ピクシブ百科事典

源義経

みなもとのよしつね

源義経とは、平安時代末期の武将。平治の乱以降の逼塞の時期を鞍馬寺、奥州平泉にて過ごした後、異母兄・頼朝の挙兵に応じて参陣。治承・寿永の乱にて数々の戦功を挙げ、平家滅亡の立役者ともなったが、頼朝との確執を経て悲運の最期を遂げた。(1159年-1189年)
目次[非表示]

以下のうち、※の付記されているものは本項目で説明。

  1. 平安時代末期の武将。※
  2. 1をモチーフとした、無双OROCHIシリーズの登場キャラクター。※
  3. 1と同一人物と設定された鬼灯の冷徹の登場人物。※
  4. 真剣で私に恋しなさい!S」の登場人物。


概要

 河内源氏の棟梁・源義朝の九男(生母の常盤御前所生の子としては三男に当たる)として生を受ける。幼名を「牛若丸」、仮名は九郎、実名は義経。同母兄に阿野全成(今若丸、義朝七男)、義円(乙若丸、同八男)がいる他、鎌倉幕府を開いた源頼朝は異母兄に当たる。
 正妻は郷御前、側室は静御前。正妻との間に千歳丸(後に伊達家初代、伊達朝宗の養子になる中村朝定)と鶴姫(義経、郷御前とともに衣川の館でなくなる)の二子を設けている。


生涯

幼少期

 牛若丸が生まれて間もなく、父・義朝は平治の乱で敗死。数え年で2歳の牛若丸は母や兄たちと共に大和へ逃れたが、やがて母・常盤御前は平家の元へ出頭、3人の子らは成長後の出家を条件に平清盛に生命を助けられる事となる。
 当初は常盤の再嫁先である一条長成の元に身を寄せ、その後11歳の時に鞍馬寺に預けられた。寺では稚児名を遮那王と名乗っている。この鞍馬寺時代に平家打倒の志を抱いたとされ、当地に住まう大天狗や、陰陽師の鬼一法眼に師事し兵法・剣術を学んだとの伝承も残されている。やがて出家を拒んで寺を出奔し、承安4年(1174年)に自ら元服、義経と名乗るようになる。
 出奔後の旅の途中で、武蔵坊弁慶をはじめとする様々な家来を得て、奥州平泉藤原秀衡に身を寄せた。当時の平泉では、前出の一条長成の親戚にあたる藤原基成が、秀衡の舅として政務にも深くかかわっていた事から、義経もその伝手を辿ったものと見られている。

 ※以上の説明も含め、現在までに明らかとなっている義経の前半生は極めて限定的なものであり、また依拠する史料も軍記物などが主体である事から、多分に虚構ないし伝承が加わっている可能性もある事に留意されたい。

治承・寿永の乱

 治承4年(1180年)、異母兄の頼朝が伊豆にて挙兵すると、義経もその幕下に加わるべく平泉を発った。この時藤原秀衡からは、佐藤継信忠信兄弟ら数十騎が義経に附けられたとされる。
 義経が頼朝と再会を果たしたのは同年10月、富士川の戦い直後の黄瀬川の陣(相模大庭野との説もあり)での事であり、以降義経はその軍門に加わり、同じく異母兄の源範頼と共に、遠征軍の指揮官を任される事となる。

 寿永3年(1183年)、先に上洛した木曽義仲の追討を命じられた義経は大軍を率いて上洛し、範頼や軍監の梶原景時らとの協力の元、宇治川の戦いにて義仲軍を撃破。この戦いと前後して、「一の郎党」といわれる伊勢三郎(義盛)が義経配下に加わったとされる。
 さらにその半月余り後には、勢力を盛り返しつつあった平氏を討つべく福原に出陣、一ノ谷の戦いでこれをこれを大いに打ち破った。この合戦では、義経が小勢を率いて敢行したとされる「鵯越の逆落とし」が有名であるが、史料上の矛盾などから実際にそのような奇襲があったか、あったとしても実際に行われた場所が何処であったか、現在でも研究者によって見解が分かれている。

 その後の義経は情勢を安定させるために京に留まり、伊賀・伊勢方面にて発生した平家残党の大規模な蜂起(三日平氏の乱)への対応にも当たった。一方で範頼は一旦鎌倉へ戻った後、平家討伐のため西国にて転戦していたが、依然として瀬戸内海を掌握していた平家方の頑強な抵抗、さらに兵糧・兵船の調達難によって苦境に立たされており、この苦境を救うべく翌元暦2年(1185年)2月、義経も軍を再編の上西国へ出陣した。
 瀬戸内海に逃れていた平家方の拠点である屋島を、義経は暴風雨の中少数の軍勢を率いて奇襲に及び、佐藤継信の犠牲や那須与一による「扇の的」を経てこれを陥落せしめた。この時義経が弓を海に落とし、それを激戦の中で辛くも拾い上げて「こんな弱い弓を敵に拾われ「これが源氏の大将の弓か」と嘲られては末代までの恥辱だ」と語った「弓流し」の逸話が、『平家物語』には残されている。

 義経の活躍により四国の、さらに範頼の反攻により九州の拠点は失われ、平家方はいよいよ長門彦島に追い込まれる事となった。そして同年3月、源平両軍は遂に壇ノ浦にて雌雄を決する運びとなった。
 この時の義経の戦法として、「平家の水軍による速い潮流を活かしての絶え間ない射撃に対し、敵船の漕ぎ手を狙って射るよう命じた」というものが広く知られており、この時代の海戦における戦の作法に反した振る舞いを、あえて行う事によって義経は戦況を好転させた、とする描写が後世の創作作品などでもよく見られる。もっともこれについても、時期的に速い潮流が発生しにくい事が検証されていたり、同時代の史料でもこの潮流に関する記述はない、もしくは戦況に関わるほどのものとしては触れられていない事など、反証も少なからず呈されている。

 ともあれ、これら一連の源平合戦における義経の戦果が目覚ましいものであった事は衆目の一致するところであり、平家討伐を果たした義経が戦後の4月に凱旋した折には、その最大の立役者として京に迎えられる事となったのである。

頼朝との確執と都落ち

 ところがその後、義経は兄・頼朝からの勘気を蒙り、遂には鎌倉入りすらも果たせぬ状況にまで追い込まれてしまう。
 その原因については様々あり、頼朝の許しを得ぬうちに後白河法皇から検非違使に任ぜられた事が、「鎌倉殿」として配下の御家人たちに恩賞を与えるという頼朝の立場を、根本から揺るがすものであった事、また一連の源平合戦で義経が多大な戦功を挙げた一方、活躍の機会を奪われたばかりか時に厳しい咎めを受ける事すらあった東国の武者たちの不満の鬱積、さらに性急な壇ノ浦の合戦によって安徳天皇らや、三種の神器の一つ・草薙剣を確保出来ず、頼朝の抱いていた戦後構想を破綻させた事、などが挙げられる。

 義経は壇ノ浦の戦いで捕虜となった平宗盛・清宗親子を伴って関東へ下向した後、許しを請うための書状・腰越状を兄・頼朝に送るも、ついに鎌倉に入ることを許されず、頼朝からは「宗盛親子と平重衡を伴って京へ戻るように」との命が伝えられるのみであった。ここに至って兄との関係の破綻を悟った義経は、「関東で(頼朝に)恨みのある者はこの義経に続け(意訳)」と言い放ったとされ、対する頼朝も義経の所領をことごとく没収している。
 帰洛後、義経はやはり頼朝と反目関係にあった叔父の源行家と接近、頼朝からの命を受けた土佐坊昌俊らの手勢を打ち破る(堀川夜討)と、後白河院から頼朝追討の院宣を得て遂に頼朝打倒の兵を挙げた。しかしこの挙兵に関東はおろか、京周辺の武士の誰も応じようとはせず、そればかりか後白河院より今度は義経追討の院宣まで出されるなど、義経を取り巻く情勢は厳しいものとなっていった。

 已む無く西国での再起を図り九州へと逃亡しようとするも、不運にも大嵐にあい率いる軍は四散し、その目論見も絶たれる事となる。吉野を経て再度京の近辺に潜伏を続けた義経であったがしかし、その間に愛妾の静御前は鎌倉方に捕えられ、佐藤忠信や伊勢三郎といった郎党らや、結託していた源行家も相次いで討たれ、朝廷に対する頼朝からの圧力もますます強まる中、遂には畿内からも去らざるを得なくなったのである。
 

衣川の戦い

 畿内を去った義経ら一行はその後伊勢・美濃を経由し、かつての庇護者であった藤原秀衡を頼り、奥州平泉へと身を寄せる事となった。その道中、越中の如意の渡しにおいて当地の渡守にその正体を見破られかけ、弁慶が機転を利かせて義経を打ち据える事で無事に渡河できたという逸話が残されており、これが後年『安宅』『勧進帳』などといった演目の元となった。
 ともあれ、平泉に落ち延びてきた義経ら一行を秀衡は暖かく迎え入れた。秀衡にしても勢力伸長著しい頼朝の存在を見過ごせるものではなく、義経を将軍に立てて鎌倉への臨戦態勢を整えようとしていた節があったとされるが、その思惑も文治3年(1187年)の秀衡の病没によって水泡に帰す事となる。義経が平泉に着いて僅か半年余り後の事であった。

 秀衡の死を知った頼朝は、自らが義経追討に打って出るのではなく、その後を継いだ藤原泰衡に対し朝廷を介して圧力を強める事で、義経と奥州藤原氏との離間を図る方策を取った。一方でこの頃の義経は出羽にて鎌倉方と小競り合いに及んだ他、文治5年(1189年)に入ると帰洛の意思を窺わせるようになっていたとも言われている。
 そんな中で、泰衡は遂に鎌倉からの圧力に屈する形で、閏4月30日(1189年6月15日)に義経が居を構えていた衣川館へと襲撃をかけた。泰衡率いる軍勢500に対し、義経主従僅かに十数騎と劣勢は決定的であり、進退窮まった義経は一切の抵抗を放棄して館内の持仏堂にこもり、妻子を手に掛けた後自害し31年間の生涯に幕を下ろした。


義経にまつわる伝説・影響

 類稀なる軍才の持ち主ながらも、兄との対立の末に非業の死を遂げた義経の生涯は、民衆の間で判官贔屓(ほうがんびいき)とも呼ばれる同情にも似た心情を呼び、後世に歌舞伎(義経物)などで創作された、さまざまなエピソードで知られるようになった。
 その過程において、義経にまつわる様々な伝説も成立するようになった。前述した鞍馬山での修行にまつわる伝説や、衣川の戦いにおける「弁慶の立往生」の伝説はその代表的なものであるが、中でも有名なのは「実は義経は平泉で死ななかった」という伝説であろう。この義経北行伝説はやがて北方へ、北海道へ、そして大陸へ生き延び、明治期に至ってはチンギス・ハーンになった、という伝説にまで発展する事となる(※)。
 意外なところでは、物事を成功に導くための必読書を指す呼称「虎の巻」の由来も義経にあるという。これは義経が鬼一法眼の元で『六韜』のうち「虎巻」を学んだ事が、長じて治承・寿永の乱における目覚しい活躍に繋がり、そこから前述の呼称が広まったというものである。

 ※チンギス・ハーンの出生で不明なのは生まれた場所だけであり、他は生まれた年も両親の名前も残っており、今日では義経と同一人物ということはあり得ないと断定されている。この説の広まった背景には、「英雄にどこかで生き延びていてほしい」という庶民の願望の発露や、大陸進出へと邁進しつつあった当時の日本社会の風潮も多分にあったとされ、義経の他には、西郷隆盛などにも「日本を脱出してロシアで生きている」という同様の噂が広まった例が残されている。

