ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 真・女神転生Ⅲ』と『真・女神転生Ⅴ』に登場するエネルギー。本項で解説。
  2. 『記紀神話』に登場する災厄の神。→ ヤソマガツヒ禍津日神


概要

真・女神転生Ⅲ』に登場する「マガツヒ」(禍つ霊)は、意識存在が持つ精神エネルギーのことである。過去の作品における生体マグネタイトに近い。

苦痛を与えると放出されるもので、空間にも一定量存在している。赤く小さいオタマジャクシのような外見をしており、大量に吸い取られると死に至る。
小説版ではマガツヒにも個体により味が変わるらしい。(作中では苦いマガツヒが登場)

悪魔はこれを必要としており、人間やマネカタからは特に質の良いものが採取できるようで、カブキチョウにある捕囚所で彼らは日々拷問されている。

真Ⅲ』以降、エネルギーとしてのマガツヒは登場しなかったが、『真・女神転生Ⅴ』で久しぶりに登場。

真Ⅴ』の魔界ダアトには、マガツヒが結晶化したものが存在する。
また、「マガツカ」と呼ばれる湧き出るマガツヒを悪魔たちが占拠した場所がある。マガツカは広範囲に影響を及ぼし、主人公ミマン等には悪影響となる(システム的にはマップがきちんと表示されなくなる)。
マガツカにはリーダーがおり、倒すとマガツカは消滅し、マガツヒは主人公の力になる(新たな能力を習得できるようになる)。

関連イラスト

破軍の凶星



関連タグ

真・女神転生シリーズ 真・女神転生Ⅲ 真・女神転生Ⅴ

関連記事

親記事

真・女神転生シリーズ しんめがみてんせいしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マガツヒ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マガツヒ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1475

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました