ピクシブ百科事典

マルドゥク

まるどぅく

マルドゥク(Marduk)とはバビロニア神話に登場する神である。
目次[非表示]

概要

バビロニアの首都バビロンの都市神。
エアシュメール神話エンキに相当)とダムキナの息子。

アッカド語では「太陽(アマルトゥ)」、またメソポタミアの複数の言語で「ベル(主人)」とも呼ばれ、これはバアルと同語源、同義の言葉である。
バアルと同様、牛を象徴的な動物とし、と関わりのあるの神という側面を持つ主神である。
ギリシャ神話ゼウスのように武器としてを手に持ちもするが、父エア同様、魔術にも長けている。

四つのを持ち、ムシュフシュ竜に騎乗した姿で描写される。
創世神話エヌマ・エリシュでは、神々の太母ティアマトに戦いを挑み、斃した彼女の遺骸から天地を創造した。
ちなみにムシュフシュはティアマトに造られた配下の一体だが、母親が倒された後マルドゥク側についた。

旧約聖書でも異教神として「メロダク」表記で言及される。

家族関係

父:エア
母:ダムキナ
妻:サルパニト(ザルバニトゥ)
子:ナブー、サトゥ、アサルなど

50の名

彼は「マルドゥク」をはじめ50の名前を持つ。エヌマ・エリシュの書版には彼の神名として、
マルドゥク、マルッカ、マルトゥック、バラシャクシュ、ルカルディムムフランキア、
ナリ=ルガルディムムンキア、アサルルドゥ、ナムティルラク、ナムル、
アサル、アサルアリム、アサルアリムヌンナ、トゥトゥ、ズィウクキンナ、
ズィク、トゥク、シャズ、ズィシ、スフリム、スフグリム、ザフリム、ザフグリム、
エンビルル、エパドゥン、エンビルル=フガル、フフガル、スィル、マラー、ギル、
ギルマ、アリルマ、ズルム、ムンム、ズルンマル、ギシュヌムナブ、ルガルアブドゥブル、
パガルグエンナ、ルガルドゥルマー、アラヌンナ、ドゥムドゥク、ルガルクトゥガ、
ルガルランナ、ルガルッカ、イルキングー、キンマ、エスィズクル、ギビル、
アッドゥ、アシャル、ネビルが記されている。それぞれの名はマルドゥクが持つ神力や権能を象徴している(参考url)。

創作におけるマルドゥク

マルドゥーク:『ゴッドイーター』シリーズに登場するアラガミ
マルドゥク(LoV):『ロードオブヴァーミリオン』に登場する海種使い魔
メロダック:『Fateシリーズ』の登場人物ギルガメッシュが保有する剣。宝具王の財宝」に収納されている。
マルドゥック:『マルドゥック・スクランブル』に登場する都市。
マルドゥック機関:『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するダミー組織。

関連タグ

エヌマ・エリシュ:マルドゥクが登場する神話
ニビル:マルドゥクの名の一つであり、バビロニア占星術で木星を指す。後世のトンデモネタでは宇宙人が住む星の名前とされた。

pixivに投稿された作品 pixivで「マルドゥク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4194

コメント