ピクシブ百科事典

マンドラゴラ

まんどらごら

植物の一種。当項目では伝承世界・架空世界におけるマンドラゴラを主に取り扱う。
目次[非表示]

解説

名前は「家畜に有毒」の意。
ユリバラ、ユキノシタ、ジャスミンメロンバナナ、キイチゴ、フランス松露(多分トリュフ)、ある種のラン(球根が男性のアレに似る系)であるとされ、
英国ではブリオニアと言うことになっている。

の部分が人間の様になっており、地面からひっこ抜くとこの世のものとは思えない叫び声を上げる。この声を聞いた者は即死すると言われている。
 プリニウスによれば、男マンドラゴラは白く、女マンドラゴラは黒い。
夜には蝋燭ほどの光を放って発光する。また完全に成熟すると地面から這い出し、辺りを徘徊するという。

後述する方法で抜いた後は赤ワインできれいに洗い、紅白模様の絹にくるんで小箱で保存する。
さらに金曜日には入浴させてやり、新月のたびに新しい服を着せるなどして世話をすると、銭をくれたり未来を話すという。

絞首刑に処されるものが童貞であった時、死後に漏れ出る体液(特に精液)がしたたり落ちた大地から生えるといわれる。

採取方法
採取するには三回十字を切ってから周囲の土を掘り起こし、長いロープを巻き付け悲鳴の届かない位置にまで移動し引き抜く、という方法が一番良いとされている。
その他は耳栓をして引っこ抜いたり、(完全に全身真っ黒なものが良いとされる)に引っこ抜かせるという手もある。
叫びながら走って逃げるので、そのときは女性の尿あるいは経血をかけてやると止まるとされる。

薬効
延命長寿 / 精力増強 / 恋愛成就 / 不老不死

余談

マンドラゴラはナス科の植物として実在する(マンドレイク)。
麻薬効果により薬として鎮痛・鎮静が期待できるが、強力な神経毒でもあり幻聴や幻覚、最悪は死に至るため現在はほとんど用いられない。
春咲きがオスの花・秋咲きがメスの花と思われていたため、別名:恋なすび

ヘブライでは「媚薬の実をつける」事になっており、旧約聖書の雅歌ではこう歌われている。
「わたしたちは早く起き、ぶどう園へ行って、ぶどうの木が芽ざしたか、ぶどうの花が咲いたか、ざくろが花咲いたかを見ましょう。その所で、わたしはわが愛をあなたに与えます。
恋なすは、かおりを放ち、もろもろの良きくだものは、新しいのも古いのも共にわたしたちの戸の上にある。わが愛する者よ、わたしはこれをあなたのためにたくわえました。」(雅歌7:12-7:13)

関連イラスト

ファイナルファンタジー11

マンドラたん
まんどらかご
マンドラーズ


FF11のほかFF12FF14などにも登場する。
頭に葉っぱの生えた歩行植物。知能はあるようだが感情らしきものは無いらしい。
亜種としてリコポディウム(右側のイラスト左側の頭頂部の花がピンク色のマンドラゴラ)などが居る。

テイルズオブシリーズ

マンドラゴラ



オーディンスフィア

マンドラゴラの詰め合わせ


上段左『オニオンヌ』上段中央『ハバニール』上段右『トリカブ』
下段左『ターニー』下段右『カロッチオ』
作中に登場する魔法や料理の材料になるもの。
最初は地面に埋まっており攻撃を加えるか、ジャンプして埋まっている近くに着地することで地面から飛び出し画面内を動き回り、もう一撃攻撃を加えると動かなくなり入手できる。
また、メルセデスのスキルに画面内のマンドラゴラを操り敵に向かって攻撃させる『マンドラゴラマーチ』というスキルがある。

ふらいんぐうぃっち

可愛いwwwww



ハリー・ポッターシリーズ

Atropa Mandragora


ハリー・ポッターと秘密の部屋などに登場。人間と同じような発育の段階があり、成長と共に叫び声の威力も大きくなっていく。
たいていの解毒剤に使われるほど効能は高く、さらに解呪作用も持つ。
バジリスクによる石化を解くために使われた。

関連タグ

架空植物
呪術 人外 植物 ファンタジー
マンドレイク マンドラ
FF FF11
マンドラ坊や マンドレイクレジェンドルガ 魔草マンドラゴラ

関連記事

親記事

マンドレイク まんどれいく

pixivに投稿された作品 pixivで「マンドラゴラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3480882

コメント