ピクシブ百科事典

バベルの塔

ばべるのとう

旧約聖書に出てくる建造物。
目次[非表示]

(pixpediaで分割された項目)

聖書のバベルの塔

まで届くことを目指して建てられた
の怒りで破壊され、人々は互いに言葉が通じないようにされたとされる。
バビロン市にあった、マルドゥク神のジッグラト(ジグラット)「エ・テメン・アン・キ」がモデルであるとされる。

絵画作品のバベルの塔

ブリューゲル(子)によるものがよく知られている。同じ塔だが建設段階は異なると思われるものを二つ描いており、それぞれキャンバスの大きさから「大バベル」、「小バベル」と称されている。ちなみに小バベルの方が建設段階としては後である。

バベルの塔をモチーフにした作品

バビル2世

おそらくバベルの塔を話の主軸にした最初のマンガ作品。本作でのバベルの塔は主人公:バビル2世の先祖であるバビル1世が作り上げたものである。
バビル1世は異星人の惑星間調査員であり、バベルの塔は地球に不時着したバビルが救難信号を発信するために建設した電波塔であった。しかし、協力した地球人の不注意から塔は倒壊してしまい、帰ることを諦めたバビルは自分の宇宙船の部品でバベルの塔を難攻不落の要塞に作り替え、後継者に託したのである。
バベルの塔は地球最高峰のコンピューターに管理されており、塔のあちこちに強力な罠が張り巡らされている。普段は人工砂嵐によってその姿を世間から隠している。

バベル

atolsのオリジナル楽曲。
天高く虚栄を築いた壊れる言葉などの原典を想起させる言葉がいくつもある。

バベル

Wikipediaのシステム。
「人々は互いに言葉が通じないようにされた」ことを修復するために、ある言語が喋られる人を探し易くする。

余談

時折、ネット上では欧州連合(EU)や軌道エレベーター計画を批判するキーワードとしてバベルの塔が使われることが多い。
前者に至ってはストラスブールにある本会議場のデザインが偶然似てしまっているためか、よく引き合いに出される(関連施設であるベルギーのベルレモンは十字架を模しているため無関係)。

関連タグ

聖書 神話 
バビル2世 軌道エレベーター
バベル(モンスト)

ナムコレトロゲーム

直角に曲がったブロックを積み出口を目指すパズルゲームで、全64面。16面以降はパスワードコンティニュー方式となっている。エンディング時に表示されるコマンド入力をタイトル画面内で行うと難易度が高くなった面がプレーできるようになる。

ナムコアンソロジーVol.1ではリメイク版が登場し、オリジナル版ではノーヒント故あまりにも困難だった8の倍数の面でのビッグパスワードの出し方のヒントが断片的に書かれた石板が追加され、またクリアした面は何回もプレー可能。リメイク版ではメモリーカードへのセーブ方式となっている。
オリジナル版では残機数制だったが、リメイク版では残機数の概念がなくなっているためオリジナル版よりパズルゲームとしてじっくりと解く要素が高くなっている。

関連タグ

ナムコ レトロゲーム パズルゲーム ドルアーガの塔
ファミソン8BIT

pixivに投稿された作品 pixivで「バベルの塔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309548

コメント