ピクシブ百科事典

能楽

のうがく

日本の伝統芸能のひとつ。
目次[非表示]

日本の伝統芸能のひとつ。、式三番、狂言の三つの分野に分けられる。
重要無形文化財、ユネスコ無形文化遺産となっている。
「能」「狂言」それぞれについては、そちらの項目を参照のこと。

概要

 江戸時代以前には、「能」というのはストーリー性のある芸能一般を指す呼称で、現在の能楽に相当する言葉としては、平安時代以来の「猿楽」という名称が用いられていた(一応、平安時代の猿楽と室町時代に確立した猿楽では、連続性はあるが中身は大きく違う)。
 能楽という言葉が広く使われるきっかけになったのは、1881年(明治14年)の能楽社の設立である。
 この時に意識的に「能楽」という名称に言い換えられ(「」という語感を嫌ったらしい)、以降、現在に至るまで、、式三番、狂言の3種の芸能を総称する概念として使用され続けている。

関連イラスト

能楽つめあわせ
弁財天と波に白兎 能楽「竹生島」より


【能楽】一角仙人
西行桜



関連タグ

伝統芸能 演劇  狂言 猿楽 歌舞伎
和服 シテ方 狂言方 笛方 能面 般若 能装束
 花月 女郎花 弱法師 安宅 井筒 道成寺 玄象 石橋 松風 胡蝶
経政 葵上 西王母 猩々猩々乱) 土蜘蛛

pixivに投稿された作品 pixivで「能楽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57352

コメント