ピクシブ百科事典

アルラウネ

あるらうね

アルラウネ(ドイツ語:Alraune)とは、植物系の女性型モンスターの一種である。
目次[非表示]

概要

人を誘惑し、その精を(ウフフな事だったり、またはバリバリと)食らうことで生きるとされる。
多くの場合、その姿は大きな花冠の中から女性の体が生えた姿で表現される。
また、蔓やといった要素を体の各所にモチーフとしてデザインされることが多い。

一応ドイツ語で、マンドラゴラを翻訳したもので、「秘密に通じる」あるいは「女の妖精」の意味がある。
なおマンドラゴラのヘブライ語「ドゥダイーム」はドーディー(女からの愛)と通じるところから、果実の方に媚薬の効果があるとされた。

マンドラゴラは元来、実が有難い者の筈であったが、いろいろあって「根っこが有難い」者として伝えられた。
この名を知らしめたH.H.エーヴェルスの小説「アルラウネ」も「根っこ娘のアルラウネがうんたらかんたら」の話であるが、先祖返りしとる どうしてこうなった

日本では女神転生にて少女の姿で現れた所から解釈が広がったと思われる。

豆知識

別名はアルルーナ(秘密をもたらす者)、絞首台の小人。
マンドラゴラマンドレイク)と同じ物。の筈。

人(男女ふたなり)の形をした球根に大きな、黄色のを咲かし、引っこ抜くと悲鳴を上げて抜く人を絶命させるのも同じである。

盗賊の家系や盗みを行なった妊婦から生まれた童貞の男性が絞首刑にされた際に零れた小水や精から生まれるとされる。
抜いた後、根を大事に保管すると未来や秘密の事を囁き、また1枚の貨幣を2枚に増やしてくれるなど、所持した者を裕福にしたとされる。
現在では、引っこ抜くと悲鳴を上げる植物=マンドラゴラ、花系女性モンスター=アルラウネという使い分けが多くなっているようだ。

アルラウネのキャラクター

アルラウネ(女神転生

アルラウネ


花に包まれた女性の姿。
髪は赤で、肌の色は人間に近い。
初出作品はFC『女神転生』で種族は”幻魔”。

銀氷属アルラウネ
アルラウネ


初期デザインは花弁一枚すら描かれておらず、現在の薔薇や茨と結び付けられたデザインは種族が“妖樹”になった『真・女神転生Ⅱ』が始まりである。
下半身が黒薔薇の姿は『ソウルハッカーズ』からで、髪をかきあげるポーズは、スタッフの副島成記が「アラウワネ」と記憶していたからだとか。
また現在のデザインについては発売機種により、下半身が花に包まれた姿か、茨を身にまとう人型の二種類がある。

アルラ・ウネ(悪魔城ドラキュラ

アルラ・ウネ


下半身が赤い花になっている女性。
蔦を伸ばす攻撃を行う。
同ゲームに登場する「ウネ」(畝?)という草のクリーチャーの強化版でもある。
強化版にブルー・アルラ・ウネが存在する。

アルラウネ(魔界戦記ディスガイア

植物少女に巻かれろ!


下半身がピンクの花になっている緑色の少女。

アルラウネVIPRPG

アルラウネさん


下半身が植物のつぼみの様になっている緑色の少女。
魔王城でヘビーゴーレムと庭園の世話をしている。

アルラウネ/大樹の精霊・アルラウネ/世界樹の精霊・アルラウネ/神創樹の精霊・アルラウネ(パズル&ドラゴンズ

アルラウネちゃん!


妖精の姿をした少女。
頭に大きな花をさかせている。

コードネーム:アルラウネ(サイバーナイト

あるらうねにであってしまった!


他のアルラウネとは一線を画す、SFロールプレイングゲームに登場する機械生命体
背中に蕾を思わせる1対のミサイルポッドを持つ多脚メカで、物質を原子レベルに分解する(即死させる)「ディスインテグレータ」を放ってくるトラウマメーカー。悲鳴を聞いたものは死ぬということか。

妖花アラウネ(水木しげる

短編では美女の姿。妖怪図鑑では植物の根や枝のような魔物として描かれた。

アルラウネ(ファイナルファンタジー)

FF11から登場したマンドラゴラ系統の小型モンスター。「黒マンドラ」とも。
初登場時はマンドラゴラを真っ黒にしたような見た目だったが、FF12以降は赤い頭にドリルのような一本の角が生え、常に怒っている表情といった風に見た目が大きく変化した。
常に怒っているのは、首に巻きついているマスク状のツタが不快で常に苛立っている為である。

関連イラスト

アルラウネ
アルラウネちゃん


アルラウネちゃん
ハナサクキセツ



関連タグ

人外 モンスター娘
マンドラゴラ ドライアド スクーグスロー トレント バロメッツ ドゥラスロール

女神転生 ディスガイア 悪魔城ドラキュラ VIPRPG パズル&ドラゴンズ ボクらの太陽 サイバーナイト

pixivに投稿された作品 pixivで「アルラウネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5347585

コメント