ピクシブ百科事典

創世記

そうせいき

『創世記』とはタナク(キリスト教における「旧約聖書」)の最初の一冊。
目次[非表示]

概要

ヘブライ語の原題は「初めに」を意味する『ベレシート』。本文の最初の文を書題としたもの。
ギリシャ語聖書においては『ゲネシス』となり、英語ジェネシス(Genesis)もこれに由来する。

ヘブライの創世神話からはじまり、イスラエルの太祖、族長たちの事跡を綴る書物。

主な内容

・天地創造
エデンの園におけるアダムとイヴの過ち。それによる楽園追放。
カインとアベル。二人の間で起こった人類最初の殺人事件。
・大洪水。ノアの方舟の建造。
・生き残ったノアの子供たちが世界に広がる。
バベルの塔の建設と、その中止。
アブラハムの召命と旅立ち、エジプトでの活躍。
ソドムとゴモラへの天罰。
・神が信仰を試すためアブラハムに息子イサクを生贄にするよう命じ、捧げようとした所で止める。
・イサクの息子ヤコブ、神(または「主の天使」)と相撲をとり勝利し「イスラエル」(神と格闘するもの)の名を与えられる。
・ヤコブの息子の中で最も愛されたヨセフの活躍。ヨセフの死と埋葬のシーンで創世記は終わる。

関連タグ

出エジプト記

pixivに投稿された作品 pixivで「創世記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10750

コメント