ピクシブ百科事典

目次[非表示]

神と 悪魔と 人間の 物語・・・

概要

インデックスアトラス)よりニンテンドー3DSで発売のRPG。
発売日は2013年5月23日。

自然豊かでファンタジーのような「東のミカド国」と、悪魔に蹂躙され地下での生活を余儀なくされる「東京」という2つの舞台を持つ。

また、本作からナンバリングタイトルで初めてキャラクターボイスが追加され、全滅しても三途の川でお金を払えばコンティニューできるようになった。

新規悪魔デザインに特撮界で活躍している多くのデザイナーを起用したことで話題になった。

以下公式サイトより
造型師、クリーチャーデザイナー・韮沢靖
キャラクターデザイナー・篠原保
キャラクターデザイナー監督・雨宮慶太
漫画家秋恭摩
特殊メイクアップアーティスト、映画監督・西村喜廣

スピンオフ漫画の連載も開始されており、Vジャンプ誌上にてヨナタンを主役とした『真・女神転生Ⅳ-Prayers-』、WEB漫画版Vジャンプにてワルターを主役とした『真・女神転生Ⅳ DEMONIC GENE』が連載されている。どちらもゲーム版の主人公が登場しないオリジナルストーリーとなっている。

キャラクター

メインキャラクター

楽しみ


本作の主人公。東のミカド国で暮らす18歳の少年。
ミカド国に伝わるガントレットの儀式に挑み、ガントレットに認められたことでサムライ衆の一員となる。
国に仕えるサムライ衆に選ばれた彼は、悪魔召喚プログラムが内蔵されたガントレットの力で悪魔を使役し、国を脅かす悪魔に立ち向かう。

発売が楽しみ過ぎて


主人公が夢の中で出会った人物の一人。
身分の低いカジュアリティーズ出身の少年。
独自の価値観を持っており、規律に縛られない自由奔放な性格をしている。
サムライに選ばれたことに生き甲斐を感じ、同じくカジュアリティーズ出身の主人公に共感を抱く。
従来のメガテンでいうカオスヒーロー的存在。
スピンオフ漫画『真・女神転生Ⅳ DEMONIC GENE』では主役を務める。

ピヨタンとヨナタン


主人公が夢の中で出会った人物の一人。
上流階級ラグジュアリーズ出身の少年。
誰に対しても平等に接する心優しい性格。
非常に生真面目で、国の平和を守るべく任務に臨むが、
国のありかたや規律を大事にするあまり、ワルターとは意見が割れることも……
従来のメガテンでいうロウヒーローのような存在。
スピンオフ漫画「真・女神転生Ⅳ-Prayers-」では主役を務める。

イザボーちゃん


本作のヒロイン。
ラグジュアリーズ出身で、悪魔退治にも臆することのない、強気な少女でサムライ衆の紅一点。父親はサムライ衆の一員。
自分にも他人にもきびしく、感情をあまり表に出さないため、ワルターからは”鉄仮面”などと呼ばれるが、民や子供に対して、少女らしいやさしさを見せる。
従来のメガテンでいうニュートラル的存在。

気位が高く、ラグジュアリーズの出身であることを何よりの誇りとしている少年。
カジュアリティーズ出身の主人公とワルターが、自分と同じくサムライに選ばれたことが気に入らず、ふたりに対して好戦的な態度を取る。

東のミカド国


東京


その他のキャラクター

三途の川の渡し守。魂が日に日に増えてきて満員で仕事が片付かなくて困っている。そこで主人公に現世に生き返る手を打った。

システム

難易度
選択戦闘で2回全滅すると、メニュー画面に難易度設定が追加される。難易度の違いでシナリオやクエストの報酬に変化はない。また、死んでも三途の川にいき、マッカをワイロでしはらえば生き返ることが出来る。

関連動画

トレーラー
第一弾


第二弾


第二弾<ノーカット版>


第四弾


ニンテンドーダイレクトでの公開ムービー


外部リンク

公式サイト
Wikipedia

関連タグ

真・女神転生シリーズ 真・女神転生ⅣFINAL
東のミカド国 サムライ衆 八部連合阿修羅会 ガイア教団
ソウルハッカーズ3DS版にファーストトレーラーが収録されている)
略称:真Ⅳ 表記揺れ:真・女神転生IV 真・女神転生4
二次創作:真・女神転生シリーズ男女CP 真・腐神転生腐向け

関連記事

親記事

真・女神転生シリーズ しんめがみてんせいしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「真・女神転生Ⅳ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「真・女神転生Ⅳ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2820321

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました