ピクシブ百科事典

能面

のうめん

日本の伝統芸能である能楽で用いられる面。
目次[非表示]

概要

この項目では、日本の伝統芸能である能楽で、演者(能楽師)が顔に掛ける能面について、pixivに投稿のあるもの中心に説明する。

能面は大きく分けて、老人(翁・尉)鬼神怨霊に分類される。さらにその中で、演目や役柄に応じて使う面が細かく分けられている。
面をかぶっている以上、能では顔の動きで感情を表すことができず、またセリフもないため、登場人物の感情の起伏を表現し、能面に「表情を与える」のは、すべて能楽師の身体の演技にかかっている。

転じて、感情が表情に出ない人、またそのようなイラストに対して「能面」「能面顔」と言ったりもするが、これは蔑称とも取られかねないので注意が必要。

能面の種類

男面

中将(ちゅうじょう)

能面ⅡFACE


貴族の男性を表す面。在原業平がモデルとされる。

女面

小面(こおもて)

能面「小面」


一般的な若い女性の面。能楽の完成した時代を反映して、白塗り引眉お歯黒をつけている。

老人面(翁面・尉面)

翁(おきな)

能面 翁(白式)


にこやかな老人の面。翁系の面は、眉やあごひげに動物の毛や綿が植えてあり、口の部分で面が2つに分かれてひもでつながれ面のアゴが動くようになっている。天下泰平を祈るめでたい舞に用いられる。

鬼神面

大飛出(おおとびで)

神や神霊を表す面。面全体が金で塗られており、これが照明でキラキラ光ることで、「人ではない存在」を表現している。

大癋見(おおべしみ)

無題


べしむ、とは口を一文字に閉じて踏ん張る様子。天狗の役に用いる。

顰(しかみ)

【切り絵】能面「顰(しかみ)」


牙をむいた表情の面。悪鬼や妖怪の役に用いる。

怨霊面

橋姫(はしひめ)

能面


髪を振り乱し、嫉妬に狂った女性の面。頭にロウソクを立て、丑の刻参りを行う。

般若(はんにゃ)

般若


おそらく一般に最も名の知られた能面。嫉妬や恨みのあまり、の形相と化した女性の面。

ふつう能では使わないが日本の芸能に用いる面

火男(ひょっとこ)

ひょっとこ


ほっかむりをして、口をすぼめたひょうきんな男性の面。「どじょうすくい」で有名な島根県の安来節など、全国の踊りや祭りで使われる。

おかめ、お多福(おたふく)

絵手紙


ひょっとこの相手役の女性として使われるふくよかな女性の面。日本神話の芸能の神アメノウズメが起源とも。能面の「小面」とよく混同されるが全く異なるもの。

関連イラスト

無題
「「「喜怒哀楽ポゼッショォォーーオオオン!!!」」」


関連タグ

仮面 お面 天狗 狐面 秦こころ FACT

外部リンク

能面ギャラリー「猶眞の面」

pixivに投稿された作品 pixivで「能面」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 225417

コメント