関連史料

義経記 平家物語 源平盛衰記 吾妻鏡 平治物語

関連人物

源義朝 源頼朝 北条政子 静御前 中村朝定 武蔵坊弁慶 那須与一 後白河法皇 藤原秀衡 平清盛 平知盛 郷御前 常陸坊海尊 


創作に登場する源義経

※の付記されたものは主人公としての登場。

主な映画・テレビドラマに登場した源義経

映画『源九郎義経』※(1962、東映)演:北大路欣也
テレビドラマ『源義経』※(1966、NHK大河ドラマ)演:七代目尾上菊之助
テレビドラマ『新・平家物語』(1972、NHK大河ドラマ)演:志垣太郎
テレビドラマ『草燃える』(1979、NHK大河ドラマ)演:国広富之
テレビドラマ『武蔵坊弁慶』(1986、NHK新大型時代劇)演:川野太郎
テレビドラマ『源義経』※(1990、TBS大型時代劇スペシャル)演:東山紀之
テレビドラマ『源義経』※(1991、日本テレビ年末時代劇スペシャル)演:野村宏伸
テレビドラマ『炎立つ』(1993、NHK大河ドラマ)演:野村宏伸
テレビドラマ『弁慶』 (1997、テレビ朝日新春時代劇スペシャル)演:西村和彦
テレビドラマ『義経』※(2005、NHK大河ドラマ)演:神木隆之介滝沢秀明 
テレビドラマ『平清盛(大河ドラマ)』(2012、NHK大河ドラマ)演:神木隆之介

鬼灯の冷徹』の源義経

義経様


CV.梶裕貴
上記歴史上の義経その人。
パッと見では性別の判断が付かないほどの、やや小柄な美少年
死後、その不遇な晩年から彼を鍛え育てた鞍馬山の大天狗が、“究極の判官贔屓”を発動させて地獄に召喚し、烏天狗警察警察官として抜擢して以来、地獄で生活している。

雑誌表紙ポスターモデルを務めるなど、伝説に違わぬ美少年として地獄でも大人気。
ただし、本人は自分の容姿にコンプレックスを抱え、日々肉体改造に苦心している。
……というのも、彼は生前から力士になるのが夢であり、太く逞しい体に憧れているのだった。幼少期に自分の夢を語ったところ、彼の美少年ぶりへの危機を感じた女官たちから、舞や謡いの稽古が続いたという。そして現在も、その夢を追い続けている。(なお喜々として告白して鬼灯に「有名人としての自覚が足りない」叱られている)
魔王サタンが講演会で美青年ルシファーから今のガチムチ系に変身して美しいと感じた時のことを語った際には、妙に共感していた。

関連タグ
鬼灯の冷徹 残念なイケメン

コーエー作品での義経


源平合戦蒼き狼と白き牝鹿などシミュレーションものでは武力や指揮など戦争関係の能力が高めに設定され、政争に負けたためか政治力は低め。

ジンギスカン」での彼は裏切らない一武将だったが、「元朝秘史」では最高の武力と魅力で戦と外交に重宝する名将になり、チンギスハーンⅣでは何と藤原泰衡の配下として弁慶と一緒に二枚看板の活躍を見せる。
源平合戦」では主に源頼朝側に属し、平家やその他群雄を相手に戦う猛将だが、頑張れば他勢力でも使用可能である。最終シナリオでは、何と君主武将として使用可能になり、天下を取った兄の頼朝に反逆。困難ではあるが、逆転勝利すれば鎌倉幕府ばかりか奥州藤原氏までも倒す覇者となる。

無双OROCHIシリーズの義経

源義経(無双)

その他の作品


少女義経伝

実は女性で、本名は「源九羅香」。年齢をどう計算しても、義朝の死後何年も後に生まれた事になるが、あまり史実を気にしない方がいいだろう。

乃木若葉は勇者である

乃木若葉の精霊として登場。切り札として憑依させる事で速さが増し、伝承に伝わる八艘飛びが可能になる。
姿は作中では見せていないが、花結いのきらめきでは勇者システムが最新式に統一された関係で結城友奈は勇者であるの精霊達と同じデフォルメされた容姿が明かされており、三好夏凜の義輝に似た人型をしている(喋る事もできるかどうかは不明)。

ラヴヘブン

源義経(ラヴヘブン)


乙女パズルゲームの攻略キャラクター。初期レアリティはSRでの登場。
異世界を救うため、主人公によって召喚された。
戦の天才でありスピード感のある戦いで敵を翻弄する。忠臣の弁慶に無茶振りする事も多々。(ゲーム内プロフィールより引用)

関連記事

親記事

源氏 げんじ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「源義経」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1224599

コメント