ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ブラック校則とは、人権侵害と言える校則を生徒に強要するなどの犯罪行為や、教育者として立場を悪用した嫌がらせを繰り返す行為のことである。

いじめと同じく深刻な社会問題となっており、特に同調圧力が強い日本で多く見られる。
理不尽な校則自体は古くから存在していたものの、法律で解決すべき問題を精神論根性論で乗り切らせようとしたり、学校側の保身で有耶無耶にされたりしたために長年可視化されずに放置されてきた。
また、学校に関する異常な「当たり前」の感覚が一般大衆に根強く浸透してしまっている風潮もブラック校則の根深さに拍車をかけており、集団行動を優先して個性を重視しない日本社会の悪い面を出しているようにも受け取れる。

主なブラック校則

地毛証明書

染髪してないか確認するための証明書。
日本では染髪に対する偏見が残っているという事情もあるが、黒髪が特徴の日本人の中には少なからず生まれつき黒髪ではない者もいるにもかかわらず、「黒髪=正常」というこじつけで異端視する等、立派な人種差別と言える。

黒染め強要

生まれつき黒髪ではない生徒に対して髪を黒く染める事を強要する行為(メイン画像)。
ぶっちゃけ、先天的な身体的特徴を全否定する人権侵害以外の何物でもない。
染髪を禁止しているにもかかわらず黒染めを強要する事自体が矛盾しており、髪にも頭皮にも負担をかける、場合によってはアレルギーが出る染髪を強要する行為は学校ぐるみの児童虐待であり、それどころか暴行罪傷害罪強要罪に該当する。

2018年に話題となった大阪の高校における黒染め強要問題の場合、学校側が「指導」という言葉を盾に生まれつき茶髪の女子生徒に対して「4日の1度黒染め」を命じた他、茶髪を理由に文化祭修学旅行の参加を認めない等の悪質な人種差別を行なっていた。頭髪指導のストレスや染髪によるダメージに苦しめられた女子生徒はやがて不登校となり、のちに訴訟を起こしたとの事。

上記と同一の事例かは不明だが、「生まれつき金髪の留学生が編入してきたらどうするのか?(要約」との質問に、「当然、黒髪に染めさせる(要約」と学校側が回答したとの報道もあった。
地毛証明書を求めている学校のため、「生まれつき(現状におけるイジっていない状態)の髪色からの変更を認めない」という最初の趣旨が何処かに忘れ去られて、手段と目的が混同されていると言える。

教室の外に立たせる

本来なら校則違反を行った場合に行われる処罰だが、教師が問題を指名した生徒が答えられなかった程度のレベルでも教室の外に立たせる。これは、生徒を晒し者にして、尊厳を傷付けることと、「授業に参加出来ない」=「教育の機会を奪う」と言う問題があり、後者は三大義務の教育の義務に反する。

髪型の強制

学校によっては男子学生は強制的に短髪にさせられ、長髪は一人も居ないと言う事も少なくない。「眉毛や耳、襟足に髪が直接掛かったら切りに行く事とする。ピンは使用禁止。」という校則が存在するからである。ところが何故か女子は長髪が許され、眉毛にに掛かったらピンで留めるようにという校則になっている学校もある。
かと言って普通の短髪にしてしまうと髪質によってはホントにオシャレ依然の問題で不格好になってしまうのでツーブロックでなんとか.....したくても校則で出来ないなんて事も。そしてその肝心な禁止理由が「外見などが原因で事件や事故に遭うケースがある」というよく分からない理由だったりする。どんな事件か事故に遭いやすいのかよく分からない理由の上にそういった明確な統計データ等も無い為説得力に欠ける。
なお、女子の場合でも「長髪は良くてポニーテールは禁止」と言った校則も存在する。その禁止理由が「男性の欲情を煽るかもしれない」と言う理由である。そういった原因のトラブルが多いのならともかく、そんな事件が皆無であり且つ欲情を煽るだけで男子が女子に何一つ嫌な思いをさせてないのなら何一つ問題無い事である。それに男子全員短髪ならその逆も無いと言う可能性はゼロでは無いだろう。
ハッキリ言ってどれも男女差別としか言いようがない

下着チェック

着用が許される下着の色を学校側で決める行為。
基本的に「白のみの着用」が多い。男子の場合、夏服は白Yシャツである学校が多いが、この場合、下着のTシャルが透けて見える為、白に統一して目立たせない様にする。万が一の事を考えた場合、最も安全な校則。
下着の色を決めるだけでなく、教師の前で制服をめくって下着を見せるよう強要する。酷い時には違反と見なされた下着を没収する場合もある等、セクハラおよび強制わいせつ罪と言える。

体操服に下着の着用禁止

「体操服の中に肌着を着てはいけない」という校則。

組体操

運動会などの行事で行われている人間タワー。
参加者の肉体にかかる負担が大きく、過去に死亡事故も起きていたため、近年では禁止する小中学校が増えている。

生理でプール見学の女子に対してペナルティを強要

生理中で水泳授業に参加できない女子生徒に対して内申への影響をチラつかせて「校庭10周するか生理の状態で水泳授業に参加」などの女性差別を公然と行なう。

生理日数を申告させる

セクハラおよびプライバシー権の不当な侵害であり、上記の生理中の女子に対する水泳授業の強要と同様に女性の身体的特徴を侮辱した人権侵害である。

粗探しによるテストの点数減点

正解を書いているにも関わらず、文字が汚いなどの粗探しによる感情論だけで生徒のテストの点数を減点する。
テスト時間中にトイレなどの理由で退席したら1割減点やテスト終了という例もある。

特定の筆記用具の強要

「短くなったり鉛筆削りを忘れたりすると書けなくなる」という理由で筆記用具に鉛筆を使ってきた生徒にまで人格攻撃を行うなどし無理矢理シャープペンに持ち変えさせる。
逆にシャープペンを禁止し鉛筆を使わせるブラック校則もある。

携帯使用禁止

学校から家に帰る途中生徒が学校内で携帯電話を弄ってないか校舎周辺に教師を派遣して監視し生徒が使用していた場合は没収する。中には解約させ、坊主にする男子校もあった。現在はスマートフォンで同様の行為が行われていると思われる。

これについてはほとんどの学校で、かつての「家庭連絡網」に代わる手段として、携帯電話の所持を許可する学校が多いが、授業中は電源を確実に切る事を条件としている事が多い。

授業中でなくとも私語厳禁

要するに「休み時間、放課後であっても学校内での友達同士の私語、会話、相談、雑談は厳禁とする。」という無茶苦茶な校則。その理由が「イジメ防止対策」だが、あまりにもやり方が大雑把すぎるとしか言いようがない。
学校は生徒の自主性や社交性、コミュニケーション能力を育む場でもある」事を考えてもいないのだろう。
酷い場合は、他学年、他クラスの物理的な入室自体も禁止されている事も。

対策

近年では理不尽な校則がニュースで多く報じられるようになり、「ブラック校則」として疑問視する声が大きくなっているものの、いじめと同様に学校の体質が生み出した治外法権村社会が問題解決の障害となっている。

確かなのは「厳しさ」と「人権侵害」を履き違えてはいけないという事である。

フィクションでのブラック校則

  • 大人党(U19
  • 蝶野先生遊戯王)…八つ当たりで生徒を退学に追い込む女教師であり、生徒達からは「退学魔女リン」と呼ばれている。


関連タグ

社会問題 学校 校則 いじめ 虐待 モラハラ パワハラ  犯罪 全体主義 同調圧力 グレーゾーン 非常識 島国根性

モンスターティーチャー…ブラック校則に深く関与している。

毒親…似た者同士の存在。もちろん学校に通えばブラック校則、家に帰れば毒親の過干渉…と普通に重複する事例のため、子供は居場所がなくなりアダルトチルドレンの精神疾患をさらに悪化させる原因にもなっている。

モンスターペアレントモンスターチルドレン…ブラック校則の逆。

ブラック企業…ブラックを冠した日本の社会問題繋がり。

就活…職種によっては黒染め強要を行なう等、ブラック校則と同じく日本的な同調圧力が根付いている。

関連記事

親記事

社会問題 しゃかいもんだい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラック校則」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194399

コメント