2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:杉田智和

概要

異世界ダアトを進む主人公の前に立ちふさがる男。種族は「超人」。
「全ての悪魔を殺す者」を自称し、神や悪魔を嫌悪しており、悪魔に簡単に魂を売るような弱い人間や、戦う意志の無い人間に対しても否定的な姿勢を崩さない。

ベテルの研究施設に侵入し悪魔召喚プログラムの入ったデバイスを強奪し、東京の一般人に渡して回っていた。

地母神ジョカは幼少期から彼と行動を共にしており、彼の目的を崇高なものと称賛しつつ、「自他に厳しいがゆえに誤解が多い」と評し、何かと気にかけている。
悪魔に対する認識も彼女とほぼ同じで、悪魔も唯一神も欲や独善に任せて好き勝手に振る舞い、人間を脅かす無法者として見ている。

関連タグ

真・女神転生Ⅴ
葛葉ライドウ:杉田氏が過去作で演じたメガテンキャラクター。小説版限定だが、ライドウ本来の個人名は「錠平(ジョウヘイ)」と近似しており、服装も似ている。


以下、ネタバレ















ネタバレ

父親は警察官で、母親は霊能者。二人とも悪魔に弱さをつけこまれた人間によって殺された。

八雲の目的は、悪魔をすべて滅して人だけの世を創ること。人々が自分の力で悪魔に対して立ち上がり、戦う世の中を望んでいる。そして、その力を持たぬ人間も同時に滅びれば良いとも思っている。そのために彼はジョカとナホビノになり、至高天の座を破壊することを企む。

至高天の座を破壊した暁に生まれる世界は、悪魔と悪魔に唆された人間が生む悲劇から解放されるが、立ち上がる力の無い人間は生存できない世界である。
ベテルから召喚プログラムを奪ったのも、至高天の座を破壊した後の世界で人々が戦い抜けるようにと考えてのこと。

プレイヤー視点で見ると、NEUTRALルートを代表するキャラと言える(物語中盤で八雲と戦うが、この時に彼の属性が「LIGHT - NEUTRAL」である事が確認できる)。

力を持たない人間への冷徹なスタンスからか歴代のNEUTRAL代表キャラクターの中でもファンからの評判はあまり良くない(今まで評判が良くなかったLOWCHAOSが今作では評判がいいため余計にかもしれない)。

関連記事

親記事

真・女神転生Ⅴ しんめがみてんせいふぁいぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「八雲ショウヘイ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「八雲ショウヘイ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66049

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました