものであり、目的は歩道の拡幅である。現状の当該歩道は人1人が通れるかどうかという幅なのだ
    • さらに植えられた時期は少なくとも明治期以降だが、この程度の樹齢のイチョウは貴重でもなんでもない(300年級はザラであり、1000年レベルのもあるとか)。
  • 貴重な動植物の生息域である海浜公園などの破壊の可能性
    • ↓と矛盾してるだろ
  • 東京湾の水質
  • 猪瀬直樹のイスラム蔑視発言
    • G7でこれが問題になるのは日本だけだがな(他はすべてキリスト教圏国家のため)。

競技会場が見直される競技
競技当初案変更案理由
バスケットボール夢の島ユースプラザ(江東区)さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)近隣に既存の施設があるうえ、建築費が膨大
バドミントン同上武蔵の森総合スポーツ施設(調布市)同上
カヌー・スラローム競技葛西臨海公園(江戸川区)公園に隣接する都有地(同区)環境破壊に繋がるとの批判

ちなみに、会場変更は過去の大会でも行われている。例えば、2012年のロンドン大会では、世界的な経済危機の影響を受け、新体操とバドミントンの会場が選手村から30kmも離れた「ウェンブリー・アリーナ」で行われた。また、08年の北京大会では当初天安門広場で開催される予定だったビーチバレーが、「神聖な場所で水着姿になるのはいかがか?」と言う理由から、別会場に変更されている。

野球というお荷物
オリンピック改革として今大会から開催地が好きな種目を五輪に加えられるという追加種目が認められ、野球などが加えられた。
しかし、参加国でも6か国に留まりメダルの価値を落としてしまうのではという懸念も出てきている。ちなみに、参加できただけで最下位でも入賞は確実である。

実はここまで紹介してきた問題は大した問題ではない!

これ。実は一番の問題はズバリ

電力不安

なのだ。
実際にコミックマーケット開催期間中に都内の電力消費が上がるため、2011年から毎年、夏コミ期間中に危険水域に達している。その度危機を救ってきたのが原発推進派のみなさんが揃って役立たずという太陽光発電なのだが(冷房の使用ピーク時と太陽光の発電能力ピーク時がラップするためピーク時に電力を供給してくれる)。
東京電力(と東北電力日本原子力発電東海第二発電所)の原発が稼働再開する目処は立っていない。すでに再開、もしくは再開が見込まれている原発は北海道電力泊原子力発電所を除いて全て60Hz地区なので、東京電力に融通可能な電力量が限られている(北海道も50Hz地区だが、青函トンネルは漏電抑制のため直流送電となっており、やはり変換設備に限界がある)。
これは上記の開催時期の問題にもかかってきており、秋季開催であればかなり緩和されるのだが……

さらに、いくら技術先進国と言っても慣れないことをやろうとするとトラブルが出るもので、「日本の都市は電線だらけ!」というイメージを払拭しようとして急いで電力線の地下埋設化を急いでいるが例によってあそこが大事故をやらかした(この地中化は以前に行われていたものだが、メンテナンスのノウハウが薄いことを露呈している)上、小規模なトラブルがあちこちで起こっている。

インフラ機能が高く、特に電力と水に関しては不安がないのが日本のアピールだったはずなのに、これでは本末転倒なのでは……

余談

本大会の準備機関に携わるアレックス・ギラティ氏が、2017年11月にセクハラ容疑で謝罪した。

また、スポーツ経済学者のアンドルー・ジンバリスト氏は、経済的に見て本大会の成功は「あり得ない」と推測している。

ジャーナリストのジェーク・エーデルスタイン氏は、本大会を「ヤクザ・オリンピック」と形容した。これは、JOC関係者と暴力団等との繋がりを指摘する氏の発表にて使われた言葉である。

pixivでは

概ね招致成功を祝賀するイラストと、五輪とキャラを絡ませたネタ絵、五輪に便乗して行われる表現規制の動きに反対したり、問題を起こした人物や事物(舛添要一佐野研二郎新国立競技場など)を風刺するイラストに三分されている。

実施競技

過去最多の33競技が実施予定となっている。
野球・ソフトボールは北京五輪以来3大会ぶりに復活。空手(男女3階級別の「組手」と演舞で正確さを競う「形」)・ローラースポーツ(スケートボートローラースケート)・スポーツクライミング・サーフィンが新しく正式採用された。

別名・表記ゆれ

東京五輪

関連タグ

オリンピック 2020年 東京都(東京) 東京パラリンピック
猪瀬直樹 森喜朗 佐野研二郎 秋元康 安倍マリオ

pixivに投稿された作品 pixivで「東京オリンピック(2020年)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 156917

コメント