ピクシブ百科事典

概要

を勧め、を懲しめること」を意味する四字熟語
聖徳太子が作ったとされる法文の一説「六曰、懲惡勸善、古之良典。是以无匿人善、見-悪必匡。其諂詐者、則爲覆二國家之利器、爲絶人民之鋒劔。亦佞媚者、對上則好説下過、逢下則誹謗上失。其如此人、皆无忠於君、无仁於民。是大亂之本也。」が語源とされ、悪を懲らしめ善を勧めることは古来からの規範であり、放置すれば大乱の原因になると記されている。

江戸時代後期の文学作品においては「正義が勝ち、が滅びる物語」が多く用いられた。
中でも『南総里見八犬伝』は勧善懲悪の代表作とされている。
その在り方については古くから否定的な意見もあり、明治時代に記された小説論『小説神髄』では勧善懲悪を説く小説を「勧懲小説」と呼び、時代遅れの産物と評している。

近年でもそういう“単純な勧善懲悪=時代遅れ、子供騙し”と見る風潮は根強いが、だからといって最後に悪が勝って善が滅びるような作品とてそう多くはなく(あっても主流とは見なされ難い)、いかに善悪が相対的に描かれた創作物であっても、最終的にはなんだかんだでこれに近い結末に落ち着く傾向は強かったりと、時代や媒体が変わっても勧善懲悪は娯楽の王道として健在であることは言うまでもない。

子供向けのヒーロー番組などでもシンプルな勧善懲悪より、複雑な善悪の概念を取り入れたシナリオやキャラクター造形が一般的になってきているが、まだ複雑な設定への理解力に限度のある幼年層にとっては、シンプルな勧善懲悪から入る方がわかりやすく望ましいとする意見も存在する。

しかし、中にはこの勧善懲悪を根拠に過激な言動や行動に出る人間が実際に現れることもあり、悪を懲らしめるのも節度を守らなければただの蛮行ということを忘れないようにしたい。

関連タグ

四字熟語 罪を憎んで人を憎まず 勧善懲悪委員会

関連記事

親記事

四字熟語 よじじゅくご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「勧善懲悪」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「勧善懲悪」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2469111

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました