ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

解説

選民思想とは概ね、自らを神々などの頂上的な存在から選ばれた特別人々であると考える考え方と言えるが、狭義ではユダヤ人の思想のことを指す。


選民思想はユダヤ教において見られますが、これは特定の宗教や民族に限ったものではありません。歴史的には、王権神授説など他の宗教や政治形態でも同様の傾向が見られます。また、近代社会においても、金持ち特権や上級国民といった階級に基づく選民思想が存在し、文化や言語、消費傾向を巡る競争が見受けられます。


選民思想に陥る集団は、その存在を保持するために周囲との違いを強調し、自己を優越していると認識させることで、危機感を煽ります。このような思想は、他の人々の存在価値を否定する傾向があり、排斥運動や民族浄化の論拠としても悪用されてきました。


選民思想は単なる思考停止や理屈の積み重ねではなく、暴力理論に宗教や政治、血統などで合理的な装いを施したものと言えます。歴史的な事例では、極端な形で推し進められた選民思想がジェノサイドに発展することもあり、これは多くの犠牲者を出す結果となりました。


現代でも、人種や国家、階級に基づく優越思想が軋轢や摩擦を引き起こし、自らの不利を挽回するために選民思想を振りかざして凶行に及ぶケースが報告されています。


その為に、このような考え方は、否定すべき悪党の思想として創作物や社会的な議論で扱われることが一般的です。


キリスト教の見解

聖書には「あなたがたがわたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選び、あなたがたを任命したのです。それは、あなたがたが行って実を結び、そのあなたがたの実が残るためであり、また、あなたがたがわたしの名によって父に求めるものは何でも、父があなたがたにお与えになるためです。ヨハネの福音書15:16」とある。イエス・キリストは博愛主義であり、「わたしは良い牧者です。良い牧者は羊たちのためにいのちを捨てます-ヨハネ10:11」と言っている。


イスラエルの民は全人類の手本だったが、傲慢さゆえに道を踏み外した。だからこそイエス様はクリスチャンに「あなたがたは地の塩、世の光です。マタイの福音書5:13〜14」と人々の模範になるように教えられている。

聖書入門神様はなぜ特定の民族を選ばれたのでしょうか?


関連項目

王権神授説 特権階級 上級国民 善悪二元論 全体主義

貴族ノブレス・オブリージュ=『高貴なる者の責任』を意味する言葉。選民思想に傾いた側がよく使う言葉だが、たいていの場合実行できてない。

関連記事

親記事

ユダヤ教 ゆだやきょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18042

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました