ピクシブ百科事典

全体主義

ぜんたいしゅぎ

全体主義は個人の全ては全体に従属すべきとする思想または政治体制のこと。

全体主義(totalism)は、個人の全ては全体に従属すべきとする思想または政治体制。このような政治体制においては、通常1つの個人や党派または階級によって支配され(独裁制)、地方自治体や家族などの共同体は独自の価値を認められず全体(国家)に奉仕するものでしかない。個人の権利自由は為政者の思うがままに制限ができる。

ナチスドイツファシスト・イタリアや、戦時体制下の軍国日本東ドイツスターリン体制下のソビエト連邦などがこのような全体主義体制の例としてよくあげられる。 文部省は、『國體の本義』『臣民の道』などの著作において全体主義的な国家観をまとめている。『臣民の道』においては、家が集まって国をつくるのではなく、逆に個々の家は国を本とするもので、「国を離れた私はない」と説かれている。

関連タグ

個人主義民主主義-全く相反する価値観
セカイ系-社会概念がなく、1対1の関係が全体に直結する世界観という意味では全体主義との類似性が認められる。
ディストピア
秘密警察- よく知られた例としてはナチスドイツのゲシュタポ、東ドイツのシュタージ、日本の特高などがあげられる。

参照

wikipedia:同項目臣民の道

pixivに投稿された作品 pixivで「全体主義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41819

コメント