ピクシブ百科事典

バアル・アバター

ばあるあばたー

バアル・アバターとは、『真・女神転生Ⅲ-NOCTURNE』に登場する悪魔。
目次[非表示]

「我は来たり。女の願いに応え、ヨスガの国を創らんと……」
「我が名はバアル・アバター。王覇を統べ、栄華をもたらす者なり。」

「わたしたちは、もう友ではない。コトワリを違え、創世を争う、出会えば戦うしかない敵同士だ。」
「幸いなるか、互いに涙も流れぬ体になった。戦を交えることなど、何のためらいも無かろう……」
「さあ、真に優れたるは汝か我か。全ての力をもってかかってくるがいい!」

概要

アサクサ・ミフナシロにおいて、橘千晶が大量のマガツヒを使って顕現させたヨスガのであり、同時に魔丞の力を手にした千晶の変貌した姿。種族は”魔神”。名前は訳すれば、「バアルの化身」を意味する。
最終ダンジョン「カグツチ塔」462階で待ち受けており、他のコトワリの守護ボスと異なり、必ず戦闘となる。

バアル・アバター


縦長のを被った女性のような姿をしているが、左腕がなく、肩から背中にかけてのようなプレート状の突起が伸びていると言う、極めて奇妙な見た目である。

魔神バアル・アバター


戦闘では、こちらのパーティをFLY化させる「バエルの呪い」を使用。更にHPが一定量減ると魔王の号令」を用い、配下の悪魔である熾天使フラロウス・ハレルと熾天使オセ・ハレルを召喚する。

撃破後、力の制御が不可能になったのかのように、体全身に亀裂が走ると同時に、閃光が溢れ出した後にバラバラになって絶命する最期を遂げる。
戦闘後はアメノタカラを入手する。

ヨスガルートでも戦う事態になるが、これは「人修羅が自分の地位を脅かすから排除しよう」との意図ではなく、「ヨスガは最も強く美しい者に率いられなければならない。全力を尽くして人修羅を試し、彼が勝ったなら彼の方が相応しいのだから、潔くヨスガのトップは彼に譲ろう」と言う千晶なりの美学と配慮の産物である。
その為、エンディングでは霊体となった千晶が、人修羅の激励の為に現れている。

余談

カグツチ塔に現れるコトワリの守護ボスの中では唯一形態変化をしない為、しっかりとレベルを上げスキルを吟味すれば、上記の取り巻きを召喚させる事なく撃破が可能である

関連タグ

真・女神転生Ⅲ 魔神 バアル バエル
橘千晶
金子一馬

「……あなたの…ほうが………優れて……いたのね………
…それだけの…力を……持っていて…………どうして……ヨスガに………
………………」

関連記事

親記事

橘千晶 たちばなちあき

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バアル・アバター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1408

コメント