ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

曖昧さ回避

  1. 日本神話』の女神。本項で解説。
  2. 女神転生シリーズ』に登場するキャラクター。本項で解説。
  3. めがみめぐり』に登場するキャラクター。本項で解説。
  4. 戦国パズル!!あにまる大合戦』に登場するキャラクター。本項で解説。
  5. パズル&ドラゴンズ』に登場するキャラクター。→アメノウズメ(パズドラ)
  6. みなぎ得一作品』に登場するキャラクター。本項で解説。

日本神話』のアメノウズメ

岩戸隠れ天孫降臨等いずれも重要な場面で登場する女神であり、特に天孫降臨の場面では強い女と称され、天照大御神からの厚い信頼を窺わせる。

しかしどちらの場面でも陰部を晒すため、エピソードをそのまま絵にするとR-18に為らざるを得ない困った神様でもある。

岩戸隠れの際は思金神の提案により、岩戸の前で桶を逆さに置き、その上で神憑りにあったように踊り狂い、乳房や陰部をさらけ出して神々の笑いを誘ったとする。つまり日本最古のストリッパー

天孫降臨時は猿田毘古神を不審に思った天照大御神から様子を見てくるようにと命令され、「かのやちまたをうしはく者」は邪眼らしきものを持っているといい彼の前でいきなり前見せする。


一体何故そこまで裸になろうとするのだろうかと思うところだが、民族学では陰部=きもいものを露出することによる邪眼除け信仰があり、それをモチーフとした魔除けが存在する。


なお、アメノウズメは猿田毘古神と出会った後、猿女の名を与えられ猿田毘古神の妻となり彼に仕えるようになったという。その子孫が猿女君、稗田氏で、稗田阿礼はこの両神の子孫とされているが、阿礼自身の存在そのものが怪しいとされる。


その出自から芸能の神と称され、現在でも彼女を主催神に祀る神社では芸能関係の人間からの参拝が絶えないという。


別名・表記ゆれ

天宇受賣命 天鈿女命


関連タグ

日本神話 日本書紀 古事記


外部リンク


女神転生シリーズ』のアメノウズメ

-天鈿女命-

種族「女神」(あるいは「天津神」)の仲魔

ペルソナ』でのアルカナは「恋愛」。



めがみめぐり』のアメノウズメ

理知的で献身的。他の女神達の模範的存在となっている。

常に落ち着いた大人の余裕を漂わせる優等生だが『舞』のことになると見境がなくなる。


関連外部リンク

めがみめぐり公式サイト キャラクター紹介:アメノウズメ


戦国パズル!!あにまる大合戦』のアメノウズメ

センシティブな作品

ステップアップガチャなどでのみ入手できる限定武将。

兎人間のような姿をした天宇受賣命の属性は炎で、このキャラクターは天岩戸事件のお話が

元手になっている為、露出が高めである。

進化すると『神懸かり・天宇受賣命』になり、その後 虹の龍玉などの進化アイテムを

使う事で『芸能の女神・天宇受賣命』に進化する。

進化すると より露出は激しくなり服を着てるのに胸や陰部が角度次第では見えちゃうという

神話に基づく姿を忠実に再現した何ともセクシーなキャラクターとなる。


ちなみにパズあにには能力が微妙に違うアメノウズメも別武将としていくつか存在しており、中でも『神懸かり・天宇受賣命+』は妖魔討伐ランキング戦でランキング上位になった人にだけ配られた『天宇受賣命+』の進化形にあたるかなりレアな武将である。


関連外部リンク

ワザップ!ユーザー投稿画像:天宇受賣命

ワザップ!ユーザー投稿画像:アメノウズメの進化形

ワザップ!ユーザー投稿画像:アメノウズメの最終進化形

ワザップ!ユーザー投稿画像:神懸かり・天宇受賣命+


みなぎ得一作品』の天宇受賣命

いろは双紙足洗邸の住人たち。大復活祭に登場。

義虎の後継人を務める。大召喚後は中央に所属している。

関連記事

親記事

天津神 あまつかみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 571158

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました