ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

マンドレイク

まんどれいく

マンドラゴラとも。薬用として用いられる毒草、もしくはそれを元に考案された架空の植物。当項目では主に実在のマンドレイクについて述べる。
目次 [非表示]

曖昧さ回避


概要

ナス目ナス科に属する植物。古くから薬草として用いられた一方、魔術錬金術の原料としても登場する。根茎が幾枝にも分かれ、時としてそれが人に似た形になる事がある。


神経毒が根に含まれ、摂取すると幻覚、幻聴を伴い時には死に至る。仏法典に出てくる「曼陀羅華/曼荼羅華」やチョウセンアサガオ(マンダラゲ)としばしば混同されるが、全くの別物。また、アメリカやカナダでMandrakeといえばMay Apple(ポドヒルム)を指し、これもまた全く別属別種の薬用植物である。


また同じくナス科のトマト新大陸よりもたらされたばかりのとき、果実が似ていたために毒であると勘違いされなかなか食品として普及しなかった(註:トマトは果実以外は有毒です)。後に「マンドラゴラはラヴ・アップルと言われ媚薬効果があるからトマトもありそう」とする風説が出たりした。


マンドレイクはヘブライ語ではドダイームといい(「女性からの愛」を表す「ドーディー」と似る)、旧約聖書創世記ヤコブラケル子作りをした際に使った、とある。実を媚薬として使った、とあるが詳細を書くと「嫁のパパは最初に姉レアをヤコブへ嫁がせ」「次に女奴隷を二人ばかり」「ラケルは姉の息子が拾ったこれを「旦那のレンタル」と引き換えにもらう」というどういうことなのかわからない事態があるので略す。

旧約を聖典として使っているイスラム世界にも「ヤブルー」と言う、「媚薬の実をつけ、根っこが人っぽい」植物が伝わっている。


人のように動き引き抜くと悲鳴を上げて、まともに聞いた人間は発狂して死んでしまうという伝説がある。→詳しくはマンドラゴラの項を参照。


関連タグ

ナス科 マンドラゴラ

薬草 毒草

関連記事

親記事

ナス科 なすか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1696856

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました