ピクシブ百科事典

迦具土神

かぐつちのかみ

迦具土神とは、日本神話に登場する火の神である。
目次[非表示]

概要

日本神話における、を司る天津神
古事記」では、火之夜藝速男神(ひのやぎはやをのかみ)や火之炫毘古神(ひのかがびこのかみ)、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ;迦具土命)日本書紀」では、軻遇突智(かぐつち)・火産霊(ほむすび)と表記される。

地母神を焼き殺し、父なる神が黄泉の国に渡る原因を作った『この世に完全なものは存在しない』という、日本神話の特性を表す神である。

名の由来

迦具土神の迦具(かぐ)は「かがよふ」と同根で、仄かに揺らめいて光る様を表す。土(つち)は「つ」と「ち」に分けられ、「つ」は助詞「の」の古語。「ち」は精霊等の超自然的な存在を表す言葉。火之迦具土神は、「火のちらちらと燃え光る精霊」という意味。
なお火之夜藝速男神は「火の焼く勢いが盛んな男」、火之炫毘古神は「火の明るく輝く男」、火産霊は「火の生成の霊力」の意味である。

日本神話における神

神産みで、イザナギイザナミ兄妹から産み出された最後の神を司る神なので、燃え盛る姿で産まれた。
この為産み落としたイザナミの陰部(産道ともされる)に火傷を負わせ、死なせてしまう(親殺し)。
そして迦具土神自身も後に、妻(妹)が焼き殺された事に怒ったイザナギによって、十拳剣天之尾羽張(アメノオハバリ)」で斬り殺される(子殺しをさせる)。

古事記」によるとこの時迦具土神の血から、以下の神々が生まれている。

  • 石折神(いはさくのかみ)
  • 根折神(ねさくのかみ)
  • 石筒之男神(いはつつのをかみ)別名、建布都神(たけふつのかみ)富布都神(とよふつのかみ)
この三柱は、十拳剣の先端から岩石に滴った血から生成された神々である。

この三柱の神は、十拳剣の刀身の根元から岩石に滴った血から生成された神々である。

この二柱の神は、十拳剣の柄から岩石に滴った血から生成された神々である。
 
又、迦具土神の遺骸から、以下の神々が生まれた。
  • 正鹿山津見神(まさかやまつみのかみ)迦具土神の頭から誕生。
  • 淤縢山津見神(おどやまつみのか)迦具土神の胸から誕生。
  • 奥山津見神(おくやまつみのかみ)迦具土神の腹から誕生。
  • 闇山津見神(くらやまつみのかみ)迦具土神の性器から誕生。
  • 志藝山津見神(しぎやまつみのかみ)迦具土神の左手から誕生。
  • 羽山津見神(はやまつみのかみ)迦具土神の右手から誕生。
  • 原山津見神(はらやまつみのかみ)迦具土神の左足から誕生。
  • 戸山津見神(とやまつみのかみ)迦具土神の右足から誕生。
また、書によっては飛び散った血が石や樹木に染み、石や木が火を含む(火打石や薪)様になったと語られる。「日本書紀」では埴安姫を妻として稚産霊を生んでいる。

火神は風神と共に製鉄に必須なので鍛冶神でもあり、
建御雷之男神(布都御魂剣につながる)を生んでいるのはこのためとされる。

御利益

火を司る=火を操る神なので、土地に祀る事で防火の御利益を受けられる。
静岡県の秋葉山本宮秋葉神社を始め全国の秋葉神社で祀られており、秋葉原は江戸時代に「江戸の町にも防火の神を呼ぼう」という意図で御霊を勧請した事が始まりらしい(所説あり)。
その他、陶磁器生産の町に見られる陶器神社、鍛冶を生業としていた町の神社でも、祀られている。

女神転生シリーズのヒノカグツチ

悪魔(仲魔)として複数の作品に登場しているが、古事記で切り殺されている為か、そのレベルは高くない。
しかし女神転生真・女神転生シリーズのほぼ全作品に最強の武器『ヒノカグツチの剣』として大きな存在感がある、特殊な天津神である。

真・女神転生Ⅲではラスボスとして立ちはだかる。
配下にバアル・アバターノアアーリマンがいる。

関連項目

日本神話 古事記 神道
イザナギ イザナミ 火神 火属性

創作物関連

女神転生 真・女神転生 メガテン YHVH

関連記事

親記事

天津神 あまつかみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「迦具土神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8860

コメント