ピクシブ百科事典

個人主義

こじんしゅぎ

Individualismの訳語。国家や権威などに対して、個人の自由と権利を尊重する思想。
目次[非表示]

概要

国家や社会の権威に対して個人の権利と自由を尊重することを主張する立場。
あるいは共同体や国家、民族、家の重要性の根拠を個人の尊厳に求め、その権利と義務の発生原理を説く思想。
(反対語:全体主義

特徴と類型

個人が至高の価値を有するという道徳原理(人間の尊厳)と自己決定(自律)を重視し、個人は理性的存在または個性的存在であると考える。

個人主義という語は多義的であって、その文脈に応じて、社会学的個人主義、方法論的個人主義、政治的個人主義、経済的個人主義、宗教的個人主義、倫理的個人主義、認識論的個人主義といった諸類型に区分することができる。

現今の世界では資本主義を支える基本的な価値観として隆盛を極めている。

利己主義との違い

個人の利益・欲のみを追求することはエゴイズム利己主義あるいは快楽主義と呼ぶべきであり、個人の尊厳と意思決定を重視する「個人主義」とは別のものである。

共産主義との関係

個人主義は一般に共産主義とは対立するものと考えられているが、共産主義が個人の自由を制限し、統制を重んじる主張の根底にはこの個人主義的功利主義思想が含まれている。
共産主義の個人観は、個人を社会構成の一原子とみて、その機械的集合を社会とみるのである。団体生活の尊重は、手段として尊重するのであって、目的は個人の幸福にある。

関連タグ

イデオロギー
功利主義:個人の幸福を目指すのが社会全体にとっても最良であると考える思想
自己中:間違った方向に拡大解釈してしまった結果

pixivに投稿された作品 pixivで「個人主義」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1285

コメント