ピクシブ百科事典

善悪二元論

ぜんあくにげんろん

善悪二元論とは、物事を「善」か「悪」かだけで割り切ってしまおうとする理論。
目次[非表示]

概要

分かり易く言うならば、あらゆる物事に関し、「良い」か「悪い」かの単純化で区別しようとする理論である。
元々はゾロアスター教の教義である「善神」と「悪神」から始まったとされる概念であったが、後にユダヤ教キリスト教等数々の宗教に受け継がれるようになる。その後も、時が経つにつれ、宗教のみならず、政治社会マスコミメディア軍隊、そして戦争等においても、善悪に関する二元論の概念が積極的に取り入れられる様になり、現在にまで至っている。
善悪二元論から派生的した概念や心理現象として、善が悪に勝利する事を真理とした「勧善懲悪」、敗者こそが善で勝者こそが悪である事をある種の美徳としている「判官贔屓」等がある。

本来、物事や人間というものは、「善」か「悪」かの両極端だけでは割り切れない曖昧さや複雑さを伴う事が数多く存在しているのが当たり前で、実社会でまともな生活を送っていれば、誰もが自ずとそれを理解し気付く事になる。
しかし、そういった事実を「理解できない・理解しようとしない」か、あるいは「理解していながら認めたくない為にあえて目を逸らしている」といった者も少なからず存在している。そういった者は、善か悪かの単純化を好み、複雑性や多様性を嫌うあまり、「善と悪のどちらでもない」といった中庸的な「第三の選択肢」を、どっちつかずな選択優柔不断臆病者として極度なまでに非難する傾向がある(ただし、そういう「第三の選択肢」を選ぼうとする人間の方が、現実的には圧倒的に多い)。そして、更にそれが極端なまでに先鋭化していった結果、両極端のどちらかを支持する者の間で意図的な煽り合い等が生じたり、人格否定や差別的言動、感情に任せた罵詈雑言にまで発展してしまうといった事もあり、社会問題にまで発展している。また、片方が大多数でもう片方が少数の場合だと数の暴力にまで発展してしまう可能性もある。

近年では、歴史上の人物等に関しても、アマチュア的な戦国ファンからは善悪二元論等に基づいた単純化した評価が好まれており、英雄的活躍やカッコ良さばかりが注目されている真田幸村石田三成直江兼続明智光秀浅井長政武田信玄上杉謙信等が「善」の枠組みに組み込まれているのに対し、裏切りや蛮行、地味さが強調されている徳川家康織田信長小早川秀秋等は、歴史背景や事情を考慮される事も無く「悪」の枠組みへ押し込められてしまっている。

また、基本的に善悪の二言論を好んでいる者は、自分が推進する側とは対比している側に対し、許容や理解の心は持たず、否定を前提とした態度しか取らない為、必然的に善悪二言論は争いを引き起こしてしまう火種同然となっているといっても過言ではないかもしれない。

善悪二元論による対比例

前述の通り、物事において「善」か「悪」かで割り切ってしまおうとする対比例というのは、キリが無いくらいに様々な形で実在している。
勿論、簡単に割り切ってしまえるも物あれば、そうでない物もあるというのは、予め留意されたい。

現実の実例



フィクション作品の実例


類似タグ

善悪 勧善懲悪 判官贔屓 二者択一

関連記事

親記事

善悪 ぜんあく

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「善悪二元論」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39

コメント