ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

メソポタミア神話の原初の海の女神で、若い神々や人間を滅ぼすためにエヌマ・エリシュの11の怪物を生んだというエピソードから、近代の創作においては巨大な邪龍とされることが多い。

シリーズでの初出はファミコンで発売された初代『女神転生』で、種族「妖獣」最上位の青い東洋龍のような悪魔ティアマット名義で登場。
続く『デジタル・デビル・ストーリー女神転生Ⅱ』では種族「怪獣」最上位(HPは通常敵にも関わらず4桁代)の赤いドラゴンとして登場した。(この頃は龍系は獣系に属しており、さらに仲魔にできないEvil属性種族である)

種族が「邪龍」となりティアマト名義になったのは『真・女神転生Ⅱ』からで、魔界の支配者ルシファーの命令により、魔界の街「ホド」で主人公達を待ち受けるボスとして登場。(前作『真・女神転生』において邪龍は実装されていたが未登場で、他メーカーが移植したメガCD版のみ「龍神」としてオリジナルデザインで登場している)

ティアマット(真・女神転生Ⅱ/if...)


外見は全身が青紫の鱗に包まれ、怖ろしい形相をした何匹もの大蛇を纏う複乳の龍女といった姿で登場し、高い攻撃力を持ち1ターン3~5回攻撃を仕掛けてくる。
さらにセクシーダンスで魅了状態にもしてくるので注意が必要な難敵であった。

倒すと合体で地母神イシュタルと共通素体の姿の、弱体化したものを仲魔にすることができるようになるが、全体回復のメディアラハンを持つ。

真・女神転生if...』ではボスの姿のまま(小さいサイズのドット絵に打ち直された)で、アキラ編の天のノモスに種族最上位の通常敵として登場した。

センシティブな作品


ソウルハッカーズ』において、メイン画像の複乳の女龍神の身体から生えた、抽象化された四つ目の女神像のような姿の神霊ティアマトになり、ダークサマナーであるナオミのビジョンクエストに登場。

ソウルハッカーズ ナオミシルエット


二上門の古代遺跡に夫であるアプスーと共に鎮座し、チートスキルを持つナオミに倒されなかった方がラスボスの属性に影響する。

ストレンジジャーニー』では神霊版の姿で種族「邪龍」に戻り、セクター・フォルナクスのボスとして、続く『真・女神転生Ⅳ』では通常敵として登場している。

なお『魔神転生』シリーズ(Ⅰは龍王」でドラゴン姿、Ⅱは「祖神」で服を着た腕が蛇になった女性姿)、『ラストバイブル』シリーズ(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、スペシャルと姿が違う)、『デビチル』シリーズ(ティアマット名義の蛇を持ったメカクレ少女)においても異なる姿、設定で登場している。

関連イラスト

センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品センシティブな作品



関連タグ

女神転生 仲魔 邪龍 ティアマト ティアマット
複乳 金子一馬

関連記事

親記事

仲魔 なかま

子記事

兄弟記事

コメント