ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

熱中症

ねっちゅうしょう

「熱中症」とは、発汗や循環機能に異常をきたし、体温の調節がうまくできなくなることによって起こる、様々な体の不調を総称した症状。
目次 [非表示]

解説

病名。熱中症とは、暑熱環境下で体温が上がることによって引き起こされる、様々な体の不調のこと。かつては屋外でかかる(太陽光が原因とされる)のが日射病、室内でかかるのが熱射病とされていたが、原因も対処法も同じなため、現在では熱中症に統一されつつある。


による蒸発や皮膚からの熱放出を通じた「体温のコントロール力」が崩れると、本来なら暑いときも寒いときも一定に保たれるはずの体温が上昇し、体内に過度のが蓄積される。


同時に、体内の水分や塩分のバランスも失われる。それらによって、めまい・けいれん・吐き気・意識障害・頭痛など、さまざまな「熱中症」の症状が引き起こされることになり、最悪の場合はに至ることもある(『はてなキーワード』等より抜粋、編集)。


夏フェスの観戦やコスプレなどの屋外イベント、部活の練習、屋外での仕事など炎天下では特に注意し、十分な休憩と体調管理、水分補給に努めよう。ここで注意しないといけないのが適量の塩分の摂取である。人間が大量に汗を流し脱水状態になると、水分とともに塩分が汗で流出してしまう。そこに水分だけを補給すると体液のバランスが崩れ低ナトリウム血症を引き起こしてしまう。これを水中毒といい最悪は死に至る。


なお、熱中症は日中だけ起こるとは限らない。熱帯夜の夜でも発症する事がある。熱中症単体でも恐ろしいが、最悪くも膜下出血脳梗塞などの脳卒中に発展する場合もある。この場合、死亡する危険も高いが一命を取り留めても重篤な後遺症が残る場合もまた多い。事実、脳血管系の病気の発症は夏に意外と多いのである。


COVID-19とも症状が似て紛らわしくなる場合もあるので、検査結果が出るまでの待機を余儀なくされる場合もある。


特に最も注意すべき点としては、夏日以上での着ぐるみによるコスプレは大量な汗を発生させ体温も非常に上昇させるので、熱中症は当然として脱水症状にも罹りやすく生命の危険にも陥りやすいので、注意がくれぐれも絶対に必要である


マスク着用による熱中症

コロナ禍が広まった近年では夏でもマスクを着用するという同調圧力により熱中症で倒れるケースが増加している。

法的にはあくまでマスク着用が任意であるにもかかわらず、熱中症を軽視してコロナのみを過剰に恐れる多数派の同調圧力やクレームで問題が長期化しつつある。


予防

基本はまず「水分をこまめにとる」ことである。

真夏は「喉が乾く前に少しづつ給水」していくことが大事。


「塩や梅干しを舐めて甘く感じる」「経口補水液が美味しく感じる」は既に危険域に入っている状態である。

速やかに日陰や冷房の下に入り水分を補給すること。

太い血管が集まっている首や脇の下、足の付け根を冷やすのも効果的。


前述の低ナトリウム血症を防止するため夏の屋外現場作業や夏コミ、夏フェスでは塩タブレットを持参するのが良い。

ただし、健康上塩分摂取が制限されている人は主治医と相談すること。


そして電気代をケチらずちゃんとエアコンを使うこと。

もし重症化した場合、治療費や精神的苦痛のほうが電気代以上にかかってしまう。


高齢になり温度感覚が鈍くなると、屋内が高温になっていても「あんまり暑く感じない」と思ってしまったり、昔の感覚でエアコンをつけなかったりする場合も多い。

特に70歳を越すと感覚がかなり鈍ってくる人も多いので、高齢親と同居している人は要注意。


その他の使用法

平仮名で表記すると「ねっちゅうしょう」となるが、これを途中で区切ると「ねっ、ちゅうしょう」となり、さらに発音を少し弄ると「ねっ、ちゅうしよう?」→「ねっ、チューしよう?」という、キスをねだるシチュエイションに化けるのである。

これは最早「お約束」レベルとなっている。


関連タグ

病気  体温 暑い 熱い

オーバーヒート 熱暴走 暑さ対策


外部リンク


関連記事

親記事

病気 びょうき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3759431

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